フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はフジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)についてです。

フジメディアホールディングス(2702)
何がもらえる? オリジナル手帳
いつ買えばいい? 2021年9月28日
(年1回)
いくら買えばいい? 約10万円
(100株)
配当金は? 3,600円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.60%

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待の内容

まずは、フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待の内容です。

img_0_m

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待は、オリジナル手帳です。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえます。

年に1回、9月末日時点の株主に配布されます。
なお、株主優待の発送は12月上旬です。

株主優待はあまり魅力的ではないですね。

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)とはどんな会社?

00001153927_0000020093_5

フジ・メディア・ホールディングスは、日本のメディア・コングロマリットであるフジサンケイグループの事業を統括する持株会社であり、日本で初めての認定放送持株会社です。

2008年10月1日、テレビジョン放送免許を含む現業部門一切と商号を、新設会社である株式会社フジテレビジョンに分割・承継し、残った企業統括部門を現商号に変更しました。

認定放送持株会社としては、関東広域圏をエリアとする地上波テレビ局のフジテレビ、衛星放送局のBSフジ、地上波ラジオ局のニッポン放送を連結子会社にしているほか、2016年12月には系列局の仙台放送を資本集約で連結子会社化しており、放送持株会社としては初となる地方系列局の連結子会社化となります。

この他にもFNS系列局やWOWOWなどを持分法適用会社としている、または系列・非系列問わず多数の放送局に出資しています。

「フジ・メディア・ホールディングス」設立以降、テレビ局に出資していた「産業経済新聞社」「フジテレビジョン」の株式は「フジ・メディア・ホールディングス」に集約・変更されています。

(参考:ウィキペディア)

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のフジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株価は、1,049円(2020年10月時点)です。
100株だと「約10万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料240円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約14万円の投資でもらえる株主優待はオリジナル手帳なので、優待利回りは0%です。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、9月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年9月28日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月29日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のフジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)は魅力的かを見ていきましょう。

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の配当利回りは、3.60%です。

100株分、約10万円投資したら→年間3,600円。
500株分、約50万円投資したら→年間18,000円がもらえます。

配当は悪くはないですね。

配当の基準日は?

フジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の配当の基準日は3月末日と9月末日です。

実際の権利確定日は、2021年3月29日と2021年9月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後にフジ・メディア・ホールディングス[フジテレビ](4676)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.60%です。

うーん、悪くはないですが、わざわざ、株主優待や配当を目当てに投資するような銘柄ではありません。

次に行きましょう。

フジ・メディア・ホールディングス IR情報




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る