サンリオ(8136)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はサンリオ(8136)についてです。

サンリオ(8136)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2020年9月28日
2021年3月29日
(年2回)
いくら買えばいい? 約17万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 16.4%

サンリオ(8136)の株主優待の内容

まずは、サンリオ(8136)の株主優待の内容です。

サンリオ(8136)の株主優待は、①サンリオピューロランドやハーモニーランドで使える優待入場券と②サンリオショップで使える1,000円券です。

保有株数が100株以上500株未満の場合、①3枚、②1枚。
500株以上1,000株未満の場合、①6枚、②1枚。
1,000株以上4,000株未満の場合、①8枚、②2枚。
4,000株以上10,000株未満の場合、①10枚、②2枚。
10,000株以上50,000株未満の場合、①12枚、②2枚。
50,000株以上100,000株未満の場合、①15枚、②2枚。
100,000株以上の場合、①20枚、②2枚がもらえます。

年に2回、3月末日と9月末日の株主に配布されます。
なお、優待券の発送は7月と12月のようです。

小さいお子さんがいる方にとっては嬉しい優待ですね。

サンリオ(8136)とはどんな会社?

sinamon20170110add_004

サンリオは東京大崎に本社を置く、ハローキティ等のキャラクターグッズ販売やテーマパークの運営を行なっている会社です。

元々は、1960年に創業者の辻信太郎が、山梨県産の絹製品を販売する株式会社山梨シルクセンターとして資本金100万円で設立したのが始まりでした。
1973年に商号を現在の株式会社サンリオに変更しています。

現在では、東京都にサンリオピューロランド、大分県にハーモニーランド、中国にハローキティパークを展開しています。(参考:ウィキペディア)

サンリオ(8136)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のサンリオ(8136)の株価は、1,717円(2020年6月時点)です。
100株だと「約17万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、サンリオ(8136)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料430円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

サンリオピューロランドの休日の入場券(大人)が3,800円なので、年に6回サンリオピューロランドに優待券を使って行くと、22,800円分得します。
さらに、サンリオショップで利用できる優待券が年に2,000円分もらえるので、1年間の合計優待額は24,800円になります。
約17万円の投資で優待が年間24,800円相当ですから、優待利回りは14.6%です。

日頃からサンリオが好きで、サンリオピューロランドによく行くという方にとっては、かなりお得な優待だと思います。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日と9月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2020年9月28日と2021年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKです。
3月は3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKです。

サンリオ(8136)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のサンリオ(8136)は魅力的かを見ていきましょう。

サンリオ(8136)の場合、配当利回りは1.76%です。

100株分、約17万円投資したら→年間約3,000円
500株分、約85万円投資したら→年間約15,000円がもらえます。

配当は少し物足りないですね。

最後にサンリオ(8136)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは16.4%です。(年に6回サンリオのテーマパークに行く場合)

かなりの高利回り銘柄です。
少し驚きました。
サンリオファンは必ず100株は持っておくべきだと思います。

サンリオ IR情報

【YouTubeはじめました】

ミスターワタナベ、YouTubeはじめました。
高配当銘柄や株主優待など、投資にまつわる話をわかりやすく伝えてきます。

ミスターワタナベのYouTubeチャンネルはこちら

よければチャンネル登録お願いします。




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る