優良銘柄!エムスリー【2413】の今後の株価を分析してみた

気になる日本株を分析・予測するコーナー。
ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はエムスリー【2413】の株価を分析。そして見通しを分析していきます。

エムスリーとはどんな会社?

エムスリーは、日本最大の医療従事者(医師・薬剤師・看護師など)専門サイト(m3.com)を運営している会社です。
うち医師会員数は日本国内の全医師数の約8割です。

サイトを通じ医師へ製薬会社の医薬情報を提供する営業支援サービス「MR君」が主要プラットフォームです。

さらに国内外での積極的な企業買収も実施し、CRO(医薬品開発業務受託機関)やSMO(治験施設支援機関)といった治験分野、医師・薬剤師の転職支援をはじめ、事業の規模と展開を拡大しています。

ソニーの関連会社です。

2017年には米フォーブス誌による、世界で最も革新的な成長企業ランキングにおいて世界5位(日本企業では1位)に選出されているそうです。

サイトはこんな感じです。

 

最新の医療情報の提供やコミュニケーションツールなんかあるんですね。
金融関係者でいうと、BLOOMBERGみたいなものなんですかね。

エムスリーについてわかりやすい記事がこちらにあります。

https://www.sbbit.jp/article/cont1/36297
2019年2月、LINEと協業してLINEヘルスケアを立ち上げ話題となったエムスリー。時価総額は一時1.5兆円を超え、国内医療ITでは圧倒的No.1の企業であり、また2017年には米Forbesの「世界で最も革新的な成長企業」でも5位(日本企業の中では1位)に選出され、世界でも存在感を示します。

エムスリーは、元マッキンゼーのパートナーである谷村氏が2000年に創業した企業です。当初は、医薬品マーケットで影響力の強い医師を囲い込むm3.comポータルを活用した製薬会社向け医薬品マーケティング支援、「MR君」が主力事業でした。

また、同医師会員向けに人材紹介事業も展開、医師・薬剤師向けのキャリア事業でもNo.1となります。さらに、MR君を通じて製薬会社のアカウントが増える中で、今度は医薬品開発の領域で治験支援事業を展開するなど、既存のアセットを活用しながら業態を拡大してきました。

BtoBという特性もあり、水面下で売上利益の年二桁台の成長を続け、気づいたときには、他社が追随できないほどの医療界圧倒的No.1の企業とっていきました。

とにかくやり手の会社のイメージです。

そんなエムスリー、現在の社員数は5,165人です。
結構、社員多いんですね。

現在の株価は?

現在の株価は2,024円前後です。
取引単位は100株なので、20万円前後でエムスリーの株を所有することが可能です。

日本株の中では普通の水準ですね。

エムスリーのPER(株価収益率)は、現在61.64倍です。
ものすごく高いですね!
高PERで割高です。

配当利回りは、0.38%です。
配当はほとんどありません。

そして、エムスリーの株主優待はありません。

エムスリーの長期チャート

右肩上がりですね。
2010年には130円ほどだった株価が2018年には2500円まで上昇しています。

約19倍!
長期投資がしっかりと報われています。

ただ、直近は大きく落ち込んでしまっているのが気になります。

直近1年間の短期チャート

2018年の年末にかけて大きく落ち込み、その後緩やかに回復してきています。

エムスリーの売上高は?

いいですね!キレイな右肩上がりです。

エムスリーのEPS(1株当たりの利益)の推移です。

こちらも直近の停滞は気になりますが、長期で見ると右肩上がりです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

いいですね!キレイな右肩上がりです。
素晴らしい。

ROE(株主資本利益率)の推移はこちら

直近のROEは19.89%です。
過去を見ても軒並み20%台!

日本株の中でもトップクラスの高ROEです。
素晴らしいですね!
ものすごく優秀な会社ということがわかります。

最後に流動比率は2.28倍。
こちらは1倍を超えているので問題ありません。

エムスリーの今後をまとめると

いい会社です。
各数字の伸びも良く、ROEも申し分ないです。

あと、ネックになるのはPERの高さです。
これだけ期待を集めている会社なのでどうしてもPERは高くなりがちですが、それでも50倍超えはちょっと手を出しづらいです。

市場全体の下落で、大きく値を下げる場面も将来あるはずです。
個人的にも、買うならそういった場面を狙いたいです。

気になる方は四季報などで詳細をチェックしてみて下さい。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている35歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
2015年
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円
11月:7,250,000円
2017年
2月:8,500,000円
7月:9,100,000円
9月:5,400,000円(事業投資で390万円抜いた)
2018年
1月:5,600,000円
2月:6,100,000円
5月:6,600,000円
6月:7,100,000円
2019年
6月:6,900,000円

日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る