人気ドラッグストア13社の株主優待を一挙公開!どれが一番お得か!?

最近では、薬だけではなく、食料品から生活雑貨までが揃う便利なドラッグストアですが、もしその会社の株主になったら一体どんな株主優待がもらえるのでしょうか。

そこで今日は、人気ドラッグストア13社の株主優待をご紹介したいと思います。

人気のドラッグストアは?

競争の激しいドラッグストア業界ですが、2019年の売り上げランキングを見ると以下の順位のようです。

1位「ツルハホールディングス」
2位「ウエルシアホールディングス」
3位「コスモス薬品」
4位「マツモトキヨシホールディングス」
5位「スギホールディングス」
6位「サンドラッグ」
7位「ココカラファイン」
8位「クリエイトSDホールディングス」
9位「カワチ薬品」
10位「クスリのアオキホールディングス」
11位「サツドラホールディングス」
12位「Genky DrugStores」
ランク外「薬王堂」

(出処:薬キャリ職場ナビ)

それでは、これらのドラッグストアの株主優待を順番に見ていきましょう。

ツルハホールディングス

「ツルハドラッグ」や「くすりの福太郎」を展開するツルハホールディングスは、約140万円の投資で、ツルハグループ各店で利用できる5%割引カードと2,500円相当の商品と交換できるギフト券がもらえます。
優待の内容は良いのですが、これらの優待をもらうために、140万円もの投資が必要というのは、少し高すぎますよね。
これだと、私のようなサラリーマン投資家には、なかなか手を出すことができません。

また、優待と配当の合計利回りが1%台というのも、物足りないですね。

ウエルシアホールディングス

「ウエルシア薬局」を展開するウエルシアホールディングス は、約70万円の投資で、3,000円分の買い物券が優待としてもらえます。
ウエルシアホールディングスも、必要投資額が高いですね。
さらに、優待と配当の合計利回りは1.09%と、お得感が全くありません。

残念ですが、わざわざ優待や配当のために投資をするような銘柄ではありませんね。

コスモス薬品

九州や四国を中心に、「ディスカウント ドラッグコスモス」を展開しているコスモス薬品は、約226万円の投資で、5,000円分の買い物券が年に2回もらえます。
株主優待をもらうための必要投資額が200万円超えというのは驚きですね。

優待と配当のトータル利回りも1%以下ですし、全く良いところが無い銘柄です。

マツモトキヨシホールディングス

マツモトキヨシは、約42万円の投資で、株主優待として全国のマツモトキヨシで利用できる商品券2,000円分が年に2回もらえます。

悪くはないですが、42万円も投資をして返ってくるリターンが2,000円分というのは少し物足りないですね。

スギホールディングス

スギ薬局を展開しているスギホールディングスは、約58万円の投資で、全国のスギ薬局で使える買い物券3,000円分が年に1回株主優待としてもらえます。
ただ、正直言って、3,000円の優待をもらうために、約58万円の投資が必要というのは高すぎます。

サンドラッグ

サンドラッグは、株主になると、プライベート・ブランドのヘアケアセット(5,040円相当)とお米券3枚(1,500円相当)がもらえます。
合計で6,540円相当なので、利回りは悪くはないですが、正直ヘアケアセットはいらないですよね。
できれば、サンドラッグで使える買い物券とかにしてもらいたいものです。

ココカラファイン

ココカラファインの株主になると、セイジョーやマツノキ薬局、スズラン薬局などココカラファイングループの各店舗で利用できる買い物優待券、もしくはギフトカタログが優待としてもらえます。
ただ、必要投資額は60万円以上で、もらえる優待が2,000円分ですから、あまりお得感はありません。

クリエイトSDホールディングス

薬クリエイトを展開するクリエイトSDホールディングスは、約27万円の投資で1,500円分の買い物券がもらえます。
必要投資額は、まだ他のドラッグストアチェーンと比べると安い方です。

利回りは、少し物足りないですが、普段からよく薬クリエイトで買い物される方にとっては、嬉しいですよね。

カワチ薬品

栃木県を中心に、東日本でドラッグストア「カワチ」を展開しているカワチ薬品は、約22万円の投資で、5,000円分の買い物券が優待としてもらえます。
配当も悪くないですし、優待と配当の合計利回りは4%以上です。

これなら、優待と配当目当てで投資をするのもありですね。

クスリのアオキホールディングス

北陸、中部地方に「クスリのアオキ」を展開しているクスリのアオキホールディングスは、100株分、約69万円投資をすると、買い物が5%割引となる優待カードか、もしくは地方名産品2,000円相当が年に1回もらえます。

クスリのアオキも必要投資額が少し高いですね。
ただ、よくクスリのアオキを利用される方は、毎回クスリのアオキでの買い物が5%割引となるのは嬉しいのではないでしょうか。

サツドラホールディングス

ドラッグストアチェーン「サツドラ」を展開するサツドラホールディングスは、商品券または名産品(カタログギフト)と、優待カード(5%割引)が株主優待としてもらえます。
株主優待をもらうための必要投資額は約18万円なので、他のドラッグストア銘柄と比べると少し投資しやすいですね。

また、サツドラでの買い物が毎回5%割引となる優待カードがもらえるので、よくサツドラで買い物される方には嬉しい優待だと思います。

Genky DrugStores

福井県を中心に石川県、岐阜県、愛知県で大型・小商圏型ドラッグストアチェーン「GENKY」を展開しているGenky DrugStoresは、約23万円の投資で株主となれば、毎年2回健康サプリメント(6,000円相当)
、化粧品(6,000円相当)、カタログギフト(3,000円相当)、福井県産こしひかり5kgのうちどれか1つ好きなものがもらえます。

例えば、サプリメントか化粧品を選べば、その利回りは5%超え。
ドラッグストアチェーンの中では、一番お得な株主優待ですね。

気になる方は是非チェックしてみて下さい。

薬王堂

岩手県を中心にドラッグストアを展開している薬王堂は、約24万円の投資で年に1回 2,000円分の電子マネーかお米がもらえます。
配当もあまり良くないですし、わざわざ優待や配当目当てに投資をするような銘柄ではなさそうですね。

いかがでしたでしょうか。
今回は人気ドラッグストアの株主優待をご紹介しました。

気になる株があれば、是非購入してみてはいかがでしょうか。

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る