ジャパンフーズ(2599)の株主優待と配当はおすすめか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はジャパンフーズ(2599)についてです。

ジャパンフーズ(2599)
何がもらえる? 自社商品
いつ買えばいい? 2021年3月29日
(年1回)
いくら買えばいい? 約13万円
(100株)
配当金は? 2,700円
(100株)
優待と配当の合計利回り 4.38%

ジャパンフーズ(2599)の株主優待の内容

まずは、ジャパンフーズ(2599)の株主優待の内容です。

ジャパンフーズ(2599)の株主優待は、自社商品です。
こちらの方のブログによると、具体的には、①千葉のおいしいお茶、②房総のおいしい水、③サイダーびわ梨風味セット、④愛犬のためのプレミアムミルクの中から好きなものが選べるようです。
だいたい3,000円相当の商品ですね。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえます。

年に1回、3月末日時点の株主に配布されます。
なお、優待の発送は、8月上旬です。

ジャパンフーズ(2599)とはどんな会社?

ジャパンフーズ株式会社は、千葉県長生郡長柄町に本社を置く飲料製造業務請負を営む会社。
飲料メーカーから、清涼飲料を受託製造している。
2004年度(平成16年度)はサントリー、伊藤園等の飲料メーカー23社から約250種類の飲料製造を委託されている。
その他、ファーストフード店向けの業務用飲料も製造している。
酒類製造免許を保有し、缶チューハイ等の低アルコール飲料も製造している。
2006年(平成18年)3月期の連結売上構成は受託製造のペットボトル飲料81.1%、缶飲料13.0%、びん飲料4.9%となっている。
なお、同所は元々ペプシコーラの国内第一号のフランチャイズボトラー日本飲料の工場である。

(参考:ウィキペディア)

ジャパンフーズ(2599)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のジャパンフーズ(2599)の株価は、1,297円(2021年3月時点)です。
100株だと「約13万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、ジャパンフーズ(2599)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料240円がかかります。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約13万円の投資で年間3,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは2.31%です。

悪くないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、3月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2021年3月29日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、3月29日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の3月30日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

ジャパンフーズ(2599)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のジャパンフーズ(2599)は魅力的かを見ていきましょう。

ジャパンフーズ(2599)の配当利回りは、2.08%です。

100株分、約13万円投資したら→年間2,700円
500株分、約65万円投資したら→年間13,500円がもらえます。

配当もちょっと物足りないですが悪くはないです。

配当の基準日は?

ジャパンフーズ(2599)の配当の基準日は3月末日と9月末日です。

実際の権利確定日は、2021年3月29日と2021年9月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後にジャパンフーズ(2599)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.38%です。

なかなか良いですね。
必要投資額もお手軽です。

気になる方は是非チェックしてみて下さい。

ジャパンフーズ IR情報




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る