ホテル宿泊割引券がもらえる!戸田建設(1860)の株主優待と配当を徹底分析してみた

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回は戸田建設(1860)についてです。

戸田建設(1860)の株主優待の内容

まずは、戸田建設(1860)の株主優待の内容です。

戸田建設(1860)の株主優待は、星降る島の海辺のホテル「ホテル&リゾート サンシャイン サザンセト」の宿泊割引券です。

この宿泊割引券は、休前日の宿泊は20%引き、平日の宿泊は30%引きとなります。

保有株数が1,000株以上5,000株未満の場合、2枚。
5,000株以上の場合、4枚がもらえます。

年に1回、9月末日時点の株主に配布されます。

このホテルの宿泊費は、だいたい一人15,000〜20,000円なので、例えば休前日に20,000円の部屋に泊まる場合、優待の割引で4,000円得することになります。
これが年間2枚もらえるので、二人で宿泊すると、8,000円得します。

戸田建設(1860)とはどんな会社?

戸田建設株式会社(とだけんせつ、英称:TODA CORPORATION)は、日本の建設会社。
日本のゼネコン準大手の1社。

建築を主体事業とする三菱UFJ系の企業。
歴史的建造物など戦前から官公庁関連や大学関連に数多くの実績を持ち、特に医療・福祉関連施設を多く手掛けている。
同じく土木を主体とする、準大手ゼネコンの西松建設(みずほ系)と技術提携を結んでいる。
もっとも大きな特徴として堅実経営が挙げられ、ゼネコン屈指の強固な財務体質を備える。
自己資本比率35.8%と、業界トップレベルの安定性を持ち、有利子負債を上回る預金を持っており、事実上の稀有な無借金ゼネコンでもある。
こういった良好な財務体質から、R&I(格付け投資情報センター)等の格付けにおいて、大手ゼネコンに並ぶA-に位置づけられるなど、社会的な信用・評価は高い。
バブル崩壊の折にもその堅実経営により金融支援を受けていないことから、三井住友建設や長谷工コーポレーション等の金融支援を受けた準大手Bゼネコンと区別され、西松建設や前田建設工業等とともに準大手Aに分類されている。
他の特徴として、
* 平均勤続年数が21.9年(2008年3月時点)であり、全産業中10位、業界2位と上位に位する。(「働きやすい会社2008」(日本経済新聞社)による)
* 一級建築士を保有する社員数が約1,200人(2008年3月時点)であり、全社員の約30%(建築社員の約40%)と、業界トップクラスの水準。
等があげられる。

(参考:ウィキペディア)

戸田建設(1860)の株主優待はいくらでもらえる?

現在の戸田建設(1860)の株価は、609円(2019年7月時点)です。
1,000株だと「約61万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、戸田建設(1860)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料837円がかかります。(SBI証券の場合)
クロス取引についてはこちら

約61万円の投資で年間8,000円分の株主優待がもらえるので、優待利回りは1.31%です。

ちょっと物足りないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、9月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2019年9月25日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。
クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、9月25日の権利日の前日に注文をして、権利付与後の9月26日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

戸田建設(1860)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合の戸田建設(1860)は魅力的かを見ていきましょう。

戸田建設(1860)の配当利回りは、3.61%です。

100株分、約6万円投資したら→年間2,200円
1,000株分、約61万円投資したら→年間22,000円がもらえます。

配当はなかなか良いですね。

配当の基準日は?

戸田建設(1860)の配当の基準日は3月末日です。

実際の権利確定日は、2020年3月26日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後に戸田建設(1860)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは4.92%です。

利回りを見ると悪くないですね。
ただ、株主優待がお金を払わないと特をしない内容だったのと、必要投資額が高いのが気になりました。

配当はいいので、配当目当ての投資ならありだと思います。

気になる方は是非チェックしてみて下さい。

戸田建設 IR情報

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る