日本とは違う、今アメリカで最もイケてる人気職業TOP10とは?

programmer-work-office-laptop

今日は、アメリカの転職支援会社glassdoorが発表した、今アメリカで最も人気でイケてる職業TOP10をご紹介します。

このランキングは、「採用企業数」「平均基本給」「キャリア発展機会スコア」の3つの指標から計算される”職業スコア”によって決定されます。

それではさっそく10位から見ていきましょう。

10位 監査マネジャー

10-audit-manager

トータルスコア:4.5/5.0
採用企業数:1,001
平均基本給:$95,000
キャリア発展機会スコア:3.9

9位 ソフトウェアエンジニア

9-software-engineer

トータルスコア:4.5/5.0
採用企業数:49,270
平均基本給:$95,000
キャリア発展機会スコア:3.3

8位 プロダクトマネジャー

8-product-manager

トータルスコア:4.5/5.0
採用企業数:6,607
平均基本給:$106,680
キャリア発展機会スコア:3.3

7位 医師助手

7-physician-assistant

トータルスコア:4.6/5.0
採用企業数:3,364
平均基本給:$97,000
キャリア発展機会スコア:3.5

6位 人事マネジャー

6-hr-manager

トータルスコア:4.6/5.0
採用企業数:3,468
平均基本給:$85,000
キャリア発展機会スコア:3.7

5位 モバイルデベロッパー

5-mobile-developer

トータルスコア:4.6/5.0
採用企業数:2,251
平均基本給:$90,000
キャリア発展機会スコア:3.8

4位 契約担当マネジャー

4-engagement-manager

トータルスコア:4.6/5.0
採用企業数:1,356
平均基本給:$125,000
キャリア発展機会スコア:3.8

3位 ソリューションアーキテクト

3-solutions-architect

トータルスコア:4.6/5.0
採用企業数:2,906
平均基本給:$119,500
キャリア発展機会スコア:3.5

2位 タックスマネジャー

2-tax-manager

トータルスコア:4.7/5.0
採用企業数:1,574
平均基本給:$108,000
キャリア発展機会スコア:3.9

1位 データサイエンティスト

1-data-scientist.jpg

トータルスコア:4.7/5.0
採用企業数:1,736
平均基本給:$116,840
キャリア発展機会スコア:4.1

 

やはり、IT関係の職業が多くランクインしました。

3位のソリューションアーキテクトは、日本ではまだなかなか聞き慣れない職業ですが、事業や業務に対してどのようなソリューションを当て込むかを考え、それに対応するアプリケーションの構成・構造を作る職業を言うそうです。

また、1位のデータサイエンティストは、統計学等を駆使して、膨大なデータを整理し、企業が取るべきアクションを明確にする職業です。

現在は、どの業界においても、オンラインという存在が必要不可欠となっています。
そんな中、ITに特化した職業が求められるのは、当然と言えるかもしれません。

キャリアに悩んでいる方は、今日ご紹介したランキングを少し意識してみてはいかがでしょうか。

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る