ニトリホールディングス(9843)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はあさひニトリホールディングス(9843)についてです。

ニトリホールディングス(9843)
何がもらえる? 10%割引券
いつ買えばいい? 2021年2月17日
(年1回)
いくら買えばいい? 約223万円
(100株)
配当金は? 11,500円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.76%

ニトリホールディングス(9843)の株主優待の内容

まずは、ニトリホールディングス(9843)の株主優待の内容です。

sim-3

ニトリホールディングス(9843)の株主優待は、全国の「ニトリ」で利用できる10%割引券です。

株の保有期間が1年未満の場合、10%割引券が5枚もらえます。
株の保有期間が1年以上の場合、10%割引券が10枚もらえます。(500株以上保有だと15枚)

年に1回、2月20日の株主に配布されます。
なお、優待の発送は5月中旬のようです。

ニトリで家具を買おうと思っている人には嬉しい優待だと思います。

ニトリホールディングス(9843)とはどんな会社?

Nitori

ニトリホールディングスは、北海道に本社を置く、大手家具店チェーン「ニトリ」を展開している会社です。

元々、1967年に創業者 似鳥昭雄が札幌市北区で「似鳥家具店」を創業したのが始まりでした。

その後、1986年に商号を「株式会社ニトリ」に変更。
2010年には、会社分割により持株会社制へ移行しました。
販売部門を「株式会社ニトリ」に、物流部門を「株式会社ホームロジスティックス」に分割し、社名を「株式会社ニトリホールディングス」に改めています。

なお、現在は日本全国に471店舗を展開しています。(参考:ウィキペディア)

ニトリホールディングス(9843)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のニトリホールディングス(9843)の株価は、22,315円(2020年7月時点)です。
100株だと「約223万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ニトリホールディングス(9843)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料1,281円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

優待をもらうために約200万円以上の投資が必要というのは、高すぎますね。
私のような普通のサラリーマンにはちょっと手が出せません。

ちなみに、優待としてもらえる10%割引券は、1枚で最大10万円の買い物にまで使えるそうです。
なかなか年間で50万円分もニトリで買い物をすることはないと思いますが、仮に50万円の買い物をして5万円分割引となった場合、優待利回りは2.24%となります。
まあまあですね。
ただ、逆に言うと、少なくても年間50万円ほどの買い物をしないと優待のメリットは受けられないということかもしれません。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、2月20日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年2月17日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、2月17日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の2月18日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ニトリホールディングス(9843)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のニトリホールディングス(9843)は魅力的かを見ていきましょう。

ニトリホールディングス(9843)の場合、配当利回りは0.52%です。

100株分、約223万円投資したら→年間11,500円
500株分、約1,115万円投資したら→年間57,500円がもらえます。

配当は少し物足りないですね。

最後にニトリホールディングス(9843)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.76%です。(年間50万円分の買い物をした場合)

うーん、正直必要投資額が高すぎます。
10%割引券は1枚でいいので、株価が5分の1くらいになってくれれば、まだ投資対象として見れるのですが。

あまり優待や配当目当てに投資するべき銘柄ではないですね。

ニトリホールディングス IR情報

今後の株価動向が気になる方は、今井バフェットさんの記事も併せてご覧下さい。

「お、ねだん以上?」ニトリホールディングスの今後の株価を予想してみた




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る