起業や成功法則の本って結局言っていることは同じ。300冊以上読んだ私が気付いたこと。

%e5%85%ab%e5%b0%be%e5%b8%82%e3%80%80%e8%87%aa%e5%b7%b1%e5%95%93%e7%99%ba%e6%9c%ac%e3%82%92%e8%b2%b7%e5%8f%96

最近、起業や成功の法則に関する本が多く書店に並んでいますが、結局それらの本はみんな同じことを言っているのだと気付きました。
そこで今日は、これらの本を読んで、私なりに気付いたことをシェアさせて頂きたいと思います。

起業や成功法則の本で共通すること

最近の起業や成功法則の本が共通して言っているあることは、「やってみることが大切」ということです。

みなさんは、ここ2、3年を振り返ってみて、何かやってみたことはあるでしょうか?
3つ書き出してみてください。

どうでしょうか?

すらすらと書き出せた人は、かなり優秀です。

大したことをやっていないという人は、ポケモンGOをやってみたとか、なんでもいいので書き出しましょう。

次に、それは失敗する可能性がどれくらいあったでしょうか?
1割くらいならビジネスだとかなり大胆なチャレンジかもしれません。

逆にポケモンGoくらいしか書くことなかった…とショックを受けた人は、先ずは観察力を高めてみてはどうでしょうか。

なぜこの公園には人が集まるのか?
これで何かお金を儲ける方法はあるか?
もし、カビゴンを自分のお店に出現できるようになったらどうなるか?
収集した移動情報でどんなサービスができそうか?
なぜこの人たちはまだ暑いこの時期に公園に来てスマホをやってるのか?

「やってみる」の次に挑むべきこと

やってみるをそれなりにできるようになると、次に挑むのが、「成功するまでやる」です。

偉そうに言いながら私自身ここで今試行錯誤しているところです。

もしも、あなたの友達が、「成功するまでやれば必ず成功できる!頑張れ!」と言ってきたら、どう思うでしょうか。

「それは当たり前のことを言っているだけじゃぁ・・・。」って思いますよね。
私もそう思っていました。

けど、その当たり前のことが、成功の法則なのです。

成功するまでやらなかったから成功しなかった。

成功するまでやれば成功する。

本を読んでいて気づいたことは成功のルールって当たり前だということ。
ただ、その当たり前を実行するのがとっても難しいのです。

成功するかわからない中で、先も全く見えず、それでも自分を信じて頑張る。やりきる。

難しいけど、それが大切なのです。

個人でいきなり大きなミスをするとゲームオーバーですから、まずは小さなでもいいので、少しずつ自分に出来ることから「やってみる」のがいいかもしれません。

堀場 英雄

堀場 英雄サラリーマン×週末起業(著者・学長)×投資家

投稿者プロフィール

キャリア形成(転職・週末起業)、グローバル人材(英語力、外国人と働く)、最近のニュースで考えたことなどをShare Blogを通じて情報発信していけたらと考えています。

1978年生まれ。名古屋大学卒業、米国の大学院卒業(原子核工学修士)。20代はGE、BCGといった一流外資企業でプロとしての成功を一途に目指す。

しかし!心技体すべてで圧倒的なレベルを求められる超プロの世界にはついていけず、挫折…

30代になり大手メーカーに勤務しながらも、今まで習得してきた「英語力(米国大学院)×財務スキル(GE)×戦略立案力(BCG)」のかけ算で、オンライン英会話学校バリューイングリッシュを設立。同校の学長を務める。

多忙な留学・社会人生活の中でも、効率的に次々とスキルを習得する力には定評がある(理系ながらTOEIC 980点)。

著書には、
「プチスキル」をかけ合わせて「レア人材」になる 一生食える「強み」のつくり方

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る