おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

実は私、ユーチューブをはじめました。
このユーチューブでは、優待銘柄、高配当銘柄を中心に、その企業の歴史や業績などを分析していきたいと思っています。

是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

日経平均株価(15分足 5日間)

7/6(月)
22,714.44(+407.96)円

7/7(火)
22,614.69(-99.75)円

7/8(水)
22,438.65(-176.04)円

7/9(木)
22,529.29(+90.64)円

7/10(金)
22,290.81(-238.48)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス15.67円(-0.07%)となりました。
2週続落です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日

月曜日は、中国の政府系メディアが株高を支持する論説を展開したことで、景気回復期待から中国・上海株が大幅に上昇。
これに影響を受けて、日経平均株価も3日続伸し、前週末比407円96銭(1.83%)高の2万2714円44銭と、6月10日以来、約1カ月ぶりの高値で終えました。

火曜日

火曜日の日経平均株価は、前日までの上昇で約1カ月ぶりの水準になっていたこともあり、利益確定のための売りが出やすくなったのか、4営業日ぶりに反落し、前日比99円75銭(0.44%)安の2万2614円69銭で終えました。

水曜日

水曜日は、東京都の新規感染者が連日100人を超えるなど感染拡大の収まる兆しがみえないことや、九州地方や中部地方など各地で豪雨被害が相次いでいることで投資家心理を下向かせたのか、日経平均株価は続落となりました。

木曜日

木曜日は、ソフトバンクグループや伊藤忠が買収を発表したファミマに買いが集まり、2銘柄で日経平均を約120円押し上げました。
3日ぶりの反発です。

金曜日

金曜日は、東京都で、新型コロナウイルスの新規感染者が240人以上確認され過去最多になったと伝わり、景気回復が遅れるとの警戒感が相場を押し下げました。
また、取引終了間際に日本経済新聞が「良品計画の米子会社が破産法を申請した」と報じられたことも投資家心理を悪化させ、日経平均の下げ幅は200円を超えました。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価 (日足 6ヶ月間)

一目均衡表を表示していますが、ちょうど2万2000円のところに雲が広がっています。
下がるにしても、ここが1つ抵抗線となりそうですね。

また、先週に資金捻出の売りが警戒されたETFの分配金基準日の集中日を通過したことで、今週は需給的な不安が軽減されます。
そう考えると、下値余地は限定されそうです。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週は、三井住友FGやSUBARUといった低PER、高配当の銘柄が下がりました。
コロナショックで急落して以降、先月にはその株価をかなり戻していたのですが、ここにきて、再び下降の一途を辿っています。

三井住友FG(日足 6ヶ月間)

SUBARU(日足 6ヶ月間)

私は現在それぞれ300株ずつ保有しているので、この2つの銘柄の下げが、保有資産全体の成長の足を引っ張っている感じですね。
この2つの銘柄は、私が株式投資を始めた初期の頃から保有していて、随分と長いこと塩漬け状態にしてしまっています。

今更買いまして取得平均額を下げる気も起きないですし、ただただ、その損失を配当金で補ってくれるのを待つのみ。
少しもったいないですよね。

適切なタイミングで損切りを損失を膨らませるだけだということを痛感したので、そういう意味で言うと、いい勉強になりました。

初めて信用売りをしてみた

先週は、じわじわと保有資産が減っていくのを見ているのもつらかったので、この環境下でもどうにかして資産を増やせないものかと、四季報とにらめっこをしていたのですが、やはり四季報を見ても、従来のコンサバな企業がどこも右肩下がりで株価が下がっているのが気になりました。

まあ、当然と言えば当然なのですが、このコロナ下で、在宅勤務は当たり前となり、多くの人は外出するよりも家時間を楽しむようになり、ウーバーイーツのような新しいサービスも完全に一般的なものとなりました。
人々の生活様式が大きく変わる中、従来の経営から脱することが出来ない企業は淘汰されて当然なのです。

そんなことを考えていたら、逆にそういう企業を探して、信用売りをしてみたらどうだろうかという考えに行き着いたのです。

私は過去にFXで失敗をしているので、正直信用取引をするのには気が引けるところもあります。
ただ、そのリスクを認識した上で、しっかりと銘柄を分析して臨めば失敗をすることは無いと思ったのです。

そして、今後落ち込みそうな企業をいくつかピックアップしました。

その中から実際に信用売りをおこなってみたのが、スタジオアリス(2305)です。
スタジオアリスは、言わずも知れた子供写真館の最王手です。

ただ、私も息子の誕生日の時に実際に利用したことがあるのですが、その老朽化した店舗や、流行を抑えられていない衣装、カメラマンの質などにがっかりした事を覚えています。
それ以降、私は、個人スタジオのような小さな写真スタジオで記念写真は撮ることにしました。

今はそいういった小さな個人スタジオがたくさんあるんですよね。
そういったスタジオは、内装もおしゃれだし、衣装もしっかりと流行を抑えているし、出来上がる写真の質もかなり良いです。

そう考えると、スタジオアリスの今後はなかなか厳しいものである気がするのです。
店舗や衣装を刷新するにしても、全国にこれだけの店舗が展開されていたら、その費用も馬鹿になりません。
生き残るには、大幅に店舗数を削減して、改革を進めないといけないというところまで実はすでにきているのではないかと思います。

私の中では、今後スタジオアリスの株価は下がるしかないと思うのですが、どうなるでしょうか。

まあ、これまで株式投資をしていて、株の世界は甘くないということは痛いほど感じています。
今後、しっかりとリスク管理をした上で、信用売りも織り交ぜながら、やって行きたいと思っています。

今週の注目イベントは?

今週は、特に大きなイベントはありませんが、全国でコロナウイルス感染者数が再び増加しています。
このまま増加が続けば、再び経済活動に影響を与えかねないので、引き続きコロナの状況には注意して行きたいですね。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
6670 MCJ
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
2130 メンバーズ
**** ******

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:111,419円
株式:4,596,850円
投資信託:1,342,763円
計:6,053,675円

今週の主なイベントはこちらです。

7月13日(月)
5月第3次産業活動指数=13時30分
◆決算発表=コーナン商(7516)

インド6月消費者物価=21時
米6月財政収支=14日3時

7月14日(火)
日銀金融政策決定会合(~15日)
◆決算発表=イズミ(8273)、松竹(9601)、東宝(9602)

中国6月貿易収支
7月ZEW景況感指数=18時
米6月消費者物価指数=21時半
◆決算発表=シティグループ、JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー、ウェルズ・ファーゴ

7月15日(水)
黒田日銀総裁会見
日銀「経済・物価情勢の展望」(展望レポート)
6月首都圏新規マンション発売=13時6月訪日外客数
◆新規上場=GMOフィナンシャルゲート(4051)、アイキューブドシステムズ(4495)、KIYOラーニング(7353)

米6月輸出入物価、7月NY連銀製造業景気指数=21時半
米6月鉱工業生産・設備稼働率=22時15分
ベージュブック
トルコ市場休場
◆決算発表=ゴールドマン・サックス・グループ、USバンコープ

7月16日(木)
中国4~6月期GDP、6月工業生産、6月小売売上高、6月都市部固定資産投資=11時
ECB定例理事会(ラガルド総裁会見)
米6月小売売上高、7月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数=21時半
米5月企業在庫=23時
米7月NAHB住宅市場指数=23時
米5月対米証券投資=17日5時
◆決算発表=バンク・オブ・アメリカ、ジョンソン・エンド・ジョンソン

7月17日(金)
米6月住宅着工件数、6月建設許可件数=21時半
米7月ミシガン大学消費者マインド指数=23時

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る