なぜ普通の会社員の私が起業したのか?たった1つの理由

entrepreneurship

今日は私がやっている10%起業活動の1つ、バリューイングリッシュについてお話しさせて頂きます。

儲からないのになぜ続けるのか

このバリューイングリッシュ、今は創業から8年目です。
ぶっちゃけると、ちっとも儲かっていません。
※ちゃんと講師とスタッフの給与は出ていますが、私の給与はない感じです。

ご参考までですが、クックパッドも創業時はずっと利益がでなかったとか。
それでもお構いなしで続けていたようです。

30代ビジネスマンの中には俺も起業したい!と思っている人、結構いるのではないでしょうか?

起業は正直大変です。
問題ばっか起きます。

本当にやってられない時もありますが、なぜ8年も続いているのか?

起業したからこそ得られた喜び

未だに覚えているのは、はじめてサービスに対して入金された時。
これは本当にうれしくて鮮烈に覚えています。

英検講座などの試験対策講座が当校の主力ですが、生徒から感謝のお手紙が届くんですね。

「おかげさまで英検合格できました!!」って。
お金を貰って感謝してもらえるのってある意味ビジネスの基本ですが、とっても嬉しいものです。

そして今は2020年の大学入試改革(英語にスピーキング試験が導入される)を一大チャンス捉えて日々試行錯誤を繰り返しています。

おかげさまで、英検試験対策直前のこの時期(10月、11月)は満員御礼。
少しずつですが試験対策特化校として力が付いてきているのを実感できます。

8年も続けられた理由

ところで、なぜ8年続けられたのでしょうか?

私は起業はアーティスト系というのはそうだな~って最近思います。

例えば、メジャーデビューを夢見てストリートしてるミュージシャン。
彼らはお金がほしいからやってるのでしょうか?
メジャーデビューできなかったら不幸でしょうか?人生失敗でしょうか?

たぶん、彼らは間違いなく人生を楽しんでいると思います。
お金がなかろうが人からなんといわれようが、好きな音楽をやる。

起業もそういうところがあると思うんです。

おれは世界を変えられる。
絶対世の中に必要なサービスだと思う。
だからこれをやる。
成功するまでやる。

そういう想いが起業している人には必ずあります。

私に関して言うと、私は、「ホンモノに本来の輝きを」を軸としています。
日本人が英語が出来ないって理由で世界にでれないのはもったいなさすぎる。
一方、優秀なフィリピン人の給与が英語を話せない日本人教員より安いのはおかしい。
そういう不合理、ギャップを埋めることがライフワークです。

それに向けてやっていることが、最近はとにかくとても楽しい。

これが私が起業活動をしている理由です。

「やりたいことを、やりたい時に、やりたいだけやる。」
この想いでこれからも活動していきたいと思っています。

最後にもう一つ。
12/3に名古屋でセミナーします!
よかったらぜひ遊びに来てください~。

第16回 Nagoya×Forever「今日から変わる!明日を変える!英語学習法」

14725582_1482200455140218_6270913441127303012_n

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る