日本株投資日記「信用買で6銘柄を取得!今後どう転ぶのか?」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

日経平均株価(15分足 5日間)

8/17(月)
23,096.75(-192.61)

8/18(火)
23,051.08(-45.67)円

8/19(水)
23,110.61(+59.53)円

8/20(木)
22,880.62(-229.99)円

8/21(金)
22,920.30(+39.68)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス369.06円(-1.58%)となりました。
3週間ぶりの反落です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日

月曜日は、朝方に内閣府が発表した2020年4~6月の実質国内総生産(GDP)速報値が前期比年率27.8%減と戦後最大の落ち込みを記録。
個人消費の減少幅が市場予想よりも大きく、景気の回復ペースが当初の想定よりも遅れるとの懸念が広がるなか、日経平均先物に売りが出て相場を押し下げました。
これにより日経平均株価は反落しました。

火曜日

火曜日は、米国が中国の華為技術(ファーウェイ)に対する事実上の禁輸措置を強化すると発表したのを受け、米中対立の激化が景気悪化につながると懸念した売りが優勢となりました。
これによって、日経平均株価は小幅に続落となっています。

水曜日

水曜日の日経平均株価は3日ぶりに反発しました。
ハイテク関連を中心とした米国株の上昇基調が買い材料となり、投資事業を手掛け米国株高の恩恵を受けやすいソフトバンクグループが3%高。
1銘柄で日経平均を43円押し上げました。

木曜日

木曜日は、米連邦準備理事会(FRB)が19日に公表した7月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨を受け、FRBが追加の金融緩和策の導入に前向きではないとの見方が広がり、19日の米国株式市場で主要株価指数が下落。
この流れを引き継ぎ、日本株にも売りが優勢になりました。
結果、日経平均株価は200円を超える下落となりました。

金曜日

金曜日の日経平均株価は、小幅に反発。
東証1部の売買代金は概算1兆6777億円と1月下旬以来約7カ月ぶりに5日連続で2兆円を下回わりました。
いわゆる夏枯れ相場ですね。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価(日足 6ヶ月間)

ボックス圏相場が相変わらず続いていますが、引いて見ると、わずかに右肩上がりで上昇しているようにも見えます。
一方で、米ダウ平均がしっかりと右肩上がりとなっていることを考えると、日経平均株価も引き続き上昇してもおかしくはありません。

NYダウ(日足 6ヶ月間)

このままコロナ前の水準まで戻すのでしょうか。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週は、3月に私が100万円をつぎ込んだ銘柄が、大きく下げました。
一時期は含み益が60万円ほどとなっていたのですが、その含み益も半分の約30万円となってしまっています。

とはいえ、この銘柄は、まだ上昇する余地が大いにあると思うので、引き続き保有をしたいと思っています。

“ある銘柄”(日足 6ヶ月間)

四季報を再び分析していくつかの銘柄を信用買いしてみた

先週は、上の”ある銘柄”の上昇の勢いもひと段落してしまったので、他に上昇する可能性がある銘柄が無いか、再び四季報を分析してみることにしました。
そこで、以下銘柄をピックアップしました。

2317 システナ
2412 ベネ・ワン
2491 Vコマース
3837 アドソル日進
7600 MDM
9467 アルファポリス

これらの銘柄はどれも私なりに、上昇するであろうというロジックがあるのですが、全ての銘柄に投資をする余力はなかったので、初めて信用買をしてみることにしました。
少なくても10月あたりまでは上昇をしてくれるのではないかなと期待をしてエントリーしたのですが、いきなり2万5千円の含み損を抱えてしまいました。

とはいえ、今後はしっかりと上昇してくれるのではないかと期待しています。

今週の注目イベントは?

今週は、米ワイオミング州ジャクソンホールでの経済シンポジウムが27、28日にオンライン形式で行われます。
ここでの中銀首脳らの発言には注目です。

また、国内で26日に7月企業向けサービス価格指数、27日に7月工作機械受注の確報値と6月全産業活動指数が発表されます。
さらに、海外では米共和党大会(24~27日)でトランプ大統領が次期大統領候補に正式に指名されるほか、25日に6月S&PコアロジックCS住宅価格指数、8月CB消費者信頼感指数、27日に4~6月期GDP(国内総生産)改定値が出る予定です。

これらの指標もしっかりと確認しておきたいですね。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
**** ******

信用買銘柄

2317 システナ
2412 ベネ・ワン
2491 Vコマース
3837 アドソル日進
7600 MDM
9467 アルファポリス

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:32,782円
株式:4,664,750円
投資信託:1,405,192円
信用買:-24,860円
計:6,077,864円

今週の主なイベントはこちらです。

8月24日(月)
米7月シカゴ連銀全米活動指数
米共和党の党大会(~27日)
◆決算発表=(米)パロアルトネットワークス

8月25日(火)
20年国債入札
◆新規上場=インターファクトリー(4057)

独8月Ifo景況感指数=17時
米6月FHFA住宅価格指数=22時
米6月S&PコアロジックCS住宅価格指数=22時
米8月CB消費者信頼感指数=23時
米7月新築住宅販売件数=23時
米2年国債入札
◆決算発表=(米)オートデスク、ベストバイ、セールスフォース・ドットコム、メドトロニック、トール・ブラザーズ

8月26日(水)
7月企業向けサービス価格指数=8時50分
◆決算発表=リクルートH(6098)

米7月耐久財受注=21時30分
米5年国債入札
◆決算発表=(アジア)シャオミ(米)ネットアップ、スプランク

8月27日(木)
6月全産業活動指数=13時30分
7月工作機械受注(確報値)=15時
2年国債入札

米4~6月期GDP改定値=21時30分
米7月中古住宅販売仮契約=23時
米7年国債入札
トランプ米大統領、共和党の党大会で大統領候補の指名受諾演説
米カンザスシティー連邦準備銀行は経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)をオンライン開催(~28 日)
◆決算発表=(米)ダラー・ゼネラル、HP、アルタ・ビューティ、ワークデイ、ギャップ

8月28日(金)
米7月個人所得・個人支出=21時30分
◆決算発表=(アジア)中国鉄建、BYD、海通証券、トラベルスカイ・テクノロジー

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る