ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はハウス食品グループ本社(2810)についてです。

ハウス食品グループ本社(2810)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2021年9月28日
2021年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約38万円
(100株)
配当金は? 4,600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 1.74%

ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待の内容

まずは、ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待の内容です。

IMG_3672

ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待は、ハウス食品製品の詰合せです。

保有株数が100株以上200株未満の場合、1,000円相当。
200株以上1,000株未満の場合、2,000円相当。
1,000株以上の場合、3,000円相当がもらえます。

年に2回、3月末日と9月末日の株主に配布されます。
なお、優待券の発送は6月と12月のようです。

配当の内容は、具体的にはカレーのルーや、ビタミンドリンク、インスタント食品などがもらえるみたいです。
家族にも喜ばれそうですね。

ハウス食品グループ本社(2810)とはどんな会社?

ハウス食品は、カレールーの製造・販売を中心とした食品メーカー大手です。

元々、創業者 浦上靖介が、1913年に大阪で薬種原料問屋「浦上商店」を創業したことが始まりでした。

その後、外国のカレー粉をヒントに、日本人向けのカレー粉を開発。
当時まだ日本人には馴染みのなかったカレーを日本の食卓に広めていきました。

現在は、カレールーではダントツのシェア1位となっています。(参考:ウィキペディア)

ハウス食品グループ本社(2810)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のハウス食品グループ本社(2810)の株価は、3,770円(2021年3月時点)です。
100株だと「約38万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、実質、ハウス食品グループ本社(2810)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料430円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約38万円の投資で優待が年間2,000円相当ですから、優待利回りは0.53%です。

うーん、かなり少ないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年9月28日と2022年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKです。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKです。

ハウス食品グループ本社(2810)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のハウス食品グループ本社(2810)は魅力的かを見ていきましょう。

ハウス食品グループ本社(2810)の場合、配当利回りは1.21%です。

100株分、約38万円投資したら→年間約4,600円
500株分、約190万円投資したら→年間約23,000円になります。

配当も少ないですね。

最後にハウス食品グループ本社(2810)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.74%です。

少ないですね。
優待の内容が良いだけに少し残念です。
もし何かの影響で大きく株価を下げるようなことがあれば、検討したいと思います。

ハウス食品グループ本社 IR情報




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る