松屋フーズ(9887)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回は松屋フーズ(9887)についてです。

松屋フーズ(9887)
何がもらえる? 優待食事券
いつ買えばいい? 2021年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約26万円
(100株)
配当金は? 2,400円
(100株)
優待と配当の合計利回り 2.47%

松屋フーズ(9887)の株主優待の内容

まずは、松屋フーズ(9887)の株主優待の内容です。

松屋フーズ(9887)の株主優待は①松屋、松のや、松乃家、チキン亭で利用できる優待食事券です。

この食事券は、1枚で1品と交換できます。(ラージ定食・W定食を除く)

保有株数が100株以上で、かつ1年以上3年未満の保有で、10枚。
3年以上の保有で、12枚がもらえます。

この優待は年に1回、3月末日時点の株主に配布されます。
なお、優待の発送は6月下旬です。

例えば、松屋の場合、カルビ焼肉定食が650円なので、優待食事券を使えば、年間6,500円得することになります。

松屋フーズ(9887)とはどんな会社?

img_04cf3c6a045bd3fe6f6585bfbf533ac5755334

松屋フーズは、牛丼・カレー・定食などを販売する「松屋」などの飲食店をチェーン展開している会社です。

元々、創業者の瓦葺利夫が1966年に東京都練馬区羽沢の住宅街に「中華飯店 松屋」を開業したのがその始まりです。
しかし、この店がなかなか軌道に乗らず閉店。
その後、当時、牛丼チェーン販売をしていた 吉野家 の味に感銘を受けた創業者の瓦葺が牛丼の研究を重ね独自の味を完成させて、1968年6月に江古田に牛めし・焼肉定食店としての「松屋」をオープンさせました。

現在は、日本国内に留まらず、中国上海市にも出店している他、ラーメン居酒屋、豚カツ専門店などをアメリカ合衆国ニューヨークで営業しています。

(参考:ウィキペディア)

松屋フーズ(9887)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の松屋フーズ(9887)の株価は、3,620円(2020年7月時点)です。
100株だと「約36万円」で購入できます。

松屋フーズホールディングスの場合、1年以上継続して保有している株主が優待の対象となるので、ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引には向きません。

クロス取引についてはこちら

約36万円の投資で6,500円分の優待食事券がもらえるので、優待利回りは1.81%です。

利回りで見るとちょっと物足りないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

松屋フーズ(9887)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の松屋フーズ(9887)は魅力的かを見ていきましょう。

松屋フーズ(9887)の配当利回りは0.67%です。

100株分、約36万円投資したら→年間2,400円
500株分、約180万円投資したら→年間12,000円がもらえます。

配当もちょっと物足りないですね。

配当の基準日は?

松屋フーズ(9887)の配当の基準日は3月末日と9月末日です。

実際の権利確定日は、2020年9月28日と2021年3月29日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後に松屋フーズ(9887)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは2.47%です。

うーん、ちょっと物足りないですね。
欲を言えば、36万円も投資するわけですから、もう少し優待も配当も増やしてもらいたいものです。

最近株価が一時期より落ち着いてきてはいるので、しっかりとタイミングを見極めれば、もう少しお得に買えるかもしれません。
気になる方は是非チェックしてみてください。

松屋フーズIR情報

【YouTubeはじめました】

ミスターワタナベ、YouTubeはじめました。
高配当銘柄や株主優待など、投資にまつわる話をわかりやすく伝えてきます。

ミスターワタナベのYouTubeチャンネルはこちら

よければチャンネル登録お願いします。




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る