人気ハンバーガーチェーン7社の株主優待を一挙公開

maxresdefault-6

マクドナルドが日本に一号店を出したのは1971年です。

それから様々なハンバーガーチェーンが出店し、競争を繰り広げてきました。
現在では数え切れないほどのハンバーガーチェーンがありますが、そんなハンバーガーチェーンの株主にすなると一体どんな株主優待がもらえるのでしょうか?

そこで今日は、日本国内の店舗数が多いハンバーガーチェーン上位7社の株主優待をご紹介したいと思います。

ハンバーガーチェーンの店舗数ランキング

競争の激しいハンバーガーチェーン業界ですが、現在の店舗数ランキングは以下のようです。

1位 マクドナルド
2位 モスバーガー
3位 ケンタッキーフライドチキン
4位 サブウェイ
5位 ロッテリア
6位 フレッシュネスバーガー
7位 ファーストキッチン

それでは、これらのハンバーガーチェーンの株主優待を順番に見ていきましょう。

マクドナルド

P_20170529_153949_vHDR_Auto スクリーンショット-2017-08-26-8.51.55

圧倒的な店舗数で、ハンバーガーチェーン売上1位を誇るマクドナルドは、現在日本マクドナルドホールディングス株式会社が運営母体となっています。

株主優待は、好きなハンバーガー+サイドメニュー+ドリンクのセットが6セット分もらえる優待食事券です。
これが年に2回もらえます。

少し必要投資額が高いですが、優待としてはなかなか充実した内容だと思います。

モスバーガー

1060018021_0000005147_3 スクリーンショット-2017-08-02-22.42.02-2

モスバーガーは、日本発のハンバーガーチェーンです。
マクドナルドとは一線を画したやや高級路線のメニュー展開で人気となっています。

株主優待は、1,000円分の優待券が年に2回もらえます。(100株保有の場合)

必要投資額に対して優待が少ないのが少し残念です。

なお、この優待券は、モスバーガーの主要株主「ダスキン」が展開するミスタードーナツでも利用できます。

ケンタッキーフライドチキン

photo1 スクリーンショット-2017-08-08-23.08.55-2

ケンタッキーフライドチキンは、日本KFC(ケンタッキーフライドチキン)ホールディングスが運営母体となっているファーストフード店です。

株主優待は、500円分の優待券が1枚を年に2回もらえます。(100株保有の場合)

優待が年間1,000円分というのはちょっと少ないですね。

サブウェイ

subway_view

サブウェイは、マクドナルドの店舗数を超える3万8千店舗以上を世界中で展開する世界最大の飲食店チェーンです。

日本では、サントリーホールディングスが子会社として日本サブウェイ株式会社を設立し、展開しています。

ただ、残念ながら日本サブウェイ株式会社自体は上場していないため、株主優待はありません。

ロッテリア

P1380345

ロッテリアは、1972年に創業されたロッテグループのファーストフード店です。

2009年には日本全国に約600店舗を展開していましたが、経営不振により、現在では370店舗までその数を減らしています。

ロッテリア株自体は母体であるロッテが100%保有しているため、株主優待はありません。

フレッシュネスバーガー

img_47c78af19e1390d0b338a05b86a89e05171205

フレッシュネスバーガーは、ほっかほっか亭の創業者の一人である栗原幹雄が1992年に創業したハンバーガーチェーンです。

現在は、コロワイドグループで牛角などを展開しているレインズインターナショナルの子会社となっています。

残念ながら、フレッシュネスバーガーの株主優待は無く、コロワイドの株主優待もフレッシュネスバーガーでは利用できないようです。

ファーストキッチン

P3960463

ファーストキッチンは、関東を中心に展開しているファーストフード店です。
元々は、1977年にサントリーが設立した会社のようです。

ただ、残念ながら、現在は非上場のため株主優待はありません。

 

いかがでしたでしょうか。
今回は人気ハンバーガーチェーンの株主優待をご紹介しました。

是非気になるものがあれば、株の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。

「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

■保有資産(2017年7月)

現金残高等:860,986円
株式:2,328,650円
投資信託:573,674円
合計:3,763,310円

■現在の保有株

4503 アステラス
8316 三井住友
7261 マツダ
8001 伊藤忠
4666 パーク24
3543 コメダ

■現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 北越紀州製紙株価予想1706
  2. 52780a227b64f3d2c5bb7b94ac65ce55-680x453
  3. 大井町レストラン
  4. 海ぶどうが安い
  5. 20150909_img01
  6. 値下がりしたアメリカ株
  7. soldes_ete2014_01
  8. 201506010725_m
  9. お金持ち
  10. 米国株投資

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る