【今日からすぐにやるべき】あなたの人生を大幅に改善する12の習慣

landscape-1436197006-making-the-bed-index

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」という言葉がありますが、それだけ習慣というものは重要なものです。

習慣を変えることができれば、運命、つまり人生を大きく変えることも可能です。

そこで今日は、人生を大幅に改善するためにやるべき習慣をご紹介します。
どれも今日からやれることばかりなので、是非実施してみて下さい。

1.歯を磨く

o-FORGOT-TO-BRUSH-TEETH-facebook

歯を磨くという行為は、歯肉炎と虫歯を防止するだけではなく、痴呆、糖尿病、腎臓病、ガンなどの病気の予防になるとアメリカ歯科医師協会は発表しました。

健康で充実した人生とするために、毎日2回、2分間以上の歯磨きをするようにしましょう。

2.鏡の中の自分に微笑みかける

young_businessman_looking_in_restroom_mirror_42-18718423

有名な心理学者であるロバート・ザイエンス博士は1989年に、顔の表情の変化が人の心の変化に影響を与えるという研究結果を発表しました。

この研究によると、鏡の中の自分に毎日微笑みかけた人の多くが、ポジティブ思考に変わったといいます。

ネガティブ思考でいてもいいことはありません。
最近ネガティブになっているなと感じている人は、毎日歯を磨いた後に、10秒間だけでも自分に微笑みかけるようにしましょう。

3.大切なタスクを書き出す

List-Making

その日1日を充実した日にするために、確実に実行するべきことを毎日手帳に書き出しましょう。

なんとなく生きていると、なんとなく日々は過ぎ去ってしまうものです。
やるべきことを明確に意識すれば、1日1日がより充実したものになるはずです。

4.ベッドを整える

landscape-1436197006-making-the-bed-index

何かを始める時、必ず何かを終わらせる必要があります。
その終わらせ方によって次に始めることの質が決まるのです。

よって、仕事に行く前は、必ずベッドを整えるようにしましょう。
そうすれば、気分良く仕事に取り組むことができるはずです。

5.瞑想をする

160202meditation_beginners_guide-thumb-640x360-93882

瞑想は、ストレスを低減する効果を持つセロトニンという脳内物質を分泌させる効果があるため、精神病へのリスクを確実に下げると報告されています。

静かな場所で、目を閉じて、自分の呼吸の音を数えるだけでもその効果があるといいます。

仕事から疲れて帰ってきた時、少しだけ目を閉じて心を落ち着かせてみて下さい。

6.感謝を示す

smile

周りの人に優しくされた記憶は、人の心を落ち着かせ、ストレスを低減する効果があるといいます。

そんな人の優しさに気づくためには、常に、感謝の気持ちを持つことが大切です。

7.ポッドキャストを聴く

motivational-podcasts

人生をより豊かなものにするためには、学習が欠かせません。
毎日少しずつでも情報をインプットすることが大切ですが、通勤ラッシュの電車の中で本を読むこともなかなか難しいという人も多いのではないでしょうか。

そんな時は、ポッドキャストを活用しましょう。
ポッドキャストには、経済ニュース、英会話など、日々の学習に最適なコンテンツが多くあります。

また、ポッドキャストなら、耳で聴くだけなので、満員電車の中でも周りを気にすることなく学習することができます。

8.1日に1度は不快な想いをする

business-english_british-council-hungary

毎日楽なことばかりをしていては、成長はありません。

1日に1度は、勇気を起こさないとできないこと、やろうとすると不安を感じることをするようにしましょう。
例えば、英語の会議、部長への提案など、なんでも構いません。

そのような小さなチャレンジの積み重ねがより充実した人生に繋がるのです。

9.いらないモノを捨てる

いらないモノによって、意外と人生の大切な時間を浪費しているものです。

例えば、寝る前に一つだけモノを捨てるようにするとか、仕事を始める前に一つだけ不要データを捨てるようにするといった習慣をつけると、身の回りが整理され、時間をより有意義に使うことができるようになるはずです。

10.ショートログをつける

0317_why-i-write_cog

毎日、思ったことや仕事の経過など、なんでも良いので手帳に書く習慣をつけましょう。

そうすると、日々少しずつでも前進していることを実感でき、モチベーションを持って仕事に取り組めるはずです。

11.歩く

walk_3444343a-large

歩くことは、運動不足を補うだけでなく、仕事のパフォーマンス向上にもつながります。

歩くと、興奮物質であるアドレナリンや、快楽物質であるドーパミンが脳内に分泌されます。
これらによって、創造力やモチベーションが向上し、仕事にも良い影響を与えることになるのです。

12.昼寝をする

お昼休みに10分間の昼寝をするだけで、午後の仕事のパフォーマンスは驚くほど向上します。

よって、忙しい時でも、お昼休みを使って仕事をするよりも、10分間昼寝をしてから仕事をする方が、圧倒的に効率的なのです。

 

いかがでしたでしょうか。
今日ご紹介したことはどれも今日からやれることばかりだと思います。

是非、これらを実行して、人生をより充実したものにしていきましょう。

参考:Business Insider

安田ヴァザリア(Gvasalia)

安田ヴァザリア(Gvasalia)

投稿者プロフィール

30代ビジネスマン。帰国子女。
海外の最新情報を中心に紹介する世界を飛び回っている。
「明日の仕事に役立つ」情報を定期的に配信します。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る