三機サービス(6044)の株主優待と配当はおすすめか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回は三機サービス(6044)についてです。

三機サービス(6044)
何がもらえる? QUOカード
いつ買えばいい? 2020年5月27日
(年1回)
いくら買えばいい? 約12万円
(100株)
配当金は? 3,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.33%

三機サービス(6044)の株主優待の内容

まずは、三機サービス(6044)の株主優待の内容です。

三機サービス(6044)の株主優待は、クオカード1,000円分です。

保有株数が100株以上の株主全員がもらえます。

年に1回、5月末日時点の株主に配布されます。
なお、優待の発送は、8月下旬です。

三機サービス(6044)とはどんな会社?

三機サービスは、(1)空調メンテナンスと(2)飲食・小売店のトータルメンテナンスの2つの事業を行っている企業です。
(1)空調メンテナンス事業は、ドーム球場やデパートなどの大型空調のメンテナンスを行う事業です。パナソニック製の空調機器の専業なので、安定した収益が出せる点が、この事業の特徴です。
(2)トータルメンテナンス事業は、ここ数年力をいれていた事業です。人員の大幅採用や研修センターなど先行投資をガンガンしてきました。その先行投資が実り、大手コンビニ(グループ会社も一部)の大型案件を受注し、昨今の成長柱となっています。

(参考:マネーの研究室)

三機サービス(6044)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の三機サービス(6044)の株価は、1,185円(2020年5月時点)です。
100株だと「約12万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、三機サービス(6044)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料430円がかかります。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約20万円の投資で年間1,000円相当の株主優待がもらえるので、優待利回りは0.83%です。

かなり少ないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、5月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2020年5月27日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、5月27日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の5月28日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

三機サービス(6044)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の三機サービス(6044)は魅力的かを見ていきましょう。

三機サービス(6044)の配当利回りは、2.50%です。

100株分、約12万円投資したら→年間3,000円
500株分、約60万円投資したら→年間15,000円がもらえます。

配当は悪くないですが、ちょっと物足りないですね。

配当の基準日は?

三機サービス(6044)の配当の基準日は5月末日です。

実際の権利確定日は、2020年5月27日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後に三機サービス(6044)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.33%です。

うーん、微妙ですね。
悪くないですが、わざわざ優待や配当のために投資をしたいとは思いませんでした。

ただ、優待の内容がQUOカードというのは、使い勝手が良いので助かりますよね。

気になる方はチェックしてみて下さい。

三機サービス IR情報




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る