日本株投資日記「今月も下がる!本当の買い場はまだ先か?」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

3/30(月)
19,084.97(-304.46円

3/31(火)
18,917.01(-167.96)円

4/1(水)
18,065.41(-851.60)円

4/2(木)
17,818.72(-246.69)円

4/3(金)
17,820.19(+1.47)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス1569.24円(-8.09%)となりました。
2週間ぶりの反落です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日は、前週末の米株式市場でダウ工業株30種平均が大幅安となった流れを引き継ぎ、日経平均株価も下げました。
一時下げ幅を800円まで広げたものの、大引けにかけては、日銀の株価指数連動型上場投資信託(ETF)買い観測などで下げ幅を縮小しています。

火曜日は、3月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)が50.1と、過去最低だった前月の40.3から上昇したものの、日経平均株価への影響は早々に収まり、続落となりました。

水曜日は、日銀が発表した3月の全国企業短期経済観測調査(短観)で、大企業・製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)はマイナス8と7年ぶりにマイナスに転落。
日経平均の下げ幅は一時1000円を超え、節目の1万8000円を下回る場面がありました。

木曜日は、新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化の懸念で前日の米ダウ工業株30種平均が大幅安となり、それにつられる形で日経平均株価も続落しています。

金曜日は、トランプ米大統領がサウジアラビアとロシアの減産合意を示唆したことで、前日に原油高・米株高となった流れが国内にも波及し、日経平均株価は5日ぶりの反発となりました。

それでは、チャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

先々週に日経平均株価は大きく反発しましたが、案の定先週は反落し、再度2番底を目指す動きとなりました。
チャート的にも完全に下降トレンドを継続しています。

今週もさらなる下落を覚悟しておいた方がよさそうですね。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

前回、私の保有資産が1週間で約50万円も増えましたとお伝えしましたが、逆に先週は1週間で約50万円も減りました(笑)
こういう相場では、短期のプラスマイナスに一喜一憂しない方がいいですね。

毎回ご紹介しているこのチャートですが、過去の日経平均株価長期チャートを見てみると、過去の下落イベントでは、2番底が必ずありました。
そして、最終的に底をつくのにかかる期間は3〜4年もかかります。

歴史は繰り返すものです。

まだまだ下がると思っておいた方がいいですね。

今後さらなる下落がやってくる?

先週金曜日に発表された米雇用統計は、就業者が前月比で70万人減少し、失業率も前月の3.5%から4.4%に悪化する結果となりました。
ただ、同統計の集計は3月半ばで、その後の2週間で1000万人が失業保険の受給を申請しています。
米ゴールドマン・サックスは20年半ばには失業率が15%に近づくと予測しているそうです。(出処:日経新聞)

この米雇用統計が1つの例だと思いますが、今後は、この新型コロナウイルスの影響による世界規模の経済ストップの影響がどんどん顕在化してくるはずです。
そうなれば、さらなる下落の局面を迎えてもおかしくありません。

また、日本も、緊急事態宣言、ロックダウンという状況がいつ起こっても不思議ではありません。

ただ、そこからが本当の買い時と言えるのではないでしょうか。
そこでしっかりと資金を投入できるように準備をしておきたいですね。

今週の注目イベントは?

今週は特に大きなイベントはありませんが、米雇用統計の結果からも、今週の上昇は見込みづらい状況です。
下手に動かない方がいいかもしれませんね。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6556 ウェルビー
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
7725 インターアクション
7606 ユナイテッドアローズ
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:589,307円
株式:2,962,100円
投資信託:1,081,013円
計:4,632,420円

今週の主なイベントはこちらです。

4月6日(月)
◆決算発表=ニトリHD(9843)
◆新規上場=松屋アールアンドディ(7317)

中国、タイ、インド市場休場

4月7日(火)
2月毎月勤労統計調査=8時30分
2月家計調査=8時30分
2月景気動向指数=14時
30年国債入札
◆決算発表=スギHD(7649)

米2月消費者信用残高=8日4時
米3年国債入札

4月8日(水)
2月機械受注=8時50分
3月景気ウオッチャー調査=14時◆決算発表=ABCマート(2670)、ウエルシアH(3141)

米10年国債入札

4月9日(木)
3月都心オフィス空室率=11時
3月消費動向調査=14時
3月工作機械受注=15時
5年国債入札
◆決算発表=ローソン(2651)、7&iHD(3382)、良品計画(7453)、イオンモール(8905)、ファストリテ(9983)

韓国中銀政策金利発表
米3月生産者物価=21時30分
米4月ミシガン大学消費者マインド指数=23時
米30年国債入札
ブラジル3月消費者物価=21時

4月10日(金)
3月国内企業物価指数=8時50分
オプションSQ
エルニーニョ監視速報
◆決算発表=久光薬(4530)、安川電(6506)

中国3月消費者物価=10時30分
中国3月生産者物価=10時30分
米3月消費者物価=21時30分
聖金曜日で米国(為替は通常取引)、欧州、アジアの主要市場が休場

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る