日本株投資日記「オリックスの株主優待が到着!」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

実は私、ユーチューブをはじめました。
このユーチューブでは、優待銘柄、高配当銘柄を中心に、その企業の歴史や業績などを分析していきたいと思っています。

是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

日経平均株価 (15分足 5日間)

6/29(月)
21,995.04(-517.04)円

6/30(火)
22,288.14(+293.10)円

7/1(水)
22,121.73(-166.41)円

7/2(木)
22,145.96(+24.23)円

7/3(金)
22,306.48(+160.52)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス205.60円(-0.91%)となりました。
3週間ぶりの反落です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日

前週金曜日にアメリカで確認された新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多を更新したことで米国株式市場が全面安となった流れを引き継ぎ、日経平均株価は500円を超える下げ幅となりました。
これにより、節目となる2,2000円を割っています。

火曜日

前日の米株式相場が反発したことと、中国の6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が改善したことを支えに、買い戻しが入り、日経平均株価は反発となりました。
ただ、前日の下げを取り戻すほどの上昇とはなりませんでした。

水曜日

東京都の新型コロナウイルスの1日当たりの感染者数が60人以上と緊急事態宣言解除後の最多をしたことで、売りが膨らみ、日経平均株価は反落しました。

木曜日

中国の好調な景況感や中国政府の景気刺激策への期待でアジア株が上昇すると、それに連動するように日経平均株価も上昇。
ただ、引けにかけて、東京都内の新型コロナウイルスの新規感染者が2カ月ぶりに100人を超えたと伝わると、その上げ幅を縮める結果となりました。

金曜日

2日発表の6月の米雇用統計が市場予想を上回る強い結果となったことが投資家に安心感を与え、日経平均株価は続伸。
ただ、米国で1日に確認された新型コロナの新規感染者数は5万人超と過去最多を更新するなか、先行きの景気に対する警戒感も強く、上値を追う動きは限られました。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

ついに先週は、ずっと抵抗線の役割をしていた25日移動平均線を割り込んでしまいました。
今週はこのまま下降トレンド入りしてしまうのでしょうか。

まあ、そもそもこのコロナ下の状況で株価がこれだけ大きく戻してきたことに違和感も感じます。
実経済を決して反映しているとは言えない状況だったので、下がる場合は、一気に下がることを覚悟しておかなければならないかもしれませんね。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週は、オリックスが火曜日を除いて連日下落となりました。
1週間を通して、その下げ幅は92円(-6.67%)です。

オリックス (日足 6ヶ月間)

現在PERは8倍、配当利回りは5.90%とかなりの割安状態ですが、最近では、こういった従来の指標で見た割安銘柄に買いが集まらなくなってきましたね。
アフターコロナの世界で、ビジネスの形が変わろうとしている中、例え現状利益を出せている企業でも、今後その変化に対応していけるのか、今後の真価が試されている。そんな投資家の想いを感じます。

ハイテク株から構成されるアメリカのナスダック総合指数が連日過去最高値を更新している動きからも、世界的に、コンサバな企業から今後成長が見込めるIT関連銘柄に人気が移っていることが分かりますよね。

とは言え、私はオリックスは優待目当てで保有しているので、優待価値が倍となる3年以上保有を目指して、引き続き保有し続けたいと思います。

2万7千円の配当金が振り込まれた

先週は、ウェルビー(売却済)とタカラトミーと三井住友FGの配当金が振り込まれました。
合計約2万7千円です。

これで少しずつ現金が貯まってきました。
貯まった現金で、今後コロナ影響で下がった銘柄を拾っていきたいと思います。

オリックスの株主優待が届いた

先週は、オリックスの株主優待が届きました。

オリックスの株主優待は、5千円相当カタログギフトです。
オリックスもKDDIと同様、全国の名産物の中から好きなものが選べます。

私は今年は、鹿児島の黒豚焼肉セットを選びました。
今では、この株主優待は毎年我が家の楽しみの1つになっています。

オリックスの株主優待については、こちらをご覧下さい。

今週の注目イベントは?

今週は、特に大きなイベントはありませんが、東京で4日連続新型コロナウイルスの感染者数が100人を超えました。
これが長引けば、当然日本経済へのダメージも大きいはずです。

そうすると、2番底というシナリオが現実味を帯びてきます。

そうなった時の対策をしっかりと今のうちに練っておいた方がよさそうですね。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
2130 メンバーズ
**** ******

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:111,419円
株式:4,719,550円
投資信託:1,348,989円
計:6,179,958円

今週の主なイベントはこちらです。

7月6日(月)
◆決算発表=マニー(7730)

米6月ISM非製造業景況指数=23時
タイ市場休場

7月7日(火)
5月家計調査=8時30分
5月毎月勤労統計調査=8時30分
5月景気動向指数=14時
日銀「生活意識に関するアンケート調査」の結果
30年国債入札
◆決算発表=イオンモール(8905)
◆新規上場=Branding Engineer(7352)

豪州準備銀行理事会
米3年国債入札

7月8日(水)
6月景気ウオッチャー調査=14時
◆決算発表=ウエルシアH(3141)、ファミマ(8028)、イオン(8267)

米5月消費者信用残高=9日4時
米10年国債入札

7月9日(木)
6月マネーストック=8時50分
5月機械受注=8時50分
6月工作機械受注(速報値)=15時
5年国債入札
日銀支店長会議で黒田総裁あいさつ
地域経済報告(さくらレポート)
◆決算発表=ローソン(2651)、7&iHD(3382)、久光薬(4530)、ファストリテ(9983)

中国6月生産者物価=10時30分
中国6月消費者物価=10時30分
米30年国債入札

7月10日(金)
6月国内企業物価=8時50分
オプションSQ
エルニーニョ監視速報
◆決算発表=コスモス薬(3349)、安川電(6506)、良品計画(7453)
◆新規上場=Speee(4499)

シンガポール総選挙
米6月生産者物価=21時30分
ブラジル6月消費者物価=21時

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る