【いくら儲けた?】「相場が分からない」ので一旦アメリカ株を売りました。

こんにちは。今井バフェットです。

先日、追加でなけなしの45万円を入金しました。

これで、今までの投資金額は725万円になりました。
来年もまだまだ節約してどんどんアメリカ株につぎ込んでいきたいと思います。

実はここで重大発表が

実は、先日、アメリカ株のほとんどを一旦売ってしまいました。

売ったのはこちらの銘柄

コーチ(COH)226株
IBM 21株
メーシーズ(M)349株
フィリップモリス(PM)60株
エクソンモービル(XOM)99株
エルブランズ(LB)52株
マイケル・コース(KORS)32株

要はNISA口座の銘柄以外をすべて売りました。

これで保有株はNISAの下記だけです。

アメリカ株のNISA口座

そして、売って得たアメリカドルを一旦日本円に戻しました。

1万ドルだけまたすぐに買えるようにそのままにしておいて。

 

なんでそんなことをしたのか?

一言で言えば、「相場がわからなくなったから」です。
アメリカの大統領選挙後、大きくドル高の流れが進み、ダウも最高値を更新しました。

この流れ、個人的にどうしても違和感を覚えています。

うまく説明できないのですが。

トランプ氏が勝利して、まだ大統領就任してもいないのにここまで高騰(暴騰)するのはやはり「わからない」です。

ウォーレン・バフェットもわからない相場には手を出しません。

分からない相場は降りる。これ鉄則です。
そして、年末ということも重なり、一旦自分は降りようと思いました。

実際に売却ボタンを押すことがなかなかできなかった

実は、アメリカ株投資をはじめてから一度も株を「売却」したことはありませんでした。
そもそも買っている株はすべて長期投資でずっと保有していようと思ったからです。

特に理由なく下げれば買い増すということも行っていましたが、上げた理由がわからず上がれば売るべきだと今回思いました。

今回はすべて利益確定です。

とはいえ、実際に売却をするのはすごく勇気がいりました。
なかなか押せなかったです。

最後は勢いでおしてしまいました。

損益はこんな感じです。

アメリカ株売買

押してしまった後は結構後悔もしました。
今後もっともっと上がるかもしれない、と。

でもいいんです。
わからない相場でいつまでも持つより、また大きく下がった所を狙って一から買い増していけばいいんです。

そしてその後、ほとんどを円に戻しました。
急激な円安ですからね。

ちなみに今回の売却で資産は以下になりました。

米国株の資産公開

急激な円安の効果もあり、直近入れた45万円と合わせて、800万円を超えました。

いままで投資に入れたのが725万円だったので、約75万円の利益ですね。
これを大きいととるかこれだけと取るかはそれぞれです。

ただ、これで投資が終わったわけではありません。

また再び大きく下げることがあればどんどんアメリカ株、買いを入れていきたいと思います。

特に売値よりも下がったところからがチャンスだと思っています。

とにもかくにも資産は800万円を超えています。
まずは4ケタ、しっかり目指していきます!

そして目指すはやはり1億円です。まだまだアメリカ株投資は続きます。

今井バフェット

今井バフェット株式長期投資家

投稿者プロフィール

株式に長期投資をしている36歳。

節約をして限界まで可処分所得を減らし、種銭をつくり、株を買い増している。
年間300万円の貯金で年利8%の運用が目標。

投資スタイルはバイ・アンド・ホールド。一度買ったらずーっと売らないつもり。
目標資産、まずは1,000万円!(→2020年達成)
次は、3,000万円!(→2021年達成)

46歳で資産1億円をめざす。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う
(ウォーレン・バフェット)

(詳細な資産推移はこちら)

この著者の最新の記事




スクリーンショット 2018-05-05 21.47.24







アーカイブ




ページ上部へ戻る