アメリカの巨大化学企業、デュポンを投資対象として見てみたら

デュポン

気になるアメリカ株を分析・予測するコーナー。

10年、20年と長期投資派の観点で企業を様々な角度から分析していきます。
そして、ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はデュポン(DD)の株価を分析。そして今後を予想していきます。

デュポンとはどんな会社?

イー・アイ・デュポン・ドゥ・ヌムール・アンド・カンパニー(E.I.du Pont de Nemours and Company)は国際的総合科学・ライフサイエンス会社です。
事業分野は、農業および産業バイオテクノロジー、化学、バイオロジー、材料学、製造などです。
世界の農業・食品、建築・工事、電子機器・通信などの市場に幅広い製品およびサービスを提供しています。

以下はWikipediaより引用

創業は1802年。資本金は111億3600万USドル。創業者はフランス出身のユグノーでエミグレ(フランス革命後に国外へ逃亡した人々)であるエルテール・イレネー・デュポン(1771年 – 1834年)。メロン財閥、ロックフェラー財閥と並ぶアメリカの三大財閥と称されることもある。

そんなデュポンの株価は?

現在、61.20ドル前後です。
PERは22.94倍。
少し割高ですね。

配当利回りは2.48%。
アメリカ株としては普通です。

上場来の長期のチャート

デュポン長期チャート

大きな谷を作っています。
史上最高値は1998年の70.9502ドルで、いまだその高値を更新出来ていません。

直近1年間のチャート

デュポン直近チャート

直近最安値は2015年9月の47.32ドルです。
そこから少しずつ回復してきている途中ですね。

デュポンの売上高は?

デュポン売上高

うーん、キレイな右肩上がりではないですね。

次にEPS(1株当たりの利益)の推移です。

デュポンEPS

こちらも、なんともいえない推移です。
キレイな成長を描けてはいません。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう。

デュポンBPS

こちらも微妙。
ボコボコしています。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近17%。
こちらはまずまず。

流動比率は1.71倍です。

デュポンの今後をまとめると

うーん、正直にいってイマイチぱっとしない銘柄です。
売上高もEPSもBPSもなにもかも。
煮え切らない感じです。

「ほしい」とは決して思えませんでした。

気をとりなおして、次の銘柄を見ましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る