1万円の買い物券がもらえる!コスモス薬品(3349)の株主優待と配当を徹底分析してみた

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はコスモス薬品(3349)についてです。

コスモス薬品(3349)の株主優待の内容

まずは、コスモス薬品(3349)の株主優待の内容です。

コスモス薬品(3349)の株主優待は、①買い物券、または②全国共通おこめ券です。

保有株数が100株以上で保有期間が1年未満の場合、①5,000円相当、または②10kg分。
100株以上で保有期間が1年以上の場合、①7,500円相当、または②15kg分がもらえます。

年に2回、5月末日と11月末日時点の株主に配布されます。
なお、優待の発送は、8月中旬と2月中旬です。

コスモス薬品(3349)とはどんな会社?

株式会社コスモス薬品(コスモスやくひん)は、福岡県福岡市に本社を置き、「ディスカウント ドラッグコスモス」というチェーン名で九州を中心としてドラッグストアチェーン店を運営する企業。
2004年11月にマザーズに上場。
2006年5月に東京証券取引所1部上場。

2019年2月末時点における店舗数は964店(九州エリア542店(調剤薬局1店舗含む)、中国エリア160店、四国エリア111店、関西エリア124店、中部エリア27店)。
なお、現在の店舗展開は公式サイトの店舗分布を参照。
業界に先駆けて1994年にポイント還元を始めたが、2003年5月の個人情報保護法の成立にタイミングを合わせてポイント還元を廃止し、EDLP(エブリデー・ロープライス、毎日安売り)販売戦略に転換した。
徹底した小商圏ドミナント戦略ながら、店舗サイズは郊外型大型店舗クラスで展開しており、客の目的買いを満たす定番商品に出来るだけ絞りながら品揃えし、ドラッグストアでは手薄になりがちな食品も多数品揃えし(コストの掛かる生鮮食品・惣菜を除く)、滞在時間を減らし来客頻度を上げる方向を目指した大型のコンビニエンスストアに近いスタイルも持ち合わせたドラッグストアになった。
これらの販売戦略が功を奏し、2001年から5年間で約4倍の店舗数に急成長している。
2009年からは同じく九州を中心に小商圏ドミナント政策をとっているファミリーレストランのジョイフルとタイアップキャンペーンを展開している(ただし九州限定で、九州外の店舗は対象外)。
なお、チェーン名は「ドラッグストアコスモス」、「スーパードラッグコスモス」と変移し、現在は「ディスカウント ドラッグコスモス」となっている。
店舗の看板の旧チェーン名の付け替えは行われていない店舗も多く、外観では旧チェーン名のままの店舗もある。
ただし、レシートなどでは現行チェーン名で発行されている。

(参考:ウィキペディア)

コスモス薬品(3349)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のコスモス薬品(3349)の株価は、17,700円(2019年4月時点)です。
100株だと「約177万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、コスモス薬品(3349)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料1,271円がかかります。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約177万円の投資で年間10,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.56%です。

少ないですね。
そもそも優待をもらうために170万円もの投資が必要というのはあまりにも高いすぎます。
これだったら普通の人は手が出せません。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、5月末日と11月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2019年5月28日と2019年11月26日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、5月28日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の5月29日に現渡決済すればOKです。
11月は、11月26日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の11月27日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

コスモス薬品(3349)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のコスモス薬品(3349)は魅力的かを見ていきましょう。

コスモス薬品(3349)の配当利回りは、0.51%です。

100株分、約170万円投資したら→年間9,000円
500株分、約850万円投資したら→年間45,000円がもらえます。

配当も少ないですね。

配当の基準日は?

コスモス薬品(3349)の配当の基準日は5月末日です。

実際の権利確定日は、2019年5月28日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後にコスモス薬品(3349)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは1.07%です。

少ないです。
そもそも必要投資額が高すぎます。
私のようなサラリーマン投資家には一切魅力はありませんでした。

残念ですが、次に行きましょう。

コスモス薬品 IR情報

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2018年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る