保有株が揃って上昇トレンド入り!今後の日本株の動向に期待してもいいのか?

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

2/18(月)
21,281.85(+381.22)

2/19(火)
21,302.65(+20.80)

2/20(水)
21,431.49(+128.84)

2/21(木)
21,464.23(+32.74)

2/22(金)
21,425.51(-38.72)

先週の日経平均株価は、週を通して524.88円の上昇となりました。

月曜日は、米中貿易協議の進展期待を材料に上昇。
前週末比381円22銭(1.82%)高の2万1281円85銭となり、2018年12月17日以来約2カ月ぶりの高値を記録しました。

火曜日は、午後に日銀の黒田東彦総裁が衆院財務金融委員会で追加緩和の可能性に言及。
これを受けて為替相場はドルが下落し、火曜日、水曜日と輸出関連銘柄を中心に上げ、日経平均株価は続伸となりました。

その後、水曜日の日本時間の夜に、米連邦公開市場委員会(FOMC)の1月の議事要旨が発表されました。
基本的に資産縮小の早期停止を示唆する内容でしたが、経済動向によっては年内の米利上げを適切とするともとれる内容に、市場の反応は限定的。

金曜日は、2月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数が2年9カ月ぶりにマイナス圏入りしたこと、さらにユーロ圏でも2月の製造業購買担当者景気指数が好不況の目安となる50を下回るなど、欧米での製造業の景況感が悪化したことが伝わり、日経平均株価は反落となりました。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

三井住友FG(8316)

三井住友FG 日足

株価:4,002円
予想PER:7.9倍
予想配当利回り:4.24%

三井住友FGは、週を通してプラス65円(1.65%)。

良い動きですね。
チャートを見ると、5日移動平均線が25日移動平均線上を反発するような動きで上昇トレンドをキープしています。

私は現在300株を保有しており、その平均取得額は、4,669円です。
つまり、現在20万円近くの含み損を抱えているわけですが、昨年末にはその含み損も35万円近くまで膨らんでいました。
ようやく今週その下げも3分の1くらい戻してきましたね。
昨年末に大きく株価が下がった時は、ヤフー掲示板などで、売りを煽るような投稿が多く、みんな混乱している様子でしたが、私は断固として保有し続けました。

私は決して損切りはしません。
高配当株を中心に買い、保有株の株価が下がれば買い増し、プラス圏に転換するのを待つのみです。
そうすれば、例え株価が大きく下がったとしても、何年かかけて必ずいつかは配当金で取り返せますから。

そうやって考えれば、短期間での株価動向に心を揺さぶられることもないのではないでしょうか。

まあ、これも本業でしっかりと給料を稼げているサラリーマン投資家だから成せることですよね。

本当は、昨年末に100株だけでも買い増すことができればよかったのですが、資金が足りず買い増せませんでした。
ただ、ここまでくれば、安心して見れるようになったのではないでしょうか。

今週も期待しましょう。

SUBARU(7270)

SUBARU 日足

株価:2,822.5円
予想PER:15.4倍
予想配当利回り:5.10%

SUBARUも続伸です。
週を通して、29.0円(1.04%)の上昇となりました。

チャートを見ても、上昇トレンドの真っ只中です。
SUBARUも今週は期待できそうです。

MCJ(6670)

MCJ 日足

株価:791円
予想PER:13.0倍
予想配当利回り:2.32%

ここまで順調に株価を戻してきたMCJは、先週はマイナス6円(0.75%)となり、反落しました。
ただ、チャートを見ても、完全な上昇トレンド。

私は、現在300株を保有し、その平均取得額は814円なので、ずっとマイナスとなっていたわけですが、今週こそはプラスに転じることを期待したいです。

note紹介銘柄

noteで紹介した銘柄も先週は3.5%近くも上昇しました。
私は200株保有しており、現在含み益は3万3千円ほどになりました。

ただ、チャートで見ると、昨年12月の下げが大きすぎて、ここ最近は平坦な形に見えますね。
これは一般的に「なべ底」と呼ばれる上昇パターンにも見えます。

今後再び5,000円台に戻すことも考えられるのではないでしょうか。

期待しましょう。

今週の注目イベントは?

今週の注目は、引き続き米中通商交渉です。
先週の金曜日の米株市場では、米中首脳が3月中に会談し、最終合意を目指すことが明らかになったことから、ダウ工業平均が約3カ月半ぶりに2万6000ドル台を回復しました。
当然これは日本株にも良い影響があるはずです。

ただ、気になるのは、2月のフィラデルフィア連銀製造業景況指数がマイナスに転じるなど、世界のこれら指標の状況です。
これら景況指標に本格的に影響が出てくると、この先再び株価が下がることも考えられます。

そういった状況になるタイミングをしっかりと見極めたいですね。

それでは今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
1976 明星工業
6556 ウェルビー
6670 MCJ
**** ****
**** ****

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:31,235円
株式:4,179,450円
投資信託:1,041,399円
計:5,252,084円

今週の主なイベントはこちらです。

2月25日(月)
1月企業向けサービス価格指数=8時50分

携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス2019」(25~28日、バルセロナ)
米1月シカゴ連銀全米活動指数=22時30分
米2年国債入札、米5年国債入札
フィリピン市場休場

2月26日(火)
米12月FHFA住宅価格指数=23時
米12月S&PコアロジックCS住宅価格指数=23時
米2月CB消費者信頼感指数=27日零時
米7年国債入札
パウエルFRB議長、米上院銀行委員会で議会証言
◆決算発表=ホーム・デポ、メーシーズ、パロアルトネットワークス

2月27日(水)
国際水素・燃料電池展(2月27日~3月1日)

米朝首脳会談(~28日、ベトナム)
英議会はEU離脱案の採決
米1月中古住宅販売仮契約=28日零時
米12月製造業受注=28日零時
パウエルFRB議長、米下院金融サービス委員会で議会証言
◆決算発表=ベストバイ、HP、ロウズ、スクエア、TJX、ブッキング・ホールディングス

2月28日(木)
1月鉱工業生産=8時50分
1月商業動態統計=8時50分
2年国債入札
◆決算発表=パーク24(4666)

中国2月製造業PMI=10時
インド10~12月期GDP=21時
韓国中銀政策金利発表
米10~12月期GDP=22時30分
米2月シカゴ購買部協会景気指数=23時45分
ブラジル10~12月期GDP=21時
台湾市場休場(~3月1日)
◆決算発表=ABB、3Dシステムズ、デルテクノロジーズ、JCペニー、スプランク、ヴイエムウェア、ワークデイ、オートデスク、マリオット・インターナショナル

3月1日(金)
1月労働力調査・有効求人倍率=8時30分
10~12月期法人企業統計=8時50分
◆決算発表=伊藤園(2593)

ユーロ圏1月失業率=19時
米中貿易協議期限、まとまらなければ関税引き上げの可能性
米法定債務上限の適用停止期限
米2月ISM製造業景況指数=2日零時
◆決算発表=フットロッカー

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る