シェアブログ編集後記「プロ野球・松井秀喜がホームランよりも大切にしたこと」

photo credit: Hideki Matsui via photopin (license)

シェアブログ編集後記 〜第2話〜

今日は”プロ”についてのお話です。
シェアブログは”現場のプロ”の声を集めたヒト・キュレーションメディアです。
しかし先日”現場のプロ”ってなに?
という質問を投げかけられました。

もちろん現場のプロとは
・現場の第一線で活躍している人
・専門的知識・技術を持っている人
・それらを駆使して自ら課題を解決、または新しい道を切り開くことの出来る人
だと思っています。

しかしいまいち具体的なイメージが沸かないというのも事実。
プロとは何なのか?

 

松井秀喜に学ぶ”プロ”とは??

プロとして一番最初にピンと来るのがプロスポーツ選手ではないでしょうか。
その中で元メジャーリーガー松井秀喜選手の言葉の中から
ひとつの”プロ”ということばの意味を紹介したいと思います。

松井秀喜の著書「不動心」の中でこんなやり取りがあります。

それは松井が難病を患う子どもたちがいる病院を訪れた時のこと。
一人の男の子から「いつも応援しています。頑張ってください。」というメッセージをもらった松井。
松井は嬉しさと同時に「自分はこの子のために何をしてあげられるのだろう」と自問したと言います。
「この子のために毎試合ホームランを打つ」出来ることならばそうしたいがこれは約束が出来ない。
「毎試合ヒットを打つ」これも約束することは出来ない。
では僕に出来ることは何か
「毎試合出場して全力でプレーをする」
これならこの子のために約束をする事が出来るかも知れない。
そう考えた松井は「毎試合出場して全力でプレーする」ことをこの男の子の前で誓いました。

そして松井はこの言葉通りに毎試合全力でプレーをし続け、連続試合出場1,768試合(日米通算)という記録を打ち立てます。
(この記録はカル・リプケン、衣笠祥雄に次ぐ世界第3位の記録)
この姿勢こそが松井秀喜の考える”プロ”という言葉の意味なのだと思います。

”自分の出来ることを全力で続けていくこと”
この先に道が開けるものと信じ、今日もシェアブログは世間に向けて情報発信を続けて行きます!

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る