明治ホールディングス(2269)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回は明治ホールディングス(2269)についてです。

明治ホールディングス(2269)
何がもらえる? 明治グループ製品詰め合わせ
いつ買えばいい? 2021年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約85万円
(100株)
配当金は? 15,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.00%

明治ホールディングス(2269)の株主優待の内容

まずは、明治ホールディングス(2269)の株主優待の内容です。

benefit_p01

明治ホールディングス(2269)の株主優待は、明治グループ製品詰め合わせです。

保有株数が100株以上500株未満の場合、2,000円相当。
500株以上1,000株未満の場合、3,500円相当。
1,000株以上の場合、5,000円相当がもらえます。

年に1回、3月末日の株主に配布されます。
なお、優待の発送は10月末のようです。

明治のチョコレートやスナック菓子が入った詰め合わせがもらえるようなので、子供に喜ばれそうですね。

明治ホールディングス(2269)とはどんな会社?

明治ホールディングスは、東京都中央区に本社を置く、明治グループの持株会社です。

元々、別会社であった明治乳業と明治製菓が経営統合する形で、2009年に共同持株会社として設立されました。

現在は、食品メーカーとしては、売上が1位の日本ハムに次いで2位となっています。(参考:ウィキペディア)

明治ホールディングス(2269)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の明治ホールディングス(2269)の株価は、8,470円(2020年7月時点)です。
100株だと「約85万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、明治ホールディングス(2269)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料847円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約85万円の投資で、2,000円相当の株主優待がもらえるわけですから、優待利回りは0.24%です。

かなり少ないですね。
「ほんの気持ち」といった感じです。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

明治ホールディングス(2269)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の明治ホールディングス(2269)は魅力的かを見ていきましょう。

明治ホールディングス(2269)の場合、配当利回りは1.76%です。

100株分、約85万円投資したら→年間15,000円
500株分、約425万円投資したら→年間75,000円がもらえます。

配当も少ないですね。

最後に明治ホールディングス(2269)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.00%です。

株主優待の内容は良いのですが、利回りは低いです。
そもそも必要投資額が高すぎるので、株主優待や配当目当てに投資するような銘柄ではありませんね。

明治ホールディングス IR情報




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る