テルモ(4543)の今後の株価を予想・分析してみた

テルモの株価予想1706

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はテルモ(4543)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

テルモ(4543)とはどんな会社?

テルモは、国内外で医薬品や医療品や医療用機器の製造および販売を行っています。
医療品以外の製品には、主に栄養食品、輸血器具、使い捨て医療器具、人工臓器、電子体温計などがあります。
米国や欧州、アジアなどにある子会社や事務所を通じて海外でも製品を販売しています。

以下はWikipediaより引用

1921年9月、それまでドイツ製に頼っていた体温計の国産化を目的として、北里柴三郎をはじめとする医学者が発起人となって、赤線検温器株式会社として設立。

そのため、社名「テルモ」の由来は、ドイツ語で体温計の意味であるThermometer (テルモメーター)から

テルモってなんかかわいい名前ですね。

そんなテルモ(4543)、現在の社員数は20,697人です。

現在の株価とPERは?

現在の株価は4,560円前後です(2017年6月)。
取引単位は100株なので、46万円前後でテルモ(4543)の株を所有することが可能です。

うーん、一つの銘柄に40万円オーバーは少し高いですね。
これでは投資初心者は躊躇してしまうかもしれません。

そして、テルモ(4543)のPER(株価収益率)は、現在30.26倍です。
30倍を超えているので高PERです。少し割高ですね。
PERが高いということは「みんなの期待の表れ」です(それかめちゃくちゃEPS低いか)。

配当利回りと株主優待は?

配当利回りは、0.96%です。
うーん、ほとんどないですね。

そして、テルモ(4543)の株主優待は株主に自社製品を特別価格で販売するというものがあります。

血圧計や体温計、栄養補助食品などがあります。

詳細は公式HPのIR情報をご覧下さい。

体温計とかタダでくれるならまだしも、「特別価格で販売」ですからね。
そんなに魅力を感じません。優待目的で買う銘柄ではないでしょう。

過去20年の長期のチャート

テルモ20年チャート1706

すごいですね。長期で上昇相場です。
上場来最高値は2017年の4,560円です。
多くの日本株が1989年のバブル時の株価を超えられずに苦しんでいる中こういった右肩上がりの相場は評価できます。

直近3年のチャートはこちら

テルモ3年チャート1706

こちらもかなりしっかりの上昇トレンドです。2016年後半からは少しおちついて横ばいとなっています。
テクニカル的には、4,000円割れが買いの一つのポイントになります。

テルモ(4543)の売上高は?

テルモ売上高1706

直近少し凹んでいるものの、全体的に右肩上がりです。
いいですね。

テルモ(4543)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

テルモEPS1706

いいですね。キレイではないですが、しっかり右肩上がりです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

テルモBPS1706

こちらは、FY2016から少し減少してしまっています。
あまり良くないですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

テルモROE1706

ROE(株主資本利益率)は直近10.84%です。
合格ラインの10%を超えています。いいですね。
多くの日本株が5%も超えられないのとは大違いです。
ここはプラスポイントです。

流動比率は1.41倍です。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

ちなみに海外別売上高はこんな感じです。

テルモ売上高比率1706

世界中に売上があり、バランスが取れていますね。

テルモ(4543)の今後をまとめると

株価チャートの右肩上がりをみて、「これはいいのかもしれない」との期待をもって数字をみました。
ただ、思ったほどはよくありませんでした。

無理して投資する銘柄でもありません。

個人的にもあまり気になりませんでした。

ただ、これだけ株価が右肩上がりということは人気の証です。
トレンドに沿って買えばある程度は上昇するかもしれません。

でも、それは長期投資で優良株を割安で買うという投資方針に反するのでしませんが。

気になる方は四季報チェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円

現在の保有銘柄(2017年6月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. surfing-926822_1920
  2. BN-JD384_0629ge_G_20150629025910
  3. P024984096_480
  4. image
  5. pixta_23826655_S-20161028224856-500x333
  6. stock-up-stock-rising-profits*750xx1697-955-0-88
  7. image
  8. child-1111818_1920
  9. http://yuchrszk.blogspot.com/2015/11/blog-post_2.html
  10. photo by alchetron

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る