朝ベッドから出る前に必ずやるべき5つのこと

widow-1148929_1920

普段みなさんは朝起きて1番最初に何をするでしょうか?

スマホを見る人、昨日の仕事の失敗を思い出す人、今日やらなければならないことに対して嘆く人、様々だと思いますが、これらのことを最初にやるのは、決して良いことではありません。

朝目覚めてからの数分でその日の自分のムードだったりテンションだったりが決まってしまいます。
これによって仕事のパフォーマンスに影響することもあるでしょう。

そこで今日は、朝ベッドから出る前に必ずやるべき5つのことをご紹介します。

是非これからご紹介することをルーティンにして、エネルギッシュな1日を送れるようにして下さい。

1.穏やかに起きる

jpg-5

目が覚めてからすぐに立ちがあるのではなく、目が覚めてから5〜10分ほどかけてゆっくりとベッドから出るようにしましょう。
そうすると、穏やかな気持ちで起きることができます。
また、目覚まし時計は耳障りなので、スマホで時間になったら心地よい音楽がかかるように設定しておくとよいかもしれません。

2.笑顔を作る

jpg-4

笑顔は、あなたのムードを変える最も手っ取り早い方法です。
笑顔を作ると、脳内でエンドルフィンと呼ばれる神経物質が分泌されます。
このエンドルフィンは、快楽物質として知られており、分泌されると、自尊心や幸福感を高めると言われています。

笑顔を作ることが難しいという方は、ペットを飼って毎朝ペットを眺めるとか、自分の大好きなことの写真を朝起きてすぐ見えるところに貼っておいたりするとよいかもしれません。

3.感謝の気持ちを表す

jpg-3

感謝の気持ちを持てるように、マインドをトレーニングするべきです。
感謝の気持ちを持てば、その日1日をポジティブな気持ちで過ごすことができます。

是非、朝日の光に、ベッドの暖かさに、コーヒーの美味しさに感謝して下さい。

ポジティブなマインドを作るためには、感謝の気持ちを持つということが非常に重要です。

4.1日の計画を立てる

jpg-2

ベッドから出る前に、簡単に今日やりたいことを考えてみましょう。
「今日は夕方にジムに行こう」とか、「午後少しウォーキングをしよう」とかシンプルなことで構いません。

ただ、何も目的を持たないで1日を過ごすよりも、何か1つでも、目標を持って1日を過ごす方が、ポジティブな気持ちになるのです。

5.ストレッチをする

jpg

気分をポジティブにするために、毎朝ストレッチをしましょう。
寝ている間人間の体は筋肉が硬直するものです。
それを解きほぐしてやることで、血の巡りが良くなり、脳が活性化していきます。

 

いかがでしたでしょうか。
気分をポジティブなものにした方が、1日の仕事のパフォーマンスも良くなるはずです。

是非今日ご紹介した方法を試してみて下さい。

出典:Business Insider

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る