これは日本株下落相場の始まりか?こんな時、私はKDDIを売って、三井住友FGを買おうと思う。

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

皆さんはお盆休みはどうお過ごしでしょうか。
私は、妻の実家でゆっくりとさせてもらっています。

普段は、仕事で株価の動きをじっくり見ることもできないので、今週は、株価の動きでもじっくりと観察したいなぁと考えています。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

8/6(月)
22,507.32(-17.86)

8/7(火)
22,662.74(+155.42)

8/8(水)
22,644.31(-18.43)

8/9(木)
22,598.39(-45.92)

8/10(金)
22,298.08(-300.31)

先週は、週を通して、約1%の下落となり、約1ヶ月ぶりの安値をつけました。
週前半は、ソフトバンクなど好業績銘柄が日経平均株価を牽引し、特に火曜日は0.5%を超える上昇となりましたが、金曜日に行われた日米政府閣僚級の貿易協議(FFR)が合意に至らず、引き続き協議することが決まると、先行きの不透明感から、自動車や機械といった銘柄を中心に売られ、日経平均株価は1.3%の下落となりました。

さらに、この日の外国為替市場では、円が一時110円台へと急伸。

今週も輸出関連銘柄にとっては、厳しい週となりそうですね。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

KDDI(9433)

KDDI (日足)

KDDIは、25日移動平均線上で反発を試みたものの失敗といった感じ。
金曜日には日経平均株価の下落に引きずられて、再び3,100円を割ってしまいました。

なかなか3,200円を超えないですね。
さすがに、もう株主優待分で100株だけ残して、残りの200株は売ってしまおうかと思ってきました。

ただ、チャート的には今週もう一度25日移動平均線上を反発し、再び3,200円を目指しそうな形となっているので、とりあえず様子を見たいと思います。

三井住友FG(8316)

三井住友FG (一目均衡表_日足)

三井住友FGは、先週は低迷。
一目均衡表を見ると、雲の中に隠れてしまいました。
雲の底で反発してくれればいいですが。
どうなるでしょうか。

ただ、このPERの低さと、この配当利回りの高さです。
正直今が絶好の仕込み時だと思っています。

なので、なかなか上がらないKDDI株を売って、三井住友FGを買い増してもいいかなと考え中。
今週一目均衡表の雲を下に抜け、さらに株価が下がるようなことがあれば、そういったことも検討したいと思います。

SUBARU(7270)

SUBARU (日足)

SUBARUは、先週月曜日の決算発表で、2018年4~6月期連結決算で純利益が前年同期比45%減の454億円だったことを発表しました。
併せて、売上高も13%減の7092億円と、完成車検査問題以降の苦戦を物語った数字となりました。
ただ、アメリカでの販売台数が増加したことが市場の好感を得たのか、翌火曜日は、株価は大きく上昇。

ただ、それ以降は、米自動車関税問題の不透明さから、伸び悩みました。

現在200株を保有していて、約5万円の含み損となっていますが、今この状態だと、下手に動けないですね。

しばらく様子見です。

ブリヂストン(5108)

ブリヂストンも、先週決算発表がありました。
結果は、2018年12月期の連結純利益が前期比6%増の3050億円と、従来予想を30億円下回る予想となりました。
併せて、売上高も2%増の3兆7000億円、営業利益は3%増の4300億円と従来予想をそれぞれ1000億円、330億円下回る見通しです。

これを受けて株価も下落。
先週まではいい感じで上昇トレンドを形成していたのですが、急減速してしまいました。

ただ、今回は下方修正となりましたが、どの指標も増加予想はキープしていますし、テクニカル的に見ても、25日移動平均線が上向いてきて、再び5日移動平均線が25日移動平均線上で反発し、そのまま75日移動平均線を下から上に抜けるのではないかというような予想も立てられます。

正直、ブリヂストンの今後についてはあまり悲観視していません。

当然このままキープします。

今週の注目イベント

今週は特に大きなイベントはありませんが、お盆休みということもあり、市場参加者が少なく、ちょっとしたことで株価が変動する可能性があります。

気を抜かず注意して見ていきたいですね。

それでは今週も頑張りましょう。

2018年8月13日追記

思いの外トルコリラ急落の影響が出ましたね。
今日1日で日経平均株価は2%以上も下落しました。
これだけ大きな値動きとなったのも、お盆休みで市場参加者が少ないことが一つの理由だと考えられます。
こういうことが明日からも続くと思うので、要注意ですね。
ただ、こういった短期的な値動きに惑わされて動くよりも、一旦落ち着いてから、戦略を練り直すのが得策だと思います。
私は、お盆休みは、とりあえず静観したいと思います。

noteで有料記事「初心者にオススメしたい5万円以下の人気株主優待銘柄」を限定公開しています!

是非、株主優待には興味があるけど最初は少額から始めたいと思っている方は参考にしてみて下さい。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン
8591 オリックス

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:169,235円
株式:3,895,500円
投資信託:936,467円
計:5,001,202円

今週の主なイベントはこちらです。

8月13日(月)
インド7月消費者物価指数=21時
◆決算発表=サニー・オプティカル・テクノロジー

8月14日(火)
◆決算発表=出光興産(5019)

中国7月鉱工業生産=11時
中国7月小売売上高=11時
中国7月都市部固定資産投資=11時
独4~6月期GDP=15時
独8月ZEW景況感指数=18時
米7月輸出入物価=21時30分
◆決算発表=(中国)チャイナ・エバーブライト・インターナショナル、WHグループ・リミテッド(米国)ホーム・デポ、タペストリー

8月15日(水)
7月訪日外客数

インドネシア中銀政策金利発表
米7月小売売上高=21時30分
米8月NY連銀製造業景気指数=21時30分
米7月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
米6月企業在庫=23時
米8月NAHB住宅市場指数=23時
米6月対米証券投資=16日5時
インド市場休場
◆決算発表=(中国)Cトリップ・ドット・コム・イン、テンセント(米国)メーシーズ、シスコシステムズ

8月16日(木)
7月貿易統計=8時50分
5年国債入札

米7月住宅着工件数=21時30分
米7月建設許可件数=21時30分
米8月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数=21時30分
◆決算発表=アプライド・マテリアルズ、ギャップ、ウォルマート、エヌビディア、JCペニー

8月17日(金)
米7月CB景気先行総合指数=23時
米8月ミシガン大学消費者マインド指数=23時
インド市場休場
◆決算発表=ディア、フットロッカー

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る