信用取引失敗談「安倍首相辞任発表で大暴落」

おはようございます。
サラリーマン投資家ミスターワタナベです。

先週の日経平均終値(前日比)

それでは、先週の日経平均の動きを見ていきましょう。

日経平均株価(15分足 5日間)

8/24(月)
22,985.51(+65.21)

8/25(火)
23,296.77(+311.26)円

8/26(水)
23,290.86(-5.91)円

8/27(木)
23,208.86(-82.00)円

8/28(金)
22,882.65(-326.21)円

先週の日経平均株価は、週を通してマイナス37.65円(-0.16%)となりました。
2週続落です。

それでは、先週の具体的な出来事を振り返っていきましょう。

月曜日

月曜日は、米中対立を巡る過度な警戒感がやや和らぎ、同日の香港ハンセン指数が上昇したことで、投資家心理が改善し、日経平均株価は続伸しました。
また、米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルスの新たな治療法を特別に認可したと発表したのも投資家心理を支えました。

火曜日

火曜日の日経平均株価は3日続伸し、前日比311.26円(1.35%)高ので終えました。
これは2月21日以来約半年ぶりの高値です。
新型コロナウイルスの治療法やワクチンを巡る期待感からリスク許容度が高まり、一時400円以上上昇。
新型コロナウイルスの感染拡大で株価が世界的に急落する前の2月21日の水準(2万3386円)を一時的に上回わりました。

水曜日

水曜日の日経平均株価は4営業日ぶりに反落。
前日比5.91円(0.03%)安の2万3290円86銭で終えました。
前日に300円超上昇したため、目先の利益を確定させる売りが優勢となったのが理由です。
ただ、根強い新型コロナウイルスのワクチン開発期待や円相場の下落が支えとなり、小高く推移する場面もありました。

木曜日

木曜日の日経平均株価は続落し、前日比82円ちょうど(0.35%)安の2万3208円86銭で終えました。
カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控え、いったん利益を確定しようとの動きが優勢となりました。
また、米中対立のほか、安倍晋三首相が28日に記者会見を開く調整に入っていることも上値の重荷となったようです。

金曜日

金曜日の朝方は、米連邦準備理事会(FRB)がゼロ金利政策の長期化に向けた新しい政策指針を27日に決めたことを受け、長期金利が上昇して金融関連株などが上昇。
日経平均は午後に一段高となる場面もあったのですが、首相の辞任報道を受けて相場つきが一変。
NHKが14時過ぎに「安倍晋三首相が辞任の意向を固めた」と伝えると、国内政治の先行き不透明感から運用リスクを避ける姿勢が一気に強まりました。
その後の下げ幅は一時600円を超えています。

日経平均株価 日足チャート

それでは、中期のチャートを見てみましょう。
こちらは、直近6ヶ月間の日経平均株価を日足で見たチャートです。

日経平均株価(日足 6ヶ月間)

先週は、金曜日にその値を崩しましたが、中期のチャートで見ると、これまでの微上昇トレンドを崩すような出来事にはなっていません。
安倍首相辞任が今後どこまで株式市場に影響を与えるかは分かりませんが、チャート的にはまだまだ上昇は続きそうに見えますね。

先週の保有銘柄の動きはどうだったか?

先週は、3月に私が100万円をつぎ込んだ銘柄が、先々週に引き続き大きく下落。
一時期は含み益が60万円ほどとなっていたのですが、結局金曜日の朝に、保有していた1300株のうち1100株を売って、約11万円利確しました。
金曜日の安倍首相辞任のニュースでさらに値崩れしたので、そうなる前に売れて良かったのかもしれません。

ずっと反発を期待していたのですが、こうなってしまってはしょうがないですね。
正直、この銘柄には非常に期待をしていたので残念でなりません。
ただ、私の中では、これだけ株価が下がる理由が全く見つからないので、今後、もう少し株価が下がったら再びエントリーしたいと思います。

信用買いしたあの銘柄たちはどうなった?

前回お伝えしたように、先々週、四季報を分析して、今後上昇すると期待できる以下の銘柄を信用買してみたのですが、先週はこれらの銘柄がほぼ全敗。

2317 システナ
2412 ベネ・ワン
2491 Vコマース
3837 アドソル日進
7600 MDM
9467 アルファポリス

安倍首相辞任のニュースで、大きく暴落していく中、システナ(2317)とベネフィットワン(2412)を残して他を全て急いで決済しました。
その結果、何とかバリューコマース(2491)とアルファポリス(9467)はプラスのまま決済できたのですが、MDM(7600)とアドソル日進(3837)の下げが大きく、約4万円の損失。

ただ、その中でもバリューコマース(2491)とアルファポリス(9467)は、まだ上昇の余地があると思うので、今週はタイミングを見て、再度エントリーしてもいいかなと思っています。
次は、現物でやりたいと思います。

なんかやっぱり信用取引は良くないですね。
現物だと、多少株価が下がってもどしっと構えていられるのに、信用だと、このまま大きく下がって泥沼化してしまうのではないかと不安になってしまいます。

FXで失敗した時のことを思い出してしまうのでしょうか。

今週は、タイミングを見て、現物で再度トライしたいと思っています。

今週の注目イベントは?

中国が26日の中距離弾道ミサイル4発の発射を含め、南シナ海で軍事演習を実施したことに対して、米国が中国の国有企業などを制裁対象に加えると発表し、緊張感が高まっています。
こういった地政学リスクが与える影響には注意が必要だと思います。

また、米経済指標では、8月ISM(供給管理協会)製造業景気指数、8月ISM非製造業景気指数、8月雇用統計など重要度の高い指標が控えています。
新型コロナによる経済への悪影響から回復の兆しが出てきており、景気回復が意識されれば株式市場への資金の流入も加速されるかもしれません。

それでは、今週も頑張りましょう。

現在の保有株

7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
8591 オリックス
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3197 すかいらーくHD
3087 ドトール日レス
7867 タカラトミー
**** ******

信用買銘柄

2317 システナ
2412 ベネ・ワン

現在の保有投資信託

三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

保有資産

現金残高:351,376円
株式:4,265,900円
投資信託:1,430,217円
信用買:-27,090円
計:6,020,403円

今週の主なイベントはこちらです。

8月31日(月)
7月商業動態統計=8時50分
7月鉱工業生産=8時50分

中国8月製造業PMI=10時
インド4~6月期GDP=21時
英国休場
◆決算発表=(米国)ズーム

9月1日(火)
7月失業率・有効求人倍率=8時30分
4~6月期法人企業統計=8時50分
8月自動車販売台数=14時
10年国債入札
マイナンバーカードの保有者に対し、民間事業者のキャッシュレス決済を通じて買い物に使えるポイントを付与する制度を開始
自民党役員任期
◆決算発表=伊藤園(2593)

ユーロ圏7月失業率=18時
米8月ISM製造業景況指数=23時
米7月建設支出=23時

9月2日(水)
8月マネタリーベース=8時50分

米8月ADP雇用統計=21時15分
米7月製造業受注=23時
ベージュブック
◆決算発表=(米国)アンバレラ、メーシーズ

9月3日(木)
30年国債入札

米7月貿易収支=21時30分
米8月ISM非製造業景況指数=23時
◆決算発表=(米国)ブロードコム

9月4日(金)
日経平均定期入れ替え発表(9月上旬)

米8月雇用統計=21時30分

出処:SBI証券

ミスターワタナベ

ミスターワタナベサラリーマン投資家

投稿者プロフィール

30代サラリーマン。お小遣い制。毎月3万円。

「スタバが毎日2杯飲める生活」に憧れ、副業としてFXをはじめるも、2016年のトランプラリーでショートを持ち大きくやられてFXから退場。
サヨナラを告げる。

その後、今井バフェット氏のブログを見て日本株に興味を持ち、トレードに挑戦。
「長期投資しても良い銘柄をスイングトレード」して利益を確定し、資産効率を高めてどこまで増えるのか実験中。

赤裸々にトレード日記を公開することで、少しでも多くの人が投資に興味を持てばと発信を続ける。

日本株投資日記はこちら

■保有資産(2018年7月)
現金残高等:698,418円
株式:3,220,400円
投資信託:890,832円
合計:4,809,650円
■現在の保有株
7261 マツダ
3543 コメダ
7270 SUBARU
9433 KDDI
8316 三井住友FG
4689 ヤフー
5108 ブリヂストン

■現在の保有投資信託
三菱UFJ国際-eMAXIS NYダウインデックス
ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド

この著者の最新の記事

関連記事

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2019年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24

ピックアップ記事

広告ページ

ページ上部へ戻る