アメリカの成功者が語る、20代のときにしておくべき8つのこと

20s-4

20代は人生において重要な過渡期です。
20代の頃の選択がその後の10年間の人間関係であったり健康状態や精神状態を決めると言っても過言ではありません。

そんな20代を世の成功者たちは、どのような経験をしてきたのでしょうか?

そこで、今日は成功者たちが20代の頃に行なってきたこと8つをご紹介します。

1.時間を効率良く使う訓練をする

they-learn-to-manage-their-time

キャリアをスタートさせたばかりの20代前半の頃は、なかなか1日をより生産的に過ごすことが難しいと思います。

しかし、多くの成功者は、全ての仕事に自ら期限を設け、より効率良く時間を使う訓練をしていたと言います。

2.情熱を捧げられることに取り組む

theyre-persistent

例え興味を持てない仕事をしていたとしても、それが、大切なキャリアの1つとなります。
当然同じことに時間を費やすのであれば、情熱を持って取り組んだ方が、得るものも多いはずです。

成功者と呼ばれる人は、若い時にこそ、情熱を捧げられることに取り組んでいるのです。
もし、情熱を捧げられるものが無い場合は、それを探すことに時間を費やすべきなのかもしれません。

3.健康を意識する

they-take-care-of-their-health

やはり、身体が資本です。
健康でなければ、仕事やプライベートを満喫することも十分にできません。
また、歳をとってから、健康を取り戻すのは難しいものです。

そのため、成功者の多くは、若い頃から定期的な運動や健康的な食生活などの習慣を身につけています。

4.成功体験を得る

they-dont-prioritize-money-above-all-else

必ずしも成功者が成功ばかりしてきた訳ではないと思いますが、成功者は自身の成功体験を意識し、それを拾い上げることができるものです。
成功体験を自分の中に蓄積させていくことができれば、新しいチャレンジを恐れることはなくなります。

5.全ての人にいい顔しようとしない

they-dont-try-to-please-everyone

20代は、キャリアの基礎となる人脈を広げる時期です。
ただ、中には、気の合わない人であったり、付き合ってプラスにならない人もいるものです。
そのような人と無理して付き合うことはせず、人を見る目をしっかりと身につけることをするべきなのです。

6.柔軟性を持つ

theyre-flexible

キャリアに対して明確な目標を持つことは非常に重要ですが、その目標に捕らわれて、目標に直接繋がらないこと全てを排除するようになってはいけません。
常に柔軟であり、新しい経験を受け入れるような姿勢で過ごしていれば、30代になった時、目標に近づけているものです。

7.勉強し続ける

they-keep-learning

エリート大学出身ということは、就職する時や、キャリアをスタートさせたばかりの頃は有利に働くかもしれません。
しかし、勉強をし続けなければ、それはすぐに意味を無くします。

成功者は学校を卒業した後こそ勉強を続けます。
自分の業界の本を読み漁り、学校の授業では教わらないような、仕事に直結する知識をインプットするのです。

8.孤立しない

they-maintain-important-relationships

若い時こそ、外の世界から多くの学びを得るべきです。
例えお金が十分に無かったとしても、成功者は、友人と旅行や様々なイベントに出かけています。
内にこもるのではなく、積極的に外部からの刺激を取り入れているのです。

 

いかがでしたでしょうか。
みなさんは成功者と同じ経験ができていたでしょうか。

これからでも遅くはありません。
是非これらのことを意識して日々過ごしてみて下さい。

参考:Business Insider

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る