これを知らないで子育てをしたら絶対にダメ!「学力の経済学」を読むと教育の常識が覆る!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-29-19-45-45

初めまして。
細田@ブックブロガーと申します。

私の趣味はなんて言っても読書です。
大学の頃に読書に目覚めてから、毎年年間300冊以上もの本を読んでいます。

シェアブログでは、30代のビジネスパーソンの方々にオススメしたい本をご紹介したいと思います。

今日ご紹介する本はこちら。

「学力」の経済学

2016年ビジネス本大賞の準大賞を獲得した本。

著者は、「教育」について経済学的な切り口で分析をする教育経済学者です。

本書では、実験や統計データなど、経済学でよく用いられる手法を用いて教育を分析することで、これまでは正しいと思われていた教育がいかに科学的根拠の乏しいままに信じられ実行されてきたかと指摘しています。

私自身、一児の父親ですが、子育てをしているとよく思います。
いかに科学的根拠の無いことが未だに信じられているかと。

特に自分たちの親世代と話していると、例えば、ミルクよりも母乳で育てるべきとか、抱っこ癖がつくから泣いていても抱っこしない方がいいとか、科学的根拠の無いことを当たり前のように言ってくる。

けど、例えばヨーロッパを見てみると、赤ちゃんはミルクで育てるのが当たり前で、完全母乳で育てている家庭なんてほとんど無いようです。(会社のフランス人から聞きました。)

半分迷信のようになっていることを、それでも信じて行なっている、そんなことが教育でも同じように起きています。

迷信化した教育の真実

例えば、①ご褒美で釣ってはいけない、②褒め育てはした方がいい、③ゲームをすると暴力的になる、これらのことは、そんな半分迷信となっていることの代表例だと思います。

本書によると、教育経済学の観点から見ると、正しくは、すべてその逆で、①ご褒美で釣ってもよい、②褒め育てはいけない、③ゲームをしても暴力的にならない、らしいのです。

すべてわかり易く科学的根拠とともに示してくれるので、これらのことは全て納得しながら理解することができます。

教育に時間やお金をかけるのは、子供が小さいうちにするべき
その他にいくつか興味深かった内容をご紹介します。

例えば、子供の教育にかける時間やお金。
どの時期に最も時間やお金をかけるべきなのでしょうか。

子供への教育を投資と考えると、最もその収益率が高いのは、子供が就学前(幼児期)の教育だといいます。

つまり、多くの人が子供が小学校に入ったら習い事を始めたり、高校生になったら予備校に通わせたりして就学後に多額のお金を捧げますが、本来は、就学前にその時間やお金を使うべきなのです。

これは、就学後の教育が全て就学前の教育の上に成り立つものだからだと言います。
このことは、シカゴ大学のヘックマン教授らの研究によって、明らかになりました。

学力よりも大切なことがある

多くの親が、子供の学力試験の結果やIQの数値に一喜一憂していますが、勉強によってこれらの数値が多少上がったところで、長期的に見ると人生においてたいした影響はありません。

しかし、それよりも人生に大きな影響を与えるのが、非認知スキルなのです。
非認知スキルとは、「忍耐力がある」とか「社会性がある」とか、「意欲的である」といった人間の気質や性格的なものを指します。

近年の研究結果によって、これらの非認知スキルが、将来の年収、学歴や就職、ビジネスにおける成功などに大きな影響を与えるということが明らかになってきたそうなのです。

そのため、学習塾に通わせるために、社会奉仕活動をやめさせるといったことは、子供にとって決して良いことではないのです。

特に重要な非認知スキル

それでは、非認知スキルのうち、特に伸ばすべきは何なのでしょうか。
本書では、自制心(我慢する力)とやり抜く力をあげています。

この2つの力は、多くの力を伸ばすための大本になるとのこと。
よって、まず私たちが子供に身につけさせるべきスキルは、この2つということのようです。

ビジネス本大賞の準大賞をとっているのも頷ける、とても読みがいのある本でした。

是非子育て世代の方々は一度手にとってみてはいかがでしょうか?

細田@ブックブロガー

細田@ブックブロガー30代読書家

投稿者プロフィール

WEBではなく、読書を愛する会社員。
ブックブロガー。
年間300冊以上の本を読んでいる。

読む場所は主に都内のスタバ。

「読書をする時間のないビジネスマンのため」ビジネス本レビューを行い、ビジネスマンの質の高い情報のキャッチアップに務める。

この著者の最新の記事

関連記事

日本株投資をしている方

今井バフェット氏が、本当に買うべき日本株・買ってはいけない日本株を分析しています。

詳細は「2016年、日本株の株価分析一覧」ご覧下さい。

シェアブログとは

シェアブログとは、さまざまな”How to”を共有(シェア)するサイトです。

主に30代のビジネスマンに向けて、「仕事術」「資産運用術」「オフの過ごし方」など、役立つ情報を発信していきます。

くわしくはこちら

シェアブログの道のりはこちら

広告ページ

アーカイブ

ページ上部へ戻る