EVとか電気自動車とか騒いでて本当に大丈夫?データを見て分かる真実

ev-list-002

あけましておめでとうございます。
堀場です。
本年もよろしくお願いします。

今後、2020年に向けて、大学入試の英語試験は、現在の「読む」「聞く」の評価に加えて、「話す」「書く」技術を評価するものに変わると言われています。

例えば、以下のような問い(実際にはもっと簡単なテーマだけど)に対し、30秒で考え1分で口頭で答える問題が出題されます。

「今後は、より電気自動車が広まる政策を日本政府はすすめるべきである。賛成か反対か?」

英語力が問われる試験なので、内容は点数にはカウントされないようですが、ここで、「賛成。環境に良いから。」という短絡的な回答は少し残念ですよね。

EV(電気自動車)は本当に環境に良いのか?

例えば、今、EV(電気自動車)、EV(電気自動車)と騒がれているが
本当にEV(電気自動車)は環境に良いのでしょうか?
さくっとググるとこんなデータが出てきます。

スクリーンショット 2018-01-02 22.26.26

HEV(ハイブリッド)、PHEV(プラグインハイブリッド)、BEV(全バッテリ電気自動車)でみると、PHVはEVに対して優位となっているのが分かります。

そう、発電して送電する過程で、二酸化炭素は発生するし、火力で発電すれば、それは必ずしも温暖化ガスを減らすことにならない可能性があるのです。

なぜ中国はEV(電気自動車)を推進するのか?

現在中国は、EVを推進するような政策を掲げていますが、なぜ中国はEVを推進するのでしょうか?
全部原子力でやっていて本当に環境のことを考えているのでしょうか?
よく、北京のガスってる写真が出てきますが、昔どっかの首相が、そんなにいうならこれをふりかけにして食えとなかんとかいって、ディーゼルの開発が遅れたことが思い出されます。
このサイトを見ると、中国は、67%が火力でそのほとんどが石炭だそうです。
たくさん石炭とれるから。

さて、これを踏まえても、本当に環境のことを考えていると言えるのでしょうか?

ルールを変えることが目的

自動車会社は、内燃機関の技術であの業界のピラミッド構造を維持しています。

要するに既得権益を持っているということ。

中国の場合、海外メーカーと合弁で企業を作ってみたものの、これは技術的に追いつくのは無理だ、そう思ったのではないでしょうか。
もしそうだとしたらあなたならどうするでしょうか?

そう、ゲームのルールを変えればいいのです。(ちなみにこういう政治が日本人はものすごく弱い)

電気自動車にしてしまえば、今一度、今までの技術の累積をなしに、ゼロベースでよ~いどんで勝負できる。
そりゃ、EVいいよ!と推進しますよね。

理想とする回答

そうすると、「日本政府はEVに対して積極的に推進すべきではない。
中国がEV推進しているのは、技術的な差異をうめる政治的理由からだ。
環境面でみても、石炭火力に7割近く依存している状態でEV化は本当に環境のためだろうか?
蓄電池はリサイクル上の課題もある。
上記を考慮すると慎重な姿勢が臨まれる。」

な~んて答えられる人がいたら良い点数をあげたいなと思うわけです。

堀場 英雄

堀場 英雄サラリーマン×週末起業(著者・学長)×投資家

投稿者プロフィール

キャリア形成(転職・週末起業)、グローバル人材(英語力、外国人と働く)、最近のニュースで考えたことなどをShare Blogを通じて情報発信していけたらと考えています。

1978年生まれ。名古屋大学卒業、米国の大学院卒業(原子核工学修士)。20代はGE、BCGといった一流外資企業でプロとしての成功を一途に目指す。

しかし!心技体すべてで圧倒的なレベルを求められる超プロの世界にはついていけず、挫折…

30代になり大手メーカーに勤務しながらも、今まで習得してきた「英語力(米国大学院)×財務スキル(GE)×戦略立案力(BCG)」のかけ算で、オンライン英会話学校バリューイングリッシュを設立。同校の学長を務める。

多忙な留学・社会人生活の中でも、効率的に次々とスキルを習得する力には定評がある(理系ながらTOEIC 980点)。

著書には、
「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

  1. 大和ハウス工業の株価予想1706
  2. 新生銀行の株価分析
  3. 三井不動産の株価予想1706
  4. ogp_iphonenorikae
  5. 東急不動産ホールディングスの株価予想1706
  6. リポビタンDの株価分析
  7. 20160217205210-speaker-public-presentations-audience-conference-hand-gestures-body-language-information-meeting-talking
  8. ファイザーの株価分析
  9. 予算10万円腕時計3
  10. 174186_IMG_4267_1

広告ページ

ページ上部へ戻る