ドラクエ効果に期待してコロプラを買ったら1日で4千円損をした話

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

9/2(月)
20,620.19(-84.18)

9/3(火)
20,625.16(+4.97)

9/4(水)
20,649.14(+23.98)

9/5(木)
21,085.94(+436.80)

9/6(金)
21,199.57(+113.63)

先週は、週を通してプラス495.20円(+2.39%)となりました。

トランプ米政権が9月1日に対中制裁関税「第4弾」を発動し、それに対して中国も即座に報復関税を実施。
米中の貿易摩擦への懸念から、先週月曜日は、80円を超える下落となりました。

ただ、火曜日以降は、香港情勢や英国の政治混乱を巡る懸念が後退したうえ、米中両国が閣僚級の通商協議を10月に再開すると報じられ、米中貿易懸念も後退。
これに加えて、先週発表になった米景気指標は市場予想を上回る結果となったことから、金曜日まで4日続伸となりました。

チャートを見てみると、5日移動平均線が、25日移動平均線を下から上に突き抜け、さらに75日移動平均線も捕らえようとしています。
トランプ大統領の言動にはまだまだ油断できませんが、チャート的には、今週は期待できるかもしれませんね。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

SUBARU(7270)

SUBARU (日足 6ヶ月)

株価:2,935.0円
予想PER:10.7倍
予想配当利回り:4.90%

先週1週間で、SUBARUは、プラス89.0円(+3.13%)となりました。

チャートを見ると、移動平均線が3本とも右肩上がり。
完全に上昇トレンド入りです。

このまま3,200円台に行くのも時間の問題ですね。

note紹介銘柄

日足 6ヶ月

以下のnoteでご紹介した銘柄ですが、先週は、22.0円(0.87%)下がりました。
先々週に100株分利確したのは、ひとまず正解だったかもしれません。

ただ、依然として100株保有していますが、現在の含み益は約6万円あります。
この100株は、引き続き保有し続けたいと思います。

きっと今後さらなる上昇を見込めるはずです。

割安株主優待株を買った

先週は、日本株市場の流れも大きく変わってきたので、これまで株主優待が気になっていたけど、買えていなかった2つの銘柄を買いました。

1つは、ユナイテッドアローズ(7606)。
ユナイテッドアローズは、アパレルチェーンを展開している企業です。
株主優待は、ユナイテッドアローズで利用できる15%割引券が2枚。

ユナイテッドアローズの詳しい株主優待の内容についてはこちら

ユナイテッドアローズで買い物をすることも多いので、前から気になっていたのですが、株価が下落を続けていたので、なかなか手を出せずにいました。
ただ、株価も底を打った感じがしたので、このタイミングで購入しました。
先週金曜日に3,323円で100株買って、金曜日の終値は3,320円なので、現在は300円の含み損ですが、3月の優待が今から楽しみです。

そして、2つ目は、タカラトミー(7867)。
タカラトミーは、株主優待として、株主限定のトミカがもらえます。

タカラトミーの詳しい株主優待の内容についてはこちら

3歳の息子がトミカ大好きなので、限定トミカがもらえたら喜ぶかなと思い、購入を決意しました。
買ったのは、先週金曜日で1,108円で100株買いました。
金曜日の終値は1,100円だったので、現在は800円の含み損。
ただ、株主優待の割当基準日は9月なので、その基準日に向けて株価は戻って行くはずです。

あと、こちらは、株主優待目当てではありませんが、コロプラ(3668)を買いました。
コロプラは、先週金曜日に、株式会社スクウェア・エニックスと共同で開発した「ドラゴンクエストウォーク」というスマホ向けゲームを9月12日にリリースすることを発表しました。
これで今後注目を浴びると思って、先週金曜日に713円で100株買ったのですが、この日なんと6%を超える大下落。
早くも4,400円の含み損を抱えることとなってしまいました。
6月の発表時に大きく株価は上がっていたのですが、それから株価も一度落ち着いていたので、この発表でさらに株価に弾みがつくと思ったのですが、当てが外れましたね。
ただ、9月12日にリリース、次こそは株価が跳ね上がるはず。
そう信じて保有し続けます。

今週の注目イベントは?

今週は、12日に欧州中央銀行定例理事会とドラギ総裁会見、来週18日に米連邦公開市場委員会とパウエルFRB議長会見、19日には日銀金融政策決定会合と黒田日銀総裁会見と、3大金融イベントが控えているため、今週前半は様子見ムードが強い動きとなるかもしれません。

ただ、チャート的には、完全にトレンド転換のサインが出ているので、期待したいですね。

それでは今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
1976 明星工業
6556 ウェルビー
6670 MCJ
**** ****
3397 トリドールホールディングス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
7606 ユナイテッドアローズ
7867 タカラトミー
3668 コロプラ

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:174,704円
株式:4,373,940円
投資信託:1,185,781円
計:5,734,425円

今週の主なイベントはこちらです。

9月9日(月)
7月国際収支=8時30分
4~6月期GDP改定値=8時50分
8月景気ウォッチャー調査

北朝鮮建国記念日
米7月消費者信用残高=10日4時
米連邦議会再開(休会明け)
ブラジル8月消費者物価=21時
マレーシア市場休場
◆決算発表=Cトリップ・ドット・コム・インターナショナル

9月10日(火)
8月マネーストック=8時50分
8月工作機械受注=15時
エルニーニョ監視速報

中国8月消費者物価=10時30分
中国8月生産者物価=10時30分
米アップル、イベントで新型iPhone発表の可能性
米3年国債入札
インド市場休場

9月11日(水)
7~9月期法人企業景気予測調査=8時50分
5年国債入札

一帯一路サミット(香港、~12日)
米8月生産者物価=21時30分
米10年国債入札
◆決算発表=エルメス

9月12日(木)
8月国内企業物価指数=8時50分
7月機械受注=8時50分
8月都心オフィス空室率=11時
7月第三次産業活動指数=13時30分
東京ゲームショウ2019(~15日)
◆決算発表=神戸物産(3038)
◆ピー・ビーシステムズ(4447)

インド8月消費者物価指数=21時
トルコ中銀金融政策決定会合
ECB定例理事会(ドラギ総裁会見)
米8月消費者物価=21時30分
米8月財政収支=13日3時
米30年国債入札
韓国市場休場(~13日)
◆決算発表=ブロードコム

9月13日(金)
メジャーSQ算出日
◆決算発表=サンバイオ(4592)

米8月輸出入物価=21時30分
米8月小売売上高=21時30分
米9月ミシガン大学消費者マインド指数=23時
米7月企業在庫=23時
中国、台湾市場休場

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る