【サラリーマン投資家の日本株日記】SUBARUの株価が再上昇!この強さは本物か!?

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

1/13(月)
成人の日

1/14(火)
24,025.17(+174.60)

1/15(水)
23,916.58(-108.59)

1/16(木)
23,933.13(+16.55)

1/17(金)
24,041.26(+108.13)

先週の日経平均株価は、週を通してプラス190.69円(+0.80%)となりました。
わずかながら続伸ですね。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

祝日明けとなった先週火曜日は、米国が中国の「為替操作国」認定の解除を発表し、15日に予定される米中貿易協議の「第1段階の合意」署名後に両国の関係修復が進むとの観測が広がったことで、日経平均株価は3日続伸し、節目となる2万4000円を回復して終えました。
終値で2万4000円を超えたのは、2019年12月17日以来およそ1カ月ぶりです。

ただ、水曜日は、米ブルームバーグ通信が「米国は、発動済みの対中追加関税を大統領選後まで維持する」と伝え、米中貿易協議に対する楽観的な見方がやや後退したことで利益確定売りが優勢となり、日経平均株価は4営業日ぶりに反落しました。

木曜日は、米中両政府が貿易協議の第1段階の合意に署名し、景気悪化への懸念が和らいだことで日経平均株価は反発しています。

金曜日は、前日の米株式市場でダウ工業株30種平均など主要3指数がそろって最高値を更新したことを受けて日経平均株価も続伸。
3日ぶりに終値で2万4000円を上回りました。

それでは、チャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

ややチャートの傾きが寝てきたものの、引き続き上昇トレンドをキープしています。
先週は、前週の思わぬ地政学リスクにも負けず、しっかりと50日移動平均線上で反発しました。
今週はこのまま右肩上がりとなるのでしょうか。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

それでは、私が保有している銘柄の動きはどうだったか振り返ってみましょう。

SUBARU(7270)

株価:2,857.5円
予想PER:13.4倍
予想配当利回り:5.03%

SUBARU (日足 6ヶ月間)

スバルは、先週1週間で169.5円(6.31%)も上昇しました。
きっかけは、先週「2020年の世界生産台数計画を19年と比べて11%増やし、過去最高となる110万台をめざす」と発表したことです。
完成車検査不正問題への対応から調整していた操業を本格的に戻すことを宣言。
これを受けて買いが集まりました。

このまま再上昇となるのでしょうか。
注目ですね。

インターアクション(7725)

株価:2,940円
予想PER:23.0倍
予想配当利回り:0.61%

インターアクション (日足 6ヶ月間)

9月の四季報で見つけて購入した銘柄です。
先週は、1週間で、17.0円(0.58%)の上昇となりました。

先週は、前週金曜日の決算発表の結果を市場がどう受け止めるのかがポイントでしたが、連休明けの火曜日は5%を超える上昇を見せ、市場は好感を持って受け止めたことがわかりました。
ただ、その後木曜日、金曜日は続落となり、週を通してはわずかな上昇に留まっています。

それでもまだまだ上昇の余地がある銘柄です。
引き続き保有し続けたいと思います。

マニー(7730)

株価:3,050円
予想PER:62.6倍
予想配当利回り:0.72%

マニー (日足 6ヶ月間)

一方で、インターアクションと同じく、昨年の秋の四季報で見つけて購入した、医療器具メーカーのマニーは、先週は1週間で75.0円(2.40%)も下落してしまいました。

こちらも先週は決算発表の結果を市場がどう受け止めるかがポイントでしたが、連休明けの火曜日に3%近く下落してしまいました。
今週は、25日移動平均線をしっかりと反発することができるかがポイントとなりそうです。
もしこれを下回るようであれば、下降トレンド入りもあり得るので、今週は手放すことを覚悟して臨みたいと思います。

秋の四季報で見つけた銘柄の合計含み益は依然として17万円!

現在、9月の四季報で見つけて買った、マニー(7730)、インターアクション(7725)、メンバーズ(2130)の3銘柄だけで、トータル含み益が約17万円となっています。
若干含み益が減ってしまいましたが、それでも強いですよね。
四季報は使い方をマスターすれば、こういった銘柄を探し出すことができる夢のツールです。

「note」で四季報の使い方をご紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

今週の注目イベントは?

今週はとりたてて大きなイベントはありません。
ただ、米市場では、ネットフリックスやIBM、P&G、STマイクロエレクトロニクスなどの大手企業の決算発表が相次ぎます。
ここで、これらの企業の決算が好調な結果となれば、市場全体をさらに押し上げる原動力となってくれるはずです。

注目したいですね

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6556 ウェルビー
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
6062 チャーム・ケア・コーポレーション
7730 マニー
7725 インターアクション
2130 メンバーズ
6750 エレコム

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:150,849円
株式:5,090,100円
投資信託:1,404,315円
計:6,645,264円

今週の主なイベントはこちらです。

1月20日(月)
日銀金融政策決定会合(~21日)
通常国会召集

トランプ米大統領就任から3年
米国市場休場

1月21日(火)
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)

世界経済フォーラム(ダボス会議、~24日)
独1月ZEW景況感指数=19時
◆決算発表=(アジア)TALエデュケーション(米国)IBM、ネットフリックス

1月22日(水)
12月首都圏新規マンション発売=13時

韓国10~12月期GDP=8時
米12月シカゴ連銀全米活動指数=22時30分
米11月FHFA住宅価格指数=23時
米12月中古住宅販売件数=23日零時
◆決算発表=(欧州)ASMLホールディング(米国)ジョンソン・エンド・ジョンソン

1月23日(木)
12月貿易統計=8時50分
11月全産業活動指数=13時30分
◆決算発表=日電産(6594)

インドネシア中銀政策金利発表
ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
米12月CB景気先行総合指数=24日零時
米10年インフレ連動国債入札
台湾、ベトナム(~29日)市場休場
◆決算発表=P&G、STマイクロエレクトロニクス、トラベラーズ、ユニオン・パシフィック

1月24日(金)
12月消費者物価=8時30分
東京五輪まで半年

中国春節休み(~30日)
中国(~30日)、韓国(~27日)市場休場
◆決算発表=アメリカン・エキスプレス

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る