FacebookみたいなPERが高い株式取引は、ドラゴンボールの「空中戦」だ

フェイスブック株価分析

現在、投資資産270万円の私(評価損でてるので実際は少しすくない)。

1億円への道はまだまだ遠いです。
僕がやりたいのは、この270万円を株価何倍に増やすかという投資ではありません。

毎月や不定期でどんどん使わないお金を入れていって株を買い足していく長期積立投資です。

どうやって今後アメリカ株投資をしていくのか?

具体的な方法は以下
①毎月の積立はもちろん、臨時収入が入ればなるべく多くをアメリカ口座資産に移します。

②そして、資産をドルに換えるタイミングなのですが、これには円安、円高のトレンドというのがあるのでそこらへんを分析して適切なタイミングで買えます。

③さらに個別株。
これは基本、株価が下がったときに買う「逆張り」スタイルなのですが。
これにテクニカル分析の考えも取り入れます。
といってもそんな難しいツールをつかうわけでもなく、前回安値を割れたら買い増しを考えていく。
これだけ。

基本分配金を再投資して資産を増やしていくことが目的なので売却はしない。
売却益目的ではないということ。

PERが高い株式はいわば空中戦

PERが異常に高いフェイスブックやグーグルなどの人気IT銘柄は基本取引しません。

これは実体より割高のものをさらに株価が上がることに掛ける「空中戦」のようなもの。

僕がするのはPERの低い、優良企業に投資を行ういわば「地上戦」。

ただ、保有する銘柄も急騰し、投機の対象になったりPERを30倍、40倍をこえるようだと売却も考えます
地上戦だったのが空中戦になったようなものですからね。

「地上戦」とか「空中戦」とか言っているとかつてのドラゴンボールを思い出します。

フリーザ戦でフリーザが「地上戦と空中戦どちらがお好みだ?」というようなことをいって悟空が「地上戦」といっていたのを思い出します。
僕も悟空と同じく地上戦が得意です(戦闘力は5ですが)。

とにかく、無理して「空中戦」で戦わず、「地上戦」の実力を付けてそのフィールドでしっかり実力をあげることが大切。

ウォーレン・バフェットもよくわからないIT株などには手を出さないことで有名です。
「事業内容が理解できる」という評価軸をしっかりもっていたウォーレン・バフェット、そんな芯が通った投資スタイルに少しでも近づけるように日々精進していきます。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る