「保育園落ちた日本死ね」に、石原さん「韓国でも中国でも行け」

https://www.google.co.jp/url?sa=i&source=images&cd=&q=%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E8%90%BD%E3%81%A1%E3%81%9F%E6%97%A5%E6%9C%AC%E6%AD%BB%E3%81%AD&ved=0ahUKEwijwPKHhL7MAhWHHZQKHSqbBpcQjB0IBg&url=https%3A%2F%2Fwww.ttrinity.jp%2Fproduct%2F2434077&psig=AFQjCNE74nZEM1o98Rnx-v9ThTf6CqNPiw&ust=1462369231837468&rct=j&cad=rjt

はじめまして!堀場英雄と申します。
一生食える「強み」のつくり方の著者で、バリューイングリッシュというオンライン英会話学校の学長してます。

この度、ライターとしてシェアブログに参加することになりましたので皆様よろしくお願いします。

テーマは特に決めておりませんが、キャリアに関することや、日々気になった記事や出来事などをテーマに、”私はこういう風に思います!”ってことを書けたらなと思っています。

初期は炎上してもいっかくらいのノリで思うがままに書きたいと思います。

 

「保育園落ちた日本死ね」に対するおじさまたちの反応

「保育園落ちた日本死ね」がちょっと前に話題になりましたね。

それに対して、

石原慎太郎さん「韓国でも中国でも行け!」

堺屋太一さん「イスラム国へ行け!」

といったことをニュース番組で言ったそうで話題になってます。
http://matome.naver.jp/odai/2146004648005779501

これに対して、「老害が!!」と怒っている人もいるようです。

 

そこにあるのはコミュニケーションの断絶

個人的にこの記事を見て思ったのは、ある意味で二極化というかコミュニケーションの断絶が起きているなということです。

まとめの中に、

「日本は末端まで社会主義が浸透しているんだな。赤ちゃん産んだのはその人が育てるつもりで産んだんでしょう。そして保育園入れようとしたら入れなかった。それが国家が悪いという風に結びつくというのがねえ、これは社会主義の発想の極限という気がする。…安倍死ねならまだわかるけど、日本死ねはね、これはよくない。…気持ちはわかるけどね、国を死ねというのはおかしい」

とありますが、おじさま方は戦後からの日本を知っていて、それからどれだけこの国の福祉が良くなっているかを知っているので、日本ほどいい国はないよと言いたい(たぶん)。

一方で、「日本死ね!」または「この老害が!」と声をあげる人たちは、子育てしながら働く日々の生活(実際にとっても大変です)に追われて大変です。

その人が持つレンズによって同じ事柄も全く違って見える

おじさんにとっての
「戦後より今のほうが日本はいい国だろう、これ以上に保障のある国があるなら言ってみろ!」

逆にある特定の社会層にとっての
「働きながら子育ては大変なんだよ!ノイローゼになる人もたくさんいるだろ!」

どっちも間違ってる、正しいとかそういうことではなくて、それぞれが持っているパラダイム(物事を見るレンズ)が違うってことだと思うんです。

 

より広い視野・異なる立場での視座・様々な切り口での視点

シェアブログでは、こういったニュースなんかを取り上げつつ、私自身はこう思いました、考えましたということを共有し、皆さんと一緒により広い視野・異なる立場での視座・様々な切り口での視点を高めていけたらと思います。

週に1つくらいを目標に更新していきますので、よろしくお願いします!

 

堀場 英雄

堀場 英雄サラリーマン×週末起業(著者・学長)×投資家

投稿者プロフィール

キャリア形成(転職・週末起業)、グローバル人材(英語力、外国人と働く)、最近のニュースで考えたことなどをShare Blogを通じて情報発信していけたらと考えています。

1978年生まれ。名古屋大学卒業、米国の大学院卒業(原子核工学修士)。20代はGE、BCGといった一流外資企業でプロとしての成功を一途に目指す。

しかし!心技体すべてで圧倒的なレベルを求められる超プロの世界にはついていけず、挫折…

30代になり大手メーカーに勤務しながらも、今まで習得してきた「英語力(米国大学院)×財務スキル(GE)×戦略立案力(BCG)」のかけ算で、オンライン英会話学校バリューイングリッシュを設立。同校の学長を務める。

多忙な留学・社会人生活の中でも、効率的に次々とスキルを習得する力には定評がある(理系ながらTOEIC 980点)。

著書には、
「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る