大企業の20、30代社員からなる有志団体「One JAPAN」のその後の反響がスゴい件

image

こんにちは。濱松誠です。

イノベーションや新しい働き方を実践・協働・提案する、大企業の20〜30代社員からなる有志団体「One JAPAN」。
多くのメディア露出のおかげで、多くの問い合わせや取材・登壇依頼、激励のコメントをいただきました。

中でも最も嬉しいコメントのひとつが、「One JAPANのニュースを見て心を動かされました。自分(たち)も是非参加させてください」というもの。
三菱商事、デンソー、三越伊勢丹、関西電力、三菱電機、住友重機械工業、日本生命、日立製作所、そして外資系ではマッキャンエリクソン、セールスフォース、日本タタ・コンサルタンシー・サービシズといった会社の社員がメッセージをくれました。

仲間を巻き込んで活動を開始することを条件にしているため、すべてが参加できるかわからないけれど、こうした一歩が大事だと心から思います。

 

社内から社外へ。MILLENNIALS TOKYOとの共通点

image

写真は、マッキャンエリクソンのクリエイティブプランナーの松坂さんとの一枚!
松坂さんは、 約1年前に、マッキャンエリクソンの中のミレニアルズ世代(1980年-2000年生まれ)を集めて「マッキャンミレニアルズ」というイノベーションプロジェクトを立ち上げ、人工知能による広告クリエイティブディレクター開発プロジェクトを成功させました。

  1. ■AIの新人CMディレクター、中間査定会議の結果はいかに
    http://www.recruit-lifestyle.co.jp/lifeshi…/ls20218_20160831

そして、それだけでなく彼はミレニアルズ世代が企業や職種等の垣根を超えて集うことを目的にスタートしたコミュニティ「MILLENNIALS TOKYO」も立ち上げた。
社内から社外へ。まさにOne Panasonic→One JAPANの流れとほぼ同じでビックリ笑

■MILLENNIALS TOKYO イベントVol.1
http://logmi.jp/152795
マッキャンミレニアルズの皆さんとは、是非One JAPANのメンバーとして、クリエイティブやグローバル展開、それからプロダクト開発やサービス開発を一緒にやっていきたいと思います。

このように、これから多くの仲間と共に実践、共有、協働、発信、提案ができることが今から楽しみでたまりません。
まずはキックオフの26社から30社を超えて、40社、50社を目指します。

そして、大企業だけでなく、ベンチャー・スタートアップとの連携・マッチングもこれから加速していきます!楽しみにしていてください。
イノベーションや新しい働き方等について何か一緒にやりたい!という方がおられたら是非メッセージください。お待ちしています!

濱松誠

濱松誠パナソニック社員、有志の会One Panasonic発起人・代表

投稿者プロフィール

大学卒業後、パナソニックに入社。
海外営業を経て、自ら手を上げて人事へ異動。
パナソニックの人材戦略を企画・立案する傍ら、有志の会One Panasonicを創設。

現在では2000人まで広がり、風土改革、イノベーションの種をまいている。

また、社内だけではなく、他の大企業を巻き込んだ取り組みも推進中。

より良い日本、より良い社会にするために、私たちの取り組みや色々な企業の現場で頑張っている人たちを紹介していきたい

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2017年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

ピックアップ記事

  1. 信越化学工業の株価分析
  2. 豊田通商の株価予想1706
  3. photo credit: IMG_9910 via photopin (license)
  4. misato_main1
  5. Hands holding out money, one hand receiving
  6. Inspiration motivation quotation your future is created by what you do today and cup of coffee
  7. 楽天三木谷社長
  8. maxresdefault
  9. ウインテストの株価分析
  10. シオノギ製薬の株価分析

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る