壱番屋(7630)の株主優待と配当はオススメか?【カレーハウスココイチ】

Exif_JPEG_PICTURE

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回は壱番屋(7630)についてです。

スクリーンショット 2018-01-02 20.46.58

壱番屋(7630)の株主優待の内容

まずは、壱番屋(7630)の株主優待の内容です。

DSC_9184

壱番屋(7630)の株主優待は、カレーハウスCoCo壱番屋で利用できる食事券です。

保有株数が100株以上200株未満の場合、1,000円分(500円券2枚)。
200株以上1,000株未満の場合、2,000円分(500円券4枚)。
1,000株以上2,000株未満の場合、6,000円分(500円券12枚)。
2,000株以上の場合、12,000分(500円券24枚)がもらえます。

年に2回、2月末日と8月末日の株主に配布されます。
なお、優待券の発送は5月と11月のようです。

CoCo壱のポークカレーは1杯463円なので、半年に2回ポークカレーをタダで食べることができます。

カレー好きの人にとっては嬉しい優待ですね。

壱番屋(7630)とはどんな会社?

9f3f860e3b37900ebdc8730ad603f8c7

壱番屋は、カレーハウスCoCo壱番屋(ココイチ)を展開する会社です。

元々は、創業者夫婦 宗次徳二と妻の直美が、1974年(昭和49年)に開業した喫茶店「バッカス」が始まりでした。

そこで出していたカレーライスが好評だったことをきっかけに1978年(昭和53年)「カレーハウスCoCo壱番屋」を創業しました。

現在では、ハウス食品の傘下に入り、国内外に1,400店舗以上を展開しています。(参考:ウィキペディア)

壱番屋(7630)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の壱番屋(7630)の株価は、4,540円(2018年1月時点)です。
100株だと「約45万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、壱番屋(7630)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料463円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約45万円の投資で優待が年間2,000円相当ですから、優待利回りは0.44%です。

うーん、かなり少ないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、2月末日と8月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2018年2月23日と2018年8月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、2月23日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の2月24日に現渡決済すればOKです。
8月は8月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の8月29日に現渡決済すればOKです。

壱番屋(7630)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の壱番屋(7630)は魅力的かを見ていきましょう。

壱番屋(7630)の場合、配当利回りは1.60%です。

100株分、約45万円投資したら→年間約7,200円
500株分、約225万円投資したら→年間約36,000円になります。

悪くはないですが、配当目的で投資をするほどではありません。

最後に壱番屋(7630)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.04%です。

悪くはないです。
ただ、サラリーマンにとっては使い易い優待だけに、優待でもらえる額が少ないのが残念でした。

もし、何かの影響で大きく株価を下げるような時があれば、検討してみてもいいかもしれません。

壱番屋 IR情報

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。

「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

■保有資産(2017年7月)

現金残高等:860,986円
株式:2,328,650円
投資信託:573,674円
合計:3,763,310円

■現在の保有株

4503 アステラス
8316 三井住友
7261 マツダ
8001 伊藤忠
4666 パーク24
3543 コメダ

■現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. main02
  2. 2015/7/21

    Hello world!
  3. クボタの株価予想1706
  4. 日本株暴落
  5. http://fudousantj.com/archives/704
  6. マルハニチロの株価予想1706
  7. コンビニ株価
  8. カシオの株価分析
  9. アイフルとアコムとレイクの株価比較
  10. ora111111_sato-no-gohan1

広告ページ

ページ上部へ戻る