日本株投資日記「コロナで2番底がやってくる?買うのはまだ我慢するべき」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

3/23(月)
16,887.78(+334.95)円

3/24(火)
18,092.35(+1,204.57)円

3/25(水)
19,546.63(+1,454.28)円

3/26(木)
18,664.60(-882.03)円

3/27(金)
19,389.43(+724.83)円

先週の日経平均株価は、週を通してプラス2,836.60円(+17.14%)となりました。
7週間ぶりに大きく反発です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日は、日銀が前営業日の19日に株価指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れ額を2000億円規模に増額したことを受けて、日経平均株価は3営業日ぶりに反発しました。

火曜日は、海外ヘッジファンドなど短期筋の買いが膨らみ、日経平均株価は大幅に続伸。
前日比1204円57銭高となり、7営業日ぶりに1万8000円台を回復しています。
一日の上昇幅としては2015年9月9日(1343円高)以来、約4年半ぶりで、歴代9位の大きさとなりました。

水曜日は、前日の米ダウ工業株30種平均が過去最大の上げ幅となったことに加え、トランプ米政権と与野党の議会指導部が大規模な景気刺激策で最終合意したと伝わり、東京株式市場でも日経平均株価は急伸。
前日比1454円28銭高の1万9546円63銭で終えました。
上昇幅は歴代5位で、1994年1月以来26年2カ月ぶりの大きさです。

木曜日は、東京都、神奈川県や埼玉県などで、週末の外出自粛などを要請したことが伝わり、先行きの消費動向を警戒した海外勢などの先物売りが優勢となりました。
4営業日ぶりの大幅反落となっています。

金曜日は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する大型の米経済対策が早期に成立するとの期待から前日の米株式市場でダウ工業株30種平均が急伸し、これを受けて、日本市場でも幅広い銘柄に買いが先行し反発しました。
また、金曜日は、月期決算企業の期末配当の権利付き最終売買日ということもあり、配当の権利取りや機関投資家の配当再投資に絡む買いが入ったことも相場を押し上げた要因と言えそうです。

それでは、チャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

先週は大きく反発し、2月中旬の暴落からもう少しで半値戻しとなります。
ただ、ここからまだ下げることがあると思うので、まだまだ油断できません。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週はほぼ全ての保有銘柄の株価が上昇しました。
これによって、保有資産はこの1週間で約50万円も増えました。
ただ、この上昇に安堵はできません。
またいつ大暴落がくるか分かりませんから。

先週もご紹介したように、過去の暴落では必ず2番底がやってきました。

歴史は繰り返すものです。

もし仮に日本もコロナの被害が拡大して、イタリアやアメリカのようになったら再び日本株が大暴落することも十分考えられます。
投資家として、資産を増やすことも大事ですが、資産を守ることも大切です。

この上昇に乗っかって、不用意に現金を投入して、更なる損失を生むことだけは絶対に避けたいですね。

現在私は、現金を60万円ほど残しています。
これをこれから約4ヶ月間に渡って、少しずつ株に変えていきたいと思っています。
直近、すごい勢いで株価が上がっているので、このチャンスを逃すまいと買いに走りたくなりますが、ここはぐっと我慢です。

4月に入ってから、まずは10万円くらいを株に変えたいと思います。

今週の注目イベントは?

今週の注目イベントですが、今週は国内外で重要な経済指標が数多く発表されます。
国内では、31日に2月の有効求人倍率と鉱工業生産。
4月1日には日銀短観(3月調査)が出ます。

米国では、注目の3月雇用統計(3日)に先立ち、民間による同月のADP雇用統計が1日に発表され、2日には新規失業保険申請件数(前週分)が発表されます。
中国では、1日に3月製造業PMI(購買担当者景気指数)が発表されます。

これらの指標がコロナの影響を大きく写し出す結果となっていると、より今後の世界経済に対する不安が募る可能性もありますので、要注意です。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6556 ウェルビー
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
7725 インターアクション
7606 ユナイテッドアローズ
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:589,307円
株式:3,515,950円
投資信託:1,135,155円
計:5,240,412円

今週の主なイベントはこちらです。

3月30日(月)
◆新規上場=NexTone(7094)、ニッソウ(1444)

米2月中古住宅販売仮契約=23時

3月31日(火)
2月失業率・有効求人倍率=8時30分
2月鉱工業生産=8時50分
2月商業動態統計=8時50分
2年国債入札
渋谷駅直結の東急百貨店東横店が営業を終了
消費税率引き上げに伴う政府の施策「プレミアム付商品券」の使用期限
◆新規上場=Macbee Planet(7095)

中国3月製造業PMI=10時
米1月S&PコアロジックCS住宅価格指数=22時
米3月CB消費者信頼感指数=23時

4月1日(水)
3月調査日銀短観=8時50分
3月自動車販売台数=14時
英語教育が全国の小学校で本格導入
小学校でのプログラミング教育が必修化
パートタイム・有期雇用労働法施行
受動喫煙法が全面施行
新型乗用車にヘッドライトの自動点灯・消灯機能の搭載義務化

ユーロ圏2月失業率=18時
米3月ADP雇用統計=21時15分
米2月建設支出=23時
米3月ISM製造業景況指数=23時

4月2日(木)
3月マネタリーベース=8時50分
10年国債入札

米2月貿易収支=21時30分
米2月製造業受注=23時
台湾市場休場(~3日)

4月3日(金)
インド準備銀行金融政策決定会合
米3月雇用統計=21時30分
米3月ISM非製造業景況指数=23時

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る