これは勉強がはかどる!studyplus(スタディプラス)というアプリの使い方を徹底解説!

studyplus.001

こんにちは、安田ヴァザリアです。

今日は今、私が最も活用しているスマホアプリについてご紹介したいと思います。

それは「Studyplus(スタディープラス)」というアプリです。

現在急成長中のSNS

Studyplus(スタディープラス)は勉強を通して人と繋がる新たなカタチのSNSです。
2011年にリリースされてから、まだ4年しか経っていないにも関わらず、現在ユーザー数は50万人を超えます。
間違いなく、今最も注目を浴びているSNSの1つです。

私もStudyplusを使い始めてから2年程経つのですが、今や無くてはならない存在です。

褒め合うことで勉強が続けられる

Studyplusでは、勉強を記録することで、自分の勉強量や勉強のペースを管理することができます。
ただ、それだけだと普通の勉強管理アプリと同じですが、Studyplusはそれだけではないんです。

Studyplusで勉強を記録すると、自分のフォロワー(友達)のタイムラインにその勉強の記録が表示されます。
つまり、「こんなに勉強したんだよ。偉いでしょ。」と友達に自慢が出来るのです。
当然、逆に友達の勉強も自分のタイムラインに表示されます。
それに対して、Facebookのような「いいね!」ボタンがあるので、
それを押すことで、「偉いじゃん。よく頑張ったね。」と相手を褒めてあげることができます。

このように、「勉強をすること」によって他のユーザーと繋がり、コミュニケーションが広がる。 これによって勉強のモチベーションがあがり、さらに勉強したくなる。 スタプラはそんなSNSなのです。



「勉強」に対する考え方が変わる!?

これまでは、勉強しても「勉強したよ!」と周りに言う人はあまりいなかったと思います。
学生時代は、なぜか勉強すると「ガリ勉」と馬鹿にされましたから。

「お前勉強した?」
「全然してねーよ。」

これ、テスト前の高校生の定番の会話ですよね。

全然勉強していないと言いながら、多くの人は実際は勉強している訳ですが、 私は本当に全然勉強せずに、みんなの「全然してねーよ。」という言葉を真に受けて安心しているような学生でした。
そしてテストが返ってきた時にその点数の差に愕然とするんです。
「あいつは全然勉強していないと言ったのに、本当は勉強しているんだ。」
「あいつはむっつりガリ勉だ。」などと、なぜか逆恨みする。
今考えるとどうしようもない学生ですね。

少し脱線しましたが、とにかくStudyplusユーザーには「ガリ勉」といって馬鹿にする人は誰もいません。
今まで「勉強は陰でコソコソとやるべき」という考えを持っていた人は、Studyplusを始めることで、確実に「勉強は開示して、みんなでその努力を褒め合うべき」と考えが変わるはずです。

このように勉強に対する考え方の変化を生むことが、Studyplusの本当のすごさなのかもしれません。

では、さっそくStudyplusを使ってみましょう!



Studyplusを始めよう

では、実際にStudyplusを始めてみましょう。
まずはスマホにスタプラをダウンロードします。

iPhoneはこちらから
Androidはこちらから

ユーザー登録しよう

Studyplusをダウンロードすると、まず下のような画面が出ます。
早速「ニックネーム」と「職業」を入力して、Studyplusを始めましょう。

IMG_4093

教材を登録しよう

ユーザー登録が済んだら、今自分が行なっている勉強の教材を登録しましょう。

IMG_4095
一般的な問題集や参考書でしたら、検索欄に教材のタイトルを入力すれば、すぐに見つかります。

例えば、「すらすら」と入力しただけで、いくつか英語の教材が出てきました。

IMG_4096

この他にも「英会話」など、特定の教材以外の勉強も「独自教材を登録」から登録することができます。
また、「人気ランキングから探す」では、Studyplusユーザーの中で登録数の多い教材をジャンル別に見ることができます。
勉強をしようと思ったけど、どの教材を使えばいいかわからないという人は、このランキングを参考にすると良いかもしれません。

勉強を記録しよう

いくつか教材を登録できたら実際に勉強を記録します。

IMG_4121

勉強の記録方法は、直接勉強時間を入力する方法と、ストップウォッチで実際に勉強した時間を計測して記録する方法があります。
こちらは、お好みに合わせて使ってみて下さい。

IMG_4123
IMG_4122

勉強を記録すると、このように自分が記録した勉強がタイムライン上に表示されます。

IMG_4128

勉強の記録を見直そう

Studyplusでは、勉強した時間を日、週、月毎に棒グラフで確認することができるので、
例えば、「1週間に10時間は勉強するぞ。」と目標を決めたら、このグラフを見ながら、
あと「◯時間だ。」と常に勉強の進捗を管理することができます。

IMG_4125
IMG_4126

「友達」を増やそう

ここまでご紹介してきた内容だけだと、ただの勉強記録アプリですが、Studyplusは「勉強」で人と繋がるSNSです。
「友達」をどんどん増やしましょう。
以下に「友達」を増やすメリットをまとめてみました。

・友達に「いいね」を押してもらえることで、勉強のモチベーションを維持することができる
・友達の勉強を見ることで、「自分も頑張らなくては」と刺激を受ける
・周りの人がどんな勉強をしているのか把握することができる
・自分が目標とするもの(資格やTOEICの点など)をすでに取得している人の勉強を見ることで、勉強の基準がわかる

「友達」を増やす上でのポイント

「友達」の増やし方のオススメは、自分と同じ教材を使って勉強している人にまずは友達申請してみることです。
その時、自分のプロフィールに明確な目標を記載しておくことも大事なポイントになりますので、目標は必ず記入しておきましょう。
そうしておくと、同じ目標の人から友達申請がくることもありますよ。




 

今日は私が今最も活用しているスマホアプリ「Studyplus(スタディープラス)」についてご紹介しましたが、 このアプリを使い始めたことで、勉強嫌いだった私でも勉強を続けることができるようになりました。
勉強は嫌いだという方、是非このアプリを使ってみて下さい。

そして、どんどん「友達」を増やしてみて下さい。
きっと、みなさんも勉強が続けられるようになるはずです。

 

学生ではなく社会人の方もスタプラはおすすめです。
こちらの記事もあわせてご覧下さい。

30代ビジネスマンがStudyplus(スタディプラス)を使うべき3つの理由

英語を学習している方へとっておきの朗報

ちなみに、ビジネスマンの勉強として人気の英語ですが、シェアブログにはあの堀場英雄氏も記事を書いています。

堀場氏は、アメリカの大学院を卒業後、GEやBCG(ボストンコンサルティンググループ)などで働き、オンライン英会話学校『バリューイングリッシュ』を手がけています。

そんな彼の「英語が話せるようになるための3つのポイント」が秀逸なので是非こちらもご覧下さい。

私も読んで「なるほど」と唸りました。
英語が話せるようになりたいがなかなか上達しない方、かなりおすすめです。

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る