あのヤフーを買収した超高配当銘柄!ベライゾンの今後の株価を分析

ベライゾンの株価分析

気になるアメリカ株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)とはどんな会社?

ベライゾン・コミュニケーションズは総合電気通信会社です。
有線音声・データサービス、無線サービス、インターネットサービス、電話帳発行などを手掛けています。
連邦政府向けに業務用電話回線、データサービス、電気通信機器、公衆電話などのネットワークサービスも提供しています。

以下はWikipediaより引用

ダウ30銘柄の1社であるベライゾンコミュニケーションズ(代表:ローウェル・マカダム(Lowell C. McAdam)以下、ベライゾン)は、世界最大級のグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドプロバイダー。
売上約12兆円(2013年度売上1206億米ドル)、約18万人の従業員。ベライゾンは、米国1億1千万人以上の加入者を持つ米最大の携帯事業者であるベライゾン・ワイヤレスを傘下に擁し、固定通信事業では、米国内消費者向けにFiOSを含むインターネット・音声・データ通信と、また世界150ヶ国においてフォーチュン1000社の99%を占める企業顧客と政府機関向けにグローバルネットワーク・セキュリティ・クラウドサービスを提供している。

2017年6月にアメリカのYahoo!を45億ドルで正式に買収したと発表しました。

社員数は161,000人です。
すごい社員数です。
大体埼玉県の新座市の人口くらいあります(ピンとこない例えかもしれませんが)

現在の株価とPERは?

現在の株価は43.45ドル前後です。

そして、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)のPER(株価収益率)は、現在11.56倍です。
15倍以下なので結構割安のラインです。

配当利回りは?

配当利回りは、5.32%です。
5%超えています!!
いいですね。間違いなく高配当銘柄です。

低PERで高配当銘柄、大好きです。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の長期のチャート

ベライゾン・コニュニケーション長期チャート1009

うーん、方向感のないチャートですね。
上場来最高値は1999年の62.296ドルです。
一方の上場来最安値は1983年の7.2828ドルです。

直近3年のチャートはこちら

ベライゾン・コニュニケーション短期チャート1009

こちらも方向感がない動きですね。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の売上高は?

ベライゾン売上高1809

直近少しへこんでいるものの緩やかな右肩上がりです。
直近の売上は1,200億ドルを超えています。
さすがアメリカでもトップクラスの大企業です。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)のEPS(1株当たりの利益)の推移です

ベライゾンEPS1809

うーん、キレイな右肩上がりではありません。
ただ、比較的堅調な動きですね。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

ベライゾンBPS1809

FY2014以降、ガクンと下がってしまっています。
よくはないですね。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

ベライゾンROE1809

直近のROEは67.4%です。
ん?67.4?
ROEの数字とは思えない、すごすぎるROEです。
FY2013から急激にROEが上昇しています。
一般的にROEは「経営が上手い証」といえますが、その計算式は「ROE=(当期純利益/株主資本)」です。
今回は分母である株主資本が非常に小さいためROEが高くなっているのでこの数字だけを見て楽観視はできません。

流動比率は0.87倍です。
こちらは1倍を割っているので少し心配です。

ちなみに売上高はアメリカ国内が100%です。

ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)の今後をまとめると

低PERで高配当は魅力です。
ただ、各数字の伸びはイマイチで、現在ベライゾンは通信事業で確固たる地位を築いていますが、移り変わりの早い業界なので先行きは不透明です。

ただ今後急成長はせずとも、高配当を受け取り続けることができれば投資のパフォーマンスとしては良好です。

個人的にも大きく下げた時にほしい銘柄の一つです。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている33歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:9,300,000円

現在の保有銘柄(2017年11月)
■エルブランズ(LB) 489株 約2,500,000円
■メーシーズ(M) 810株 約2,000,000円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. ハウス食品の株価分析
  2. image
  3. 51XTWKMDGFL
  4. 三菱重工業分析
  5. 東洋製罐グループホールディングスの株価予想1706
  6. gf1940555127l-620x413
  7. TDKの株価予想1706
  8. 711f90e16444a8dc95d294dc3497e7d5
  9. 日清製粉の株価分析1706
  10. タマホームの株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る