ペッパーフードサービス(3053)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はペッパーフードサービス(3053)についてです。

ペッパーフードサービス(3053)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2020年12月28日
2021年6月28日
(年2回)
いくら買えばいい? 約3万円
(100株)
配当金は? 無し
優待と配当の合計利回り 6.67%

ペッパーフードサービス(3053)の株主優待の内容

まずは、ペッパーフードサービス(3053)の株主優待の内容です。

hidek_fu-img599x299-14790478321479047831.9646271687pwi0n27168

ペッパーフードサービス(3053)の株主優待は、ペッパーフードサービスが展開する各店舗で利用できる優待食事券(500円券)またはペッパーフードサービス商品です。

保有株数が100株以上300株未満の場合、優待食事券1,000円相当。
300株以上1,500株未満の場合、優待食事券3,000円相当、または商品1セット。
1,500株以上3,000株未満の場合、優待食事券6,000円相当、または商品2セット。
3,000株以上の場合、9,000円相当、または商品3セット。

年に2回、6月と12月の株主に配布されます。

例えば、「いきなり!ステーキ」で利用した場合、リブロースステーキの価格がグラム6.5円なので、2,000円分の優待食事券を使えば、年間でリブロースステーキ300gをタダで食べることができます。

お肉好きの人にとっては嬉しい優待ですね。

ペッパーフードサービス(3053)とはどんな会社?

img_f427906e8fbd9e9bb1e6b422c9a2e16e251297

ペッパーフードサービスは、「いきなり!ステーキ」を展開する会社です。

元々は、東京・赤坂の山王ホテルから独立した一瀬邦夫が、1970年に向島に開店した「キッチンくに」として創業。
1985年には法人化して有限会社くにとなり、「ステーキくに」の店舗展開などを行いました。
1995年には会社を株式会社に組織変更して、現在の株式会社ペッパーフードサービスとなっています。

現在、主力店舗の「いきなり!ステーキ」のほか、「炭焼ステーキ・くに」、「こだわりとんかつ・かつき亭」なども運営しています。
「いきなり!ステーキ」は海外展開も行っており、韓国、台湾、シンガポール、中国、インドネシア、オーストラリア、タイ、フィリピン、マレーシアなどにも進出しています。

以前は「ペッパーランチ」を直轄で運営していましたが、ペッパーフードサービスが2020年6月1日に新設分割で設立した株式会社JPへ運営が移管され、同年8月31日付けで同社は株式会社ホットパレットへ社名変更するとともに、ペッパーフードサービス傘下から離脱しました。

(参考:ウィキペディア)

ペッパーフードサービス(3053)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のペッパーフードサービス(3053)の株価は、301円(2020年10月時点)ですので、100株だと「約3万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、ペッパーフードサービス(3053)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料140円がかかります。(SBI証券の場合)

SBI証券[旧イー・トレード証券]

クロス取引についてはこちら

約3万円の投資で優待が年間2,000円相当ですから、優待券利回りは6.67%です。

かなりの高利回りですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待は、6月末日と12月末日に株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

具体的に権利日は、2020年12月28日と2021年6月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、12月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の12月29日に現渡決済すればOKです。
6月は6月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の6月29日に現渡決済すればOKです。

ペッパーフードサービス(3053)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のペッパーフードサービス(3053)は魅力的かを見ていきましょう。

ペッパーフードサービス(3053)の場合、配当は無いようです。

最後にペッパーフードサービス(3053)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは6.67%です。
最近は株価が下がり続けて、一時期より価値が半分くらいになってしまいました。
ただ、当時から株主優待の内容や配当は変わっていないので、お得さは増したことになります。

以前から気になっていた方にとっては、まさに今が買い時と言えるのではないでしょうか。

ただ、これだけ値動きの激しい銘柄に手を出す場合は、くれぐれも注意して下さい。
優待や配当だけを見ていると痛い目にあうかもしれません。

ペッパーフードサービス IR情報

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る