日本を代表するグローバル企業!ユニ・チャーム【8113】の今後の株価を分析

ユニ・チャームの株価分析

気になる日本株を分析・予測するコーナー。

ピックアップした銘柄が、長期投資の対象として魅力的かを探っていきます。

今回はユニ・チャーム【8113】の株価を分析。そして今後を予想していきます。

ユニ・チャームとはどんな会社?

ユニ・チャームは、生理用品やベビー用品を製造・販売している会社です。主製品には幼児・大人用紙おむつ、大人用失禁製品、家庭用クリーニングシート、化粧品用パフ、ウェットティッシュなどがあります。また、同社は子会社にてペットフード、ペットトイレタリー製品の製造・販売も行っています。

ベビーケア、フェミニンケア、ヘルスケア関連製品でアジア1位のシェアを誇っています。
海外売り上げ比率は6割を超える。

以下はWikipediaより引用

タンポンやナプキンなどの生理用品や紙おむつで日本国内のトップシェアを誇る。アジア各国へも進出している。生産は子会社が担当している。ベビー用品は成長が鈍化しつつあるが、介護用の成人用おむつやペット関連事業が成長している。2006年(平成18年)7月にエフティ資生堂(資生堂の連結子会社)の生理用品事業を買収。資生堂とはその他の分野でも戦略的提携を目指しているとされる。
2006年(平成18年)3月期の連結売上構成はベビーケア関連製品40.4%、フェミニンケア関連製品22%、その他22.2%、ペット関連11.2%、その他4.1%となっている。
旧社名は「大成化工」。社名の由来は、大きな成長と成功を願い「大成」、社会が必要とする製品を世に出す会社に化ける意味を込め「化工」。元々建材メーカーであった。2002年(平成14年)限りで建材事業からは撤退している。
バブル期の1988年、香川県綾歌郡宇多津町にゴールドタワー(高さ158m)を建設したことで知られるが、2001年(平成13年)9月に運営から撤退している。

そんなユニ・チャーム、社長は高原豪久氏。
現在の社員数は15,000人です。

現在の株価は?

現在の株価は2,300円前後です(2016年8月)。
取引単位は100株なので、230,000円程度でユニ・チャームの株を所有することが可能です。

正直、高いですけど日本株てどこもこんなような感じですね。
アメリカだと1株単位で買えるのでアップル株でも10,000円前後で変えます。

投資の浸透という点では日本は大きく遅れをとっていますね。

ユニ・チャームのPER(株価収益率)は、現在33.03倍。
20倍を超えているのでかなり高めのPERです。
33倍は割高でしょう。

配当利回りは、0.68%です。
ほとんどないですね。

上場来の過去の長期のチャート

ユニ・チャーム長期チャート

見ると、高PERも納得の右肩上がりです。
いいですね。

最高値は2015年の3,652円、最安値は1980年の64.6円です。
その差56.5倍です!

100万円投資していれば35年で5,600万円になっていたということですね。

ちなみに直近1年のチャートはこちら

ユニ・チャーム直近のチャート

レンジの動きですね。
直近安値は2016年1月の2,038円です。

ユニ・チャームの売上高は?

ユニ・チャームの売上高

みるとしっかりの右肩上がりです。
これは素晴らしいです。

ユニ・チャームのEPS(1株当たりの利益)の推移です

ユニ・チャームのEPS

こちらももたつく年もありますが、そこそこの右肩上がりです。

BPS(1株あたり純資産)を見てみましょう

ユニ・チャームのBPS

こちらもしっかり右肩上がり。
順調に1株あたりの純資産を伸ばしている会社は見ているだけで欲しくなりますね。

最後に、ROE(株主資本利益率)は直近10.63%
10%割れの日本の大企業が多いなか、ユニ・チャームは及第点です。

流動比率は1.97倍。
こちらも合格です。

ちなみに売上高の各国構成比は以下(FY2015)
日本 38.9%
その他 33.2%
中国 17.9%
インドネシア 10%

しっかり海外進出の足固めができていますね。
まさしく日本を代表するグローバル企業といえます。

ユニ・チャームの今後をまとめると

内容はかなり素晴らしいです。
ただ、というかだからというかPERはかなり高いです。
せめてPERは25倍割ったくらいのところで買いたいです。

あとは配当がほとんどないのも気になる所。

でも、いい会社です。個人的に結構興味を持ちました。
日本株も探せば良い銘柄ってあるんですね。

では、次見ていきましょう。

今井バフェット

今井バフェットアメリカ株長期投資家

投稿者プロフィール

アメリカ株に長期投資をしている32歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、アメリカ株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

■投資履歴
2015年5月スタート

毎月10万円を目標に資産を入れていく予定。
評価損は気にせず長期で投資していきます

今までに投資をした総額金額。
5月:1,300,000円
6月:2,500,000円
7月:2,600,000円
8月:2,700,000円
9月:2,800,000円
10月:4,350,000円
12月:4,900,000円
2016年
1月:5,300,000円
2月:5,550,000円
4月:5,700,000円
5月:6,050,000円
6月:6,150,000円
7月:6,400,000円
9月:6,500,000円
10月:6,800,000円

現在の資産(2016年6月10日)
■コーチ(COH)226株 932,612円
■IBM 51株 836,740円
■マイケル・コース(KORS)32株 173,126円
■メイシーズ(M)349株 1,505,452円
■フィリップモリス(PM)60株 653,342円
■エクソン・モービル(XOM)99株 958,613円
■エルブランズ(LM)89株 655,658円

アメリカ株分析はこちら
日本株分析はこちら

1億円を貯めるまでのお話はこちら

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る