2015年11月、株価急落したメイシーズを100万円で全力投資してみた

メーシーズ株価

先日、Macy’sメイシーズの株価が急落しました。

理由は、決算がわるかったから。

メイシーズ(メーシーズ)とは、アメリカ合衆国ニューヨークに本部がある百貨店。
設立1858年の歴史ある百貨店です。

ニューヨークのメイシーズの旗艦店はものすごい売り場面積だそう。

そんな古株メイシーズの株価が急落しました。
原因は決算の内容が悪かったから。

2015年6月には67ドルあった株価が、現在は40ドル近辺。
40%近くの大幅下落です。

メイシーズ株価
「うわ!すごい下げ」と思ったのですが、ここでさらに思いました。

ピンチはチャンスなんじゃないか。

僕の投資スタイルとは

僕の投資スタイルは「みんなが売りまくっている時に全力で買い進める」です。

そして、投資のポイントは
1歴史がある企業
2売上しっかりある
3ブランド力ある
4配当利回りそこそこある
5PERが低い
です。

さっそくメイシーズをみてみると、

1歴史は古く、昔からある小売です。

2そして、売上も毎年しっかりあり、少しずつ伸ばしています。

3ブランド力もある。
アマゾンだアリババだとネットショッピングが騒がれていますが、僕は小売、とくにファッションにおいて「店舗で見て購入」というスタイルは廃れないと思っています。

そういった実店舗のスタイルを崩さない姿勢も高ポイント。

4そして、株価急落を受けて、直近配当利回りが3.4%程度にまで急上昇しました。

5さらにさらに株価急落によりPERは10倍を割り、9倍近くに。

これは買わねば

「これはメイシーズを買い支えなければ!」ということで、今回買ってしまいました。

100万円分。

204株です。

100万円をメイシーズ「で」買い物するのではなく、メイシーズ「を」買う。

なんか資本主義の権化のよう。

でも、ロマンがあってステキではないですか。

今後のメイシーズ株の売買戦略は?

これも株価上がったから売るなんてことはしません。
ずっと持ち続けたいと思います。

とはいえ、まだまだ株価は下落トレンド。
底をつかむというのは難しいことは重々承知しています。

もっともっと下がっていくと思います。

ですから、もっと下がった時に買った人は僕よりいいタイミングで買えるということ。

メイシーズ株を狙っている人はぜひチェックしてみてください。

僕も、気長に見守りたいと思います。

とにかくメイシーズ、これからのクリスマス商戦がんばってほしいです。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る