菅官房長官の発言でKDDIが大きく下落。こんな株は利益が出ているうちに売ってしまえ!

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

最近時計に興味が出てきました。
正直これまでちゃんとした時計を持ったことがなかったのですが、私も今年で35歳になったので、そろそろそれなりに良い時計を買おうかなと思っています。

そのためにも、株式投資でしっかりと利益を出したいですね〜。
ちゃんとした時計って高いですからね。

実はシェアブログには、時計マニア ことりさんというライターの方がいるので、私と同じように、時計を買いたいなと思っている方は是非彼の記事も読んでみて下さい。

時計マニア ことりさんの記事はこちら

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

8/20(月)
22,199.00(-71.38)

8/21(火)
22,219.73(+20.73)

8/22(水)
22,362.55(+142.82)

8/23(木)
22,410.82(+48.27)

8/24(金)
22,601.77(+190.95)

先週は、23日木曜日に、米中双方が追加関税第二弾を発動しましたが、その前後を含めて日経平均株価は4日続伸。
追加関税第一弾の時と同じような動きですね。

これによって、週を通しては、300円を超える上昇となりました。

ただ、トランプ大統領が追加関税第三弾の実施も示唆していることや、トランプ大統領の元側近の有罪判決により、トランプ大統領の弾劾手続きが始まる可能性もあることから、今後もマーケットの動きには注意が必要です。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

KDDI(9433)

KDDI (日足)

KDDIは、これまでゆっくりゆっくりと株価を上げてきたにも関わらず、先週火曜日になんと5%を超える下げを見せ、3,200円台を目指すどころかあっという間に2,800円台まで下落しました。

菅官房長官がこの日に行われた講演会で、「携帯電話料金は4割程度下げる余地がある」と発言したことが原因です。

これにより、KDDIのみでなく、ドコモやソフトバンクも同様に大きく株価を下げることになりました。
ただ、その中でもKDDIは携帯電話事業の収益比率が高いことから、3社の中で人一倍株価が落ち込みました。

正直、このニュースを見た時は、「政治家が不用意にこんな発言してんじゃねーよ!」と憤ったのですが、妻に愚痴を言うと、「そりゃ、携帯電話料金高すぎるもんね。もう少し安くしてもらえたらきっとみんな喜ぶよ。」と、確かにね・・・。

冷静に考えると、私がKDDIの株主でなければ、すぐに妻が思ったようなことを考えたはずです。
けど、こっちはせっかく10万円を超える利益が出ていたのに、一気に含み益が約4万円にまで減ってしまったのですから、冷静でなんていられませんでした。

その後のメディアの論調などを見てみても、やっぱり今の携帯電話料金は高すぎるとの声が多いですね。
一方の携帯電話会社各社は、得た収益は5Gなど将来技術に対して投資しており、不必要に高い料金設定ではないと主張していますが。

まあ、KDDIは優待も充実しているし、配当利回りも高いので、株主にとっては、素晴らしい企業ですが、一般の携帯電話ユーザーとして見ると、やっぱりどうしても料金設定に疑問を感じてしまうというのが実情だと思います。

そうやって、改めて冷静に考えてみると、今後ずっと成長を期待できる企業ではないのかなと感じてきました。

まあ、株主優待のために100株だけ残して、残りの200株は利益が出ているうちに売ってしまおうかな〜とちょっと思い始めています。

三井住友FG(8316)

三井住友FG (日足)

三井住友FGは、先週はほぼ横ばい。
ただ、先々週の大きな下落の勢いは落ち着いたようなので、一安心です。
今週こそは、上向きのトレンドを形成してほしいものです。

SUBARU(7270)

SUBARU (日足)

SUBARUは、為替がやや円安方向に動いたこともあり、上昇し、5日移動平均線が75日移動平均線を下から上に突き抜けるゴールデンクロスを形成しました。
このまま、大きく上がることを期待したいですね。

ブリヂストン(5108)

ブリヂストン (日足)

ブリヂストンは、相変わらずの下落トレンド。
先週も下げました。

ただ、直近つけて下値付近まで下げてきたので、今週はここで反発するかが一つのポイントだと思います。

ただ、もうここまでくると、行くところまで行ってくれという感じですね。
より安値で買い増したいですから。

車は当然ですが、工業用輸送機など、移動するモノにはタイヤが必要です。
そう考えると、今後世界経済の成長とともに、必ず成長する業界だと思うので、長期的にはあまり悲観視していません。

今週の注目イベント

今週は、特に大きなイベントはありませんが、中間選挙を前にしたトランプ大統領の言動には注意が必要です。
また、実際にトランプ大統領の弾劾が行われることになれば、当然マーケットの反応も穏やかではないはずなので、しっかりと対応していきたいですね。

それでは今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン
8591 オリックス

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:169,235円
株式:3,829,000円
投資信託:948,498円
計:4,946,733円

今週の主なイベントはこちらです。

8月27日(月)
日米知事フォーラム(~28日)

独8月Ifo景況感指数=17時
米7月シカゴ連銀全米活動指数=21時30分
米2年国債入札
英国、フィリピン市場休場
◆決算発表=アンガン・スチール、中信銀行、COSCOシッピング・ポーツ、ティンイー

8月28日(火)
米6月S&PコアロジックCS住宅価格指数=22時
米8月CB消費者信頼感指数=23時
米5年国債入札
◆決算発表=(中国)青島ビール(米国)ティファニー

8月29日(水)
8月消費動向調査=14時

米4~6月期GDP改定値=21時30分
米7月中古住宅販売仮契約=23時
米7年国債入札
◆決算発表=(中国)北京エンタープライゼス・ウォーター・グループ、BYD、馬鞍山鋼鉄、トラベルスカイテクノロジー(米国)セールスフォース・ドットコム、ソシエダード・キミカ・イ・ミネラ・デ・チリ

8月30日(木)
7月商業販売統計=8時50分
2年国債入札
◆決算発表=パーク24(4666)、HIS(9603)、アインHD(9627)

米7月個人所得・個人支出=21時30分
トルコ市場休場
◆決算発表=ダラー・ツリー、ダラー・ゼネラル

8月31日(金)
7月労働力調査・有効求人倍率=8時30分
7月鉱工業生産=8時50分

中国8月製造業PMI=10時
韓国中銀政策金利発表
インド4~6月期GDP=21時
ユーロ圏7月失業率=18時
米8月シカゴ購買部協会景気指数=22時45分
ブラジル4~6月期GDP=21時
マレーシア市場休場

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る