子育てのパパママは必見!子供の自尊心を高める12の方法まとめ

child-1111818_1920

みなさんはご存知でしょうか?
子供への接し方で子供の自尊心の高さが決まるということを。

アメリカの心理学者Carl Pickhardt氏は、自身の著書「15 parenting books」の中で、自尊心の低い子供は、失敗を恐れて新たな挑戦をしたがらない傾向があると言っています。

小さい頃からの自尊心の低さは、一生涯を通して、社会での成功を阻害する恐れがあるのです。

親としては、自分の子供がしっかりとチャレンジできる人間に育つよう、できるだけのサポートをしたいものです。

そこで今日は、子供の自尊心を育むための12の方法をご紹介します。

1.勝ち負けではなく努力を評価する

1-appreciate-effort-no-matter-if-they-win-or-lose

旅は、目的地に着くことよりも、その過程に意味があるものです。
例えば、あなたの子供が決勝点を挙げたとしても、その結果を褒めるのではなく、そこの結果を出すために行なった努力を褒めてあげましょう。
そうすることで、挑戦を恐れない”自信”が育ちます。

長く険しい状況に陥った時、何かを継続的にやる力よりも、この状況を打破できるという自信の方が大切になるのです。

2.何かのスキルを身につけさせる

2-encourage-practice-to-build-competence.jpg

何か子供が興味を持ったものを、しっかりとスキルとして身につけさせてあげましょう。

ピアノでもそろばんでも何かスポーツでも何でも構いません。
3歳までのうちに何かスキルを身につけさせることができれば、努力をすればなんでもできるようになるのだという考え方が身に付き、それが自信になります。

3.自分1人で課題を解決させる

3-let-them-figure-out-problems-by-themselves

もしあなたが、子供の面倒をみるのが忙しいと言うのであれば、子供の自尊心を育むことはできません。

Pickhardt氏は著者の中で、「親の手助けが、子供の自尊心の形成を阻害するのだ」と言います。

実際に子供は、困難な課題に取り組んでいる時に最も成長するのです。
そして、課題に取り組んだ時間そのものが、自信につながるのです。

4.好奇心を育ませる

4-encourage-curiosity

時に子供は、エンドレスで繰り返し質問をしてきます。
きっと疲れて、質問を蔑ろにしてしまう人も多いと思いますが、この行為自体は、奨励するべきです。

わからないことを質問するという行為は、脳の発達には必要不可欠なのですから。

5.新しいチャレンジを与える

5-give-them-new-challenges

子供には、適切なチャレンジを与えるようにしましょう。
ただ、その時のポイントは、必ず達成できる小さなチャレンジを設定すること。

例えば、いきなり自転車に乗せるのではなく、最初は補助輪付きで、次に補助輪を外すなど自転車、だんだんとチャレンジのレベルを上げていくのです。

そうすることで、成功体験を形成しやすくするのです。

6.子供のパフォーマンスに不満を言わない

6-never-criticize-their-performance

子供の努力に対して不平を言うことほど、子供を失望させることはありません。
もし、子供がうまくやれない時は、叱るのではなく、「もっとこうやった方がうまくいくよ」と優しくフィードバックしてあげましょう。

うまくいかない時に親に叱られると、子供は挑戦すること自体を恐れるようになってしまうのです。

7.失敗を学びとしてとらえる

7-treat-mistakes-as-building-blocks-for-learning

失敗することから人は学び、それが自信を生むのです。
したがって、失敗を経験させないということは、学びの機会を奪うことになり、自尊心を育むことを阻害することになります。

失敗して、部屋を汚したりしても、決して怒らないで下さい。
きっと次からは、違った方法でそれを行なうようになるのですから。

8.ドアを開け新しい経験をさせる

8-open-the-door-to-new-experiences

親には、子供に様々な経験をさせて、開けた世界の中で、自尊心を育ませる義務があるのです。

決して過保護に育ててはいけません。
開けた世界の中で、困難に立ち向かわせることが子供にとってはいいのですから。
きっと、子供はいかなる困難も乗り越えるはずです。

9.良いロールモデルとなる

9-teach-them-what-you-know-how-to-do.jpg

親は子供にとって、ヒーローです。
少なくても十代のうちはそう思うはずです。

親として、子供の良いロールモデルとなるようにしましょう。

あなたが成功しているように見えていれば、子供も同じようにやればきっとできるという自信になります。

10.困難に立ち向かっている姿を賞賛する

10-praise-them-when-they-deal-with-adversity

人生は決して恐ろしいものではありません。
そう思うことは簡単ではないかもしれませんが、子供は様々なポイントでそのことを学びます。

親として、もし子供が困難に立ち向かっていたら、全力で励ましてあげましょう。
そして、どう対処すればよいかアドバイスをしてあげましょう。

11.新しいことにチャレンジする勇気を褒める

11-applaud-their-courage-to-try-something-new

初めてバスケットボールの試合に出場した時、初めてローラースケートを滑った時など、新しいチャレンジをした時は褒めてあげましょう。

本来人間は、何か新しいことに挑戦した時に喜びを覚えるものだとPickhardt氏は言います。

その喜びを子供に教えてあげましょう。

12.子供が学ぶことに関心を持つ

12-celebrate-the-excitement-of-learning

子供は、何かをした時、常に親のリアクションをチェックするものです。
子供が何かを学んでる時は、しっかりと関心を示してあげましょう。

例えば、スポーツをした時、「今日は◯◯ができるようになったね」とか「今日は◯◯が上手だったよ」と言ってあげることがとても大切なのです。

 

いかがでしたでしょうか。
是非、小さいお子さんがいる方は、これらのことを実践してみて下さい。

自尊心はその子の一生を決めるのですから。

出典:Business Insider

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る