フジ(8278)の株主優待と配当はオススメか?

日本株でおトクな株主優待と配当を紹介するコーナー。

今回はフジ(8278)についてです。

フジ(8278)
何がもらえる? ①優待割引券 or
②優待割引券+エフカマネー or
③フジネットショップポイント or
④PB商品または地域特産品
いつ買えばいい? 2020年8月27日
2021年2月24日
(年2回)
いくら買えばいい? 約19万円
(100株)
配当金は? 2,000円
(100株)
優待と配当の合計利回り 3.16%

フジ(8278)の株主優待の内容

まずは、フジ(8278)の株主優待の内容です。

フジ(8278)の株主優待は、①優待割引券、②優待割引券+エフカマネー、③フジネットショップポイント、④PB商品または地域特産品の中から好きなものが選べます。

①優待割引券は、お支払金額1,000円以上につき、1,000円ごとに100円券1枚をご利用できます。
実質10%割引券ですね。

②優待割引券+エフカマネーは、①優待割引券に加えてハウスカード「エフカ」の電子マネーである「エフカマネー」に基準額が付与されます。

③フジネットショップポイントは、フジが運営するネットショップで利用できるポイントが付与されます。

④PB商品または地域特産品は、フジのプライベートブランド「Style ONE(スタイル ワン)」や「Prime ONE(プライム ワン)」の商品、または地元のおいしい特産品です。

保有株数が100株以上200株未満の場合、①2,000円分 or ③2,000円分 or ④2,000円相当。
200株以上300株未満の場合、①3,000円分 or ③2,000円分 or ④2,000円相当。
300株以上400株未満の場合、①4,000円分 or ③2,000円分 or ④2,000円相当。
400株以上500株未満の場合、①5,000円分 or ③2,000円分 or ④2,000円相当。
500株以上1,000株未満の場合、①6,000円分 or ②優待割引券3,000円分+エフカマネー1,000円分 or ③2,000円分 or ④2,000円相当。
1,000株以上2,000株未満の場合、①10,000円分 or ②優待割引券5,000円分+エフカマネー2,000円分 or ③5,000円分 or ④5,000円相当。
2,000株以上3,000株未満の場合、①20,000円分 or ②優待割引券10,000円分+エフカマネー4,000円分 or ③5,000円分 or ④5,000円相当。
3,000株以上4,000株未満の場合、①30,000円分 or ②優待割引券15,000円分+エフカマネー6,000円分 or ③5,000円分 or ④5,000円相当。
4,000株以上5,000株未満の場合、①40,000円分 or ②優待割引券20,000円分+エフカマネー8,000円分 or ③5,000円分 or ④5,000円相当。
5,000株以上の場合、①50,000円分 or ②優待割引券25,000円分+エフカマネー10,000円分 or ③5,000円分 or ④5,000円相当がもらえます。

年に2回、2月末日と8月末日時点の株主に発行されます。
なお、優待の発送は、5月下旬と11月中旬です。

フジ(8278)とはどんな会社?

株式会社フジ(英: Fuji Company, Limited)は、愛媛県をはじめとする四国4県および広島県・山口県に店舗を展開するショッピングセンターチェーンである。
愛媛県松山市に本社を置く。
東証一部上場(証券コード8278)。

1967年(昭和42年)9月12日、広島市に本拠を置く、繊維卸売業の十和(後のアスティ、法人格はヨンドシーホールディングス〈4℃HD〉)の小売り部門として、全額出資で愛媛県松山市湊町に設立した(フジ1号店、宇和島店の開店は同年10月6日)。
広島市の会社が、あえて愛媛県に出店した理由は、親会社の十和が広島を中心にして中国地方に約2,000店の取引先があり、中国地方で小売業を行った場合に不安と不信を与える可能性があったこと。また、十和の商圏外で比較的輸送に有利な場所として、あえて愛媛県への出店になった。
フジの中国地方への本格進出は1980年代以降で、その方針は1978年(昭和53年)に決定したが、大手スーパーの進出で経営不振になっていた福山のスーパー『くらや』の支援として、フジ・十和・くらや共同出資で『ニューくらや』を設立し運営するなど、親会社の問屋と小売業に進出しようとする微妙な立場での中国地方での営業も行っている。
2018年(平成30年)10月12日に、イオン株式会社と資本・業務提携を締結。
その後、2019年(平成31年)1月16日にイオン株式会社が株主からの譲受により当社株式の一部を取得した後、同年2月28日には株式会社アスティが保有する当社株式の一部がイオン株式会社へ譲渡。
同年(令和元年)5月23日にはフジがイオングループのマックスバリュ西日本株式会社の株式の一部をイオンからの買付けにより取得した。
また、2018年11月には当社が筆頭株主として保有していた4℃HDの株式全てを同社へ譲渡したことにより、長年株式会社アスティとの間にあった事実上の株式持ち合いの関係が無くなり、さらには、2019年2月28日の株式譲渡により株式会社アスティに替わってイオン株式会社が当社の筆頭株主となった。
2020年(令和2年)7月現在、複数の店舗ブランド名(後述)で98店舗(愛媛県50店舗(東予12店舗、中予28店舗、南予10店舗)、高知県8店舗、香川県4店舗、徳島県5店舗、広島県21店舗、山口県10店舗)を展開する。
本社所在地は基幹店舗の一つであるフジグラン松山と同一地番で、本部ビルはフジグラン松山と伊予鉄道大手町線を挟んだ反対側にある。
なお、神奈川県、東京都のスーパーマーケットチェーン「フジ」は富士シティオによる運営であり、両者の間に資本関係等は全くない。

(出処:ウィキペディア)

フジ(8278)の株主優待はいくらでもらえる?

現在のフジ(8278)の株価は、1,854円(2020年8月時点)です。
100株だと「約19万円」で購入できます。

ただで優待だけ受け取ることのできるクロス取引の場合は、フジ(8278)の株を購入するのに必要な手数料と信用取引の手数料430円がかかります。(SBI証券の場合)

クロス取引についてはこちら

約19万円の投資で、4,000円相当の株主優待がもらえるわけですから、優待利回りは2.11%です。

ちょっと物足りないですね。

具体的に権利日はいつ?

株主優待の基準日は、2月末日と8月末日です。
基準日の株主名簿に記載されている株主に配布されるようです。

実際の権利日は、2020年8月27日と2021年2月24日なので、この日までに購入をすれば優待をもらうことができます。

クロス取引(株主優待タダ取り)をする場合、8月27日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の8月28日に現渡決済すればOKです。
2月は、2月24日の権利日の前日の夜に注文をして、権利付与後の2月25日に現渡決済すればOKです。

一目でわかる株主優待カレンダーはこちら

フジ(8278)の配当は?

次に、配当目的の投資として考えた場合のフジ(8278)は魅力的かを見ていきましょう。

フジ(8278)の配当利回りは、1.05%です。
100株分、約19万円投資したら→年間2,000円。
500株分、約95万円投資したら→年間10,000円がもらえます。

配当も少ないですね。

配当の基準日は?

フジ(8278)の配当の基準日は2月末日です。
実際の権利確定日は、2021年2月24日なので、この日に株を保有していると配当がもらえます。

最後にフジ(8278)の株主優待と配当をまとめてみると

優待と配当合わせて利回りは3.16%です。

悪くないですね。
コロナショックで一時期株価が低迷しましたが、最近はまた元に戻って、お得度が減ってしまいました。
また何かのタイミングで下がることがあれば検討してみてもいいかもしれません。

フジ IR情報

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る