日本株投資日記「相場が読めないから集中してある1つの銘柄を買うことにした」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

4/6(月)
18,576.30(+756.11円

4/7(火)
18,950.18(+373.88)円

4/8(水)
19,353.24(+403.06)円

4/9(木)
19,345.77(-7.47)円

4/10(金)
19,498.50(+152.73)円

先週の日経平均株価は、週を通してプラス1,678.31円(+9.42%)となりました。
反発となりました。
完全に前週の下げを取り返しましたね。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日は、ニューヨーク州のクオモ知事が5日の記者会見で「1日当たりの死者数は初めて前日より減った」と述べたことで、感染ピークを先取りした海外勢の買いが入り、日経平均株価は前週末に対して大きく反発しました。

火曜日は、米国で新型コロナの感染拡大の勢いが鈍りつつあるとの見方から、前日のダウ工業株30種平均は過去3番目の上げ幅となったことや、欧州株も軒並み上昇していたことで、日経平均株価も続伸となりました。
国内で事業規模が過去最大となる約108兆円の緊急経済対策が打ち出されることも日経平均を押し上げた要因だと考えられます。

水曜日は、政府の緊急事態宣言を受けて当面の悪材料出尽くし感が強まり、海外短期勢の先物の買い戻しが入りました。
日経平均株価はこれで4日続伸となっています。

木曜日は、前日8日に国内で新たに確認された新型コロナの感染者数が500人を超え、過去最多を更新したことで、利益確定売りが優勢となり日経平均株価は5日ぶりの反落となりました。

金曜日は、米連邦準備理事会(FRB)が9日に大規模な金融支援策を決めたのを手掛かりに、前日の米株式相場が上昇したことで、日経平均株価も反発しました。

それでは、チャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

先々週に日経平均株価は大きく反落となりましたが、先週はその下げを取り返すほどの大きな上昇となりました。
こういう相場では全く動きが読めませんね。

下手に景気敏感株に手を出したり、一時期の上下動に一喜一憂しない方が良さそうです。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

前々回、私の保有資産が1週間で約50万円も増えたとお伝えして、逆に前回は1週間で約50万円も減ったとお伝えしましたが、先週は1週間で再び約50万円増えました。
もう保有資産の上下は気にしないことにします(笑)

ただ、前回書きましたが、私は大きく下げる2番底が来る予想をしていたのですが、まさかこのタイミングで1,600円を超える大きな日経平均株価の上昇があるとは思っていませんでした。
緊急事態宣言が先週出て、テレビでは、飲食店などの影響を報道しています。
どの飲食店も、特に個人で経営しているお店は、まさに倒産を迫られているような切迫した状況です。
株価が上昇するような要因なんて一見無いように見えます。

では、どうして世界的株価が上昇しているのでしょうか。

それは、各国中銀の政策に下支えされているからではないでしょうか。

日銀は3月に前倒しで開催した金融政策決定会合で企業金融支援の新たなオペ(公開市場操作)を導入し、企業が資金調達で発行するコマーシャルペーパー(CP)や社債の購入増額を決めています。
また、黒田総裁は、先行きの金融政策については新型コロナの影響を見極め、「必要があれば、ちゅうちょなく追加的な金融緩和措置を講じる」と述べました。

FRBは、資産の買い入れ対象を低格付け社債にまで広げました。
FRBのパウエル議長も、出演した米ブルッキングス研究所のネット講演で「経済が回復すると信じる十分な根拠がある。回復し始めれば、それは底堅いものとなるだろう」と述べています。

調査会社EPFRによると、8日までの1週間で日本を含む先進国の株式ファンドには2年ぶりの規模となる198億ドル(約2兆1千億円)の資金が流入したのだとか。(出処:日経平均株価)

過去の金融危機の経験から、政策の切れ味もなかなかのものになってきていますね。
今後は、世界経済の落ち込みに対して、各国中銀の政策がどこまで抵抗できるのかが、ポイントとなりそうです。

集中投資すべき”ある銘柄”に投資をした

先週から、今井バフェットさんが息を吹き返したかのようにブログを更新していますが、その中で、今井バフェットさんはこう言っていました。

「分散投資では富を築けない」

こういう相場になると、どの銘柄も割安に見えてきて、とりあえず買っておこうかな〜なんて軽い気持ちで動きたくなってしまうものですが、確かに、その分企業分析はおろそかになってしまう気がしています。
そこで、私も今井バフェットさんに習って、1点集中すべき銘柄を1週間かけて探しました。

そして先週、200株だけ購入してみました。
まだまだ今後市場全体が下がる可能性を残していますが、今井バフェットさんはこうも言っています。

「私たちが投資をするのはあくまで企業です。
株価の動きや経済の見通しを探ろうとするよりまずは企業にフォーカスすることがなによりも大切です。」

この言葉が背中を押してくれました。
サラリーマン投資家として、損をするリスクはかなり恐ろしいものですが、資産を築くためには、ある程度のリスクを背負わないといけません。
そこで、私も自分の”目”を信じることにしたのです。

この銘柄には、今後継続してお金を入れていきたいと思っています。
人類が新型コロナウイルスに打ち勝ったときに、大きく資産を伸ばすことを夢見て。

私がどんな銘柄に一点集中しようとしているのかは、また別のタイミングで公開したいと思います。

今週の注目イベントは?

今週は、国内で15日に3月訪日外客数。
海外では、中国3月貿易収支(14日)、米3月小売売上高(15日)、米3月住宅着工件数(16日)、17日には中国の1~3月期GDP(国内総生産)、3月工業生産、同都市部固定資産投資が発表されます。
また、15日にはG20財務相・中央銀行総裁会議がオンラインで開催されます。

これらのイベントに注目したいですね。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6556 ウェルビー
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
7725 インターアクション
7606 ユナイテッドアローズ
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:374,107円
株式:3,538,100円
投資信託:1,192,692円
計:5,104,899円

今週の主なイベントはこちらです。

4月13日(月)
3月マネーストック=8時50分
大阪万博開催まで5年
◆決算発表=コスモス薬(3349)、コーナン商(7516)、ファミマ(8028)、高島屋(8233)、イズミ(8273)

タイの旧正月(ソンクラーン、~15日)
インド3月消費者物価指数=21時
米3月財政収支=14日3時
イースターマンデー

4月14日(火)
◆決算発表=SFOODS(2292)、ドトル日レス(3087)、クリレスHD(3387)、サーバーW(4434・M)、松竹(9601)、東宝(9602)、乃村工芸(9716)、吉野家HD(9861)

中国3月貿易収支
インドネシア中銀政策金利発表
米3月輸出入物価=21時30分
インド市場休場
◆決算発表=J&J、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー

4月15日(水)
3月訪日外客数

韓国総選挙
北朝鮮の故金日成主席誕生日
米3月小売売上高=21時30分
米4月NY連銀製造業景気指数=21時30分
米3月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
米2月企業在庫=23時
米4月NAHB住宅市場指数=23時
ベージュブック
米2月対米証券投資=16日5時
G20財務大臣・中央銀行総裁会議(新型コロナウイルスの拡大を受け日程を短縮しテレビ会議)
◆決算発表=(欧州)ASML(米国)バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ゴールドマン・サックス・グループ、USバンコープ

4月16日(木)
3月首都圏新規マンション発売=13時
◆決算発表=いちご(2337)

米3月住宅着工件数=21時30分
米4月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数=21時30分
米3月建設許可件数=21時30分
◆決算発表=(アジア)TSMC(米国)インテュイティブサージカル

4月17日(金)
2月第3次産業活動指数=13時30分
◆決算発表=アークス(9948)

中国1~3月期GDP=11時
中国3月工業生産=11時
中国3月小売売上高=11時
中国3月都市部固定資産投資=11時
米3月CB景気先行総合指数=23時IMF・世界銀行春季総会(~19日、新型コロナウイルスの拡大を受けテレビ会議)
◆決算発表=シュルンベルジェ

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る