日経平均PERはついに12倍台。私は今が絶好の仕込み時だと思う。

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週は、大型台風に、北海道地震と災害に見舞われた週でした。
本当に日本はどうしちゃったのでしょうか。

台風や地震で被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

Yahoo!やLINEなどで北海道地震支援の募金が簡単にできるようです。
私も募金をしたいと思っています。

【北海道地震】ネット災害支援募金まとめ

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

9/3(月)
22,707.38(-157.77)

9/4(火)
22,696.90(-10.48)

9/5(水)
22,580.83(-116.07)

9/6(木)
22,487.94(-92.89)

9/7(金)
22,307.06(-180.88)

先週は、トランプ大統領が中国に対する追加関税第3弾の発動を明言したのに合わせて、次なる照準を日本に向けてきたことをきっかけに、日本株は大きく下落しました。
結果、6日続落となり、この一週間で558.09円も日経平均株価を下げることとなりました。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

KDDI(9433)

KDDI (日足)

KDDIは、月曜日、火曜日とわずかに続伸。
このタイミングで100株売りました。

1万4千円の利益です。

昨年12月の楽天携帯事業参入のニュースで大きく下げたタイミングで最大500株まで買ったのですが、これまで300株を売って、その間500株分の配当がもらえたので、合計で7万円以上もの利益を出してくれました。

まあ、上出来ですね。

残りの200株は、折りを見て100株分は売って、残りの100株は株主優待のために、ずっと保有し続けたいと思っています。

三井住友FG(8316)

三井住友FG (日足)

三井住友FGは、先々週から先週水曜日まで5日続落。
週を通して約70円の下落となりました。

現在は、配当利回りはほぼ4%。
PERは約8.2倍とかなりの低水準となってきましたね。

本来であれば、買い増したい水準ですが、正直まだまだ下がる気もしているので、まだ手は出せません。

とりあえず、キープで静観ですね。

SUBARU(7270)

SUBARU (日足)

SUBARUは、先々週の火曜日から先週金曜日まで9日続落となっています。

トランプ大統領が日本に対する貿易不平等を指摘し、今後自動車に対して追加関税をかけるということになれば、業績に大打撃がくらうことは間違いないですからね。

ただ、もしそういった将来への不透明感がなければ、間違いなく、ここまで株価が沈むことは無いはずです。

それに現状配当利回りは4.7%ですからね。
まあ、今のマイナス分なんて3年も保有し続ければ配当で取り返せます。

なのであまり悲観視はしていません。

ブリヂストン(5108)

ブリヂストン (日足)

ブリヂストンは、先々週末から7日続落。
週を通しては140円ほど下げました。

ついに株価は3,000円台に突入し、PERは10倍を割り、配当利回りは4%を超えました。

ブリヂストン もSUBARUと同様に、アメリカとの貿易関税の不透明感が大きな下落の理由だと思います。
ブリヂストンはアメリカへの売り上げ比率が全体の約5割ですからね。
ただ、ブリヂストンの場合、アメリカの関税問題で影響を受けるのは、原材料価格です。
サプライチェーンを見直しているとのニュースもあったので、もし仮に日本に対する追加関税が発動されたとしても、SUBARUなどの自動車メーカーほどの影響を受けることはないと思います。

なので、今このタイミングで買い増すのであれば、間違いなくブリヂストンですね。

ただ、私のキャッシュにも限りがあるので、そこは慎重に見極めたいと思います。

日経平均株価PERはついに12倍台に突入

日経平均株価(赤)、日経平均PER(緑)

こちらのチャートは5年間の日経平均株価(赤線)とPER(緑線)を示しています。

現在日経平均株価のPERは12.8倍。
直近5年間で見ると、かなり割安状態であることがわかります。

ここ最近、日経平均株価が下落し、苦しい状況の投資家の方が多いと思いますが、見方を変えると、今は絶好の仕込み時です。

少なくても、今なら配当利回りや優待利回りが4%を超えている銘柄がザクザクと見つかるはずです。

そういった掘り出し物銘柄を探すのも楽しいですよね。
私は、このタイミングで、新たな優待銘柄や新興銘柄を探して、投資してみたいと思っています。

今週の注目イベント

今週は、特に大きなイベントはありませんが、9月25日に日米首脳会談が控える中、トランプ大統領のSNSなどでの発言には注意が必要だと思います。

それでは今週も頑張りましょう。

noteで有料記事「初心者にオススメしたい5万円以下の人気株主優待銘柄」を限定公開しています!

是非、株主優待には興味があるけど最初は少額から始めたいと思っている方は参考にしてみて下さい。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン
8591 オリックス

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:549,875円
株式:3,442,550円
投資信託:964,546円
計:4,956,971円

今週の主なイベントはこちらです。

9月10日(月)
4~6月期GDP改定値=8時50分
7月国際収支=8時50分
8月景気ウオッチャー調査
エルニーニョ監視速報

中国8月消費者物価=10時30分
中国8月生産者物価=10時30分
トルコ4~6月期GDP=16時
米7月消費者信用残高=11日4時
国際捕鯨委(IWC)総会本会合(~14日)
マレーシア市場休場(~11日)

9月11日(火)
8月マネーストック=8時50分
7月第3次産業活動指数=13時30分
30年国債入札
◆決算発表=シーズHD(4924)

東方経済フォーラム(~13日、ウラジオストク)、安倍首相出席
独9月ZEW景況感指数=18時
米3年国債入札
インドネシア市場休場

9月12日(水)
7~9月期法人企業景気予測調査=8時50分
◆決算発表=神戸物産(3038)

インド8月消費者物価指数=21時
米8月生産者物価=21時30分
ベージュブック
米10年国債入札
米アップル、新製品発表会

9月13日(木)
8月国内企業物価指数=8時50分
7月機械受注=8時50分
8月都心オフィス空室率=11時
8月首都圏新規マンション発売=11時30分
5年国債入札
◆決算発表=サンバイオ(4592)
◆新規上場=マリオン(3494)、香陵住販(3495)

トルコ中銀金融政策決定会合
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
英国金融政策発表
米8月消費者物価=21時30分
米8月財政収支=14日3時
米30年国債入札
インド市場休場
◆決算発表=アドビシステムズ、オラクル

9月14日(金)
メジャーSQ算出日

中国8月鉱工業生産=11時
中国8月小売売上高=11時
中国8月都市部固定資産投資=11時
米8月小売売上高=21時30分
米8月輸出入物価=21時30分
米8月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
米7月企業在庫=23時
米9月ミシガン大学消費者マインド指数=23時

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る