インドの日本人宿(ホテル)サンタナバラナシに泊まってきた

インドオススメホテル

インド旅行でバラナシに行き、泊まりたいと思ってたサンタナバラナシに泊まってきました。

このサンタナバラナシ、2014年2月にオープンしたばかりだそう。
http://www.indiasantana.net/varanasi.html

バラナシでは日本人を騙すインド人がたくさんいる

そもそもこのサンタナ、バラナシ駅からたどりつくのがかなり困難です。
オートリキシャーやタクシーは騙して変な所に連れて行こうとします。

「どこに行きたいの?」と聞かれたら「ゴードウリヤー・チョーク(交差点)」とだけ答えて決してサンタナと答えない方がいいです。

「サンタナは閉まっている」だのなんだのいわれて別のホテルに連れて行かれます。
インドはそういう人がいっぱいです。

さらに、その交差点から駅につくまでが細い路地を通ってとても大変ですが、路地を入ると「サンタナ」の看板がいくつかあります。
グーグルマップを信じて突き進んで下さい。

サンタナバラナシはインドのオアシスだった

サンタナにつくと、中は落ち着いた雰囲気。
優しく出迎えてくれました。

泊まったのは屋上の部屋、ダブルベッドが2台(つまりベットが4台)ある部屋を2人でつかいました。

専用シャワーと専用トイレがついて1人300ルピー。
日本円で600円いかないくらい。。安すぎます。

屋上にはタバコをすうスペースがあり、ここで宿泊客どうしだらだら話します。
(すぐに仲良くなれます。ついた5分後にはみんなで明日一緒にガンジス川に行く約束をしていました)

居心地もものすごくいいです。
何泊もしている人もいます。なかには1ヶ月という方もいました。

なかではWi-fiも使えます。

スタッフも宿泊客も明るく出迎えてくれる

オーナーの方も日本人でとてもいい人。

日本語が話せるバダルというインド人がいるのだが、彼もいろいろ親切にしてくれました。
ヨガを習いたいといえば、手配をしてくれた(1時間マンツーマンで700円くらいだった)。

また、宿泊客みんなでボートにのってガンジー(ガンジス川)に行ったのだが、みんなで行くことにより一人あたりの料金を減らすことができるし、仲良くなれるしでとてもおすすめです。

また、朝ごはんもおいしかった。
プラス30円で目玉焼きもつけられるのですが、醤油がかかっていて日本食が恋しい人にはたまらないだろうなと感じました。

夜ご飯もメニュー表があり、注文すれば日本とは比べ物にならないほど格安で作ってくれます。

3日間泊まったのですがあっという間で、おかげで楽しいバラナシ滞在になりました。

ぜひおすすめです。

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. トレンダーズの株価分析
  2.  5月23日、JTは、無煙たばこ「プルーム・テック」のデバイスと専用たばこカプセルの東京での販売開始に際し、専門店を銀座や新宿など都内に数店舗展開すると発表した。同商品は、昨年3月から福岡市とオンラインで販売しているが、6月29日から東京での販売をスタートさせる。写真は都内で12日撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)
  3. photo credit: Hideki Matsui via photopin (license)
  4. オイルメジャー
  5. 日本航空JALの株価分析
  6. religion-of-entrepreneurship
  7. 英訳
  8. 時間がお金を稼ぐ
  9. パブリックハウス
  10. SONY DSC

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る